So-net無料ブログ作成

「ネクロメンティア / Necromentia」(2010年作品)感想 [映画]

ペアリー・レジナルド・テオ監督によるホラー映画。主演はレイトン・マシューズ。

おそらく時系列が逆になっている。女の死体を愛でてるいかれた奴と精神病の兄、兄を介護しながら薬を飲んでハイになる弟などが出てきて、そいつらを地獄へ連れて行こうとする悪魔がいる。それで地下道みたいなところですったもんだあって、なんでそんな関係になったのかが最後に明らかになる。

アカン。ホラー禁止の家で育ったオレが観てはいけない映画だった。


Apple TV HD (32GB)

Apple TV HD (32GB)

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • メディア: エレクトロニクス










共通テーマ:映画

「EVA / エヴァ」(2011年作品)感想 [映画]

キケ・マイロ監督によるスペインのSF映画。主演はダニエル・ブリュール。

ロボット工学をやっている兄弟がいて、兄にはロボット工学の教授である妻と幼い子供がおり、弟はちょっとだらしない性格。その弟が10年ぶりに故郷に戻ってきた。

弟の登場によって少しずつ関係性が変化していき、妻はどちらの男でもいいような変なそぶりを見せる。この態度があだとなって兄弟は喧嘩になり、妻は何を考えているのか突然娘のことを弟に打ち明ける。娘のエヴァはロボットだったのだ。

この告白をエヴァが聞いてしまって大混乱、たまらず走り去ったところ母親と揉み合いになって突き飛ばしてしまい、母親はそのまま転落死する。

妻を殺されたことで兄は娘をロボットだと認識するようになってしまい、活動を停止させることに決めた。エヴァはなついていた弟と逃げるが、弟は彼女の機能を停止させる暗号を口にしてエヴァを初期化してしまった。

という話。まずこの作品は映像が素晴らしい。ハリウッドならば驚かない映像かもしれないが、スペインの映画界も頑張っている。予算規模が違うことを考慮しないとね。

ただ物語はちょっとテーマが絞り切れていなくて全体的にぼんやりしている。兄の妻というのが股が緩い感じでどっちでもえーよみたいな雰囲気を醸し出すものだから兄ちゃんがちょっと可哀想。それにエヴァが叔父である主人公になつきすぎている。なんでそんなにベタベタするのか意味不明。

最後の部分、エヴァが妻を殺したことがきっかけとなって、エヴァは本当の娘ではない、ロボットであると認識が変わる部分、あそこの処理が曖昧なのはいただけない。

おそらく普通の子供でも起こりうる事故であったのに、エヴァが人を殺したと思い込んで一斉に認識を変える兄弟ひいては人間の身勝手を描きたくてエヴァが起こした事故をあっさり片づけたのだろうが、それならばエヴァが母と記憶していた人間を殺した後悔がないとおかしい。

所詮エヴァはロボットだとしたのなら、ロボット的な描写を入れねばならず、叔父に以上になついた理由を利己的なものだと描写しなければいけない。

あそこがそのどちらとも言えなくしてあったことで、母の死から後の部分が心に迫らなくなってしまった。残念な終わり方でした。


iPad Wi-Fi 32GB - シルバー (最新モデル)

iPad Wi-Fi 32GB - シルバー (最新モデル)

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • メディア: Personal Computers



HUAWEI T3 8 8.0インチ SIMフリー タブレットLTEモデル 16GB RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】

HUAWEI T3 8 8.0インチ SIMフリー タブレットLTEモデル 16GB RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】

  • 出版社/メーカー: HUAWEI(ファーウェイ)
  • メディア: Personal Computers










共通テーマ:映画

「ドミニオン」(2015年作品)感想 [映画]

リチャード・ロウリー監督によるSF映画。主演はバリー・リンチ。

惑星連合アンドロメディアンはドラコニアンと10万年戦闘を繰り返してきた。2日前(笑)、ドラコニアンの戦隊は地球にやってきた。地球上にはすでに300万人のドラコニアンが住んでおり、政府上層部などと取引して地球の隷属化を約束していた。

地球滅亡まであと5日。ジェイデンはUFO研究家のロバートにそう告げた。

ジェイデンはロバートをアークトゥリアンのトンジュラに引き合わせた。彼女らは長年人類の進化を見守ってきた種族だった。ドラコニアンの侵略が近づき、トンジュラも母星に帰ることになっていた。ジェイデンの仲間たちは次々に捕まり、彼の地球人の恋人も捕縛されて拷問を受けた。

残り5日で反撃に出るために、まずは情報公開を目指すことになった。彼らの協力したネイティブのテイトンは捕まって殺された。ロバートも襲撃を受けたがこちらは一命をとりとめた。彼らは捕まってしまったが、ロバートは情報公開をやめる代わりにジェイデンと恋人を助けてくれと持ち掛けた。

要求は認められて、ふたりは宇宙船へと戻った。ロバートは約束を破って情報を公開した。

宇宙船に救助されたふたりはアンドロメディアンの艦隊とともに地球に戻ったがすでに人類の大半は死滅しており、かろうじて300万人だけ救助することができた。

地球は滅びたが、人類は別の惑星で文明を再興した。

という話。かなり壮大な話だが、肝心の人類とエイリアンの戦いのシーンは科白で説明されているだけなので金は掛かっていない。上手く作られたB級映画といったところ。

愛が地球を救うという古典的なオチだった。


パナソニック HDビデオカメラ V360MS 16GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V360MS-W

パナソニック HDビデオカメラ V360MS 16GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V360MS-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: エレクトロニクス



ソニー デジタル4Kビデオカメラ「FDR-AX45」(ブラック) FDR-AX45-B

ソニー デジタル4Kビデオカメラ「FDR-AX45」(ブラック) FDR-AX45-B

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: エレクトロニクス







共通テーマ:映画

「みやびにニッポン 体験!伝統芸能と和のグルメ」(2016年作品)第1回 感想 [ドキュメンタリー]

イランの女優サヘル・ローズが日本の文化を体験する番組? イランの女優さんといわれても全然ピンとこない。外国人にムリヤリ日本文化の体験をさせる企画?

ああ、昔からあるやつか。むしろ日本人に日本文化を体験させるべきじゃないかって気もするが。

第1回は日本舞踏。

サヘル・ローズ女史、いきなり日本語ペラペラでなんか笑う。バイリンガルなのかもっとたくさん喋るのか、どっちにしても凄いね。

踊りより番組の後半で塩大福を紹介するコーナーがあって、そちらに驚いた。

画面に映った大福屋のおばちゃんが美しい方で、ダークさを取り払った杉田かおるみたいな人でした。いや、それはおばちゃんに失礼かな。二重で鼻筋が通った女優さんみたいな顔立ち。

むしろ大福屋のおばちゃんが必見。





パナソニック HDビデオカメラ V360MS 16GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V360MS-W

パナソニック HDビデオカメラ V360MS 16GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V360MS-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: エレクトロニクス






パナソニック HDビデオカメラ V480MS 32GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V480MS-W

パナソニック HDビデオカメラ V480MS 32GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V480MS-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: Camera




共通テーマ:映画

「プロジェクトX 挑戦者たち」(2000年~2005年作品)第2回 感想 [ドキュメンタリー]

第2回・液晶 執念の対決 ~瀬戸際のリーダー・大勝負~

液晶技術の量産化に成功したシャープ技術陣の功績を称える内容。たしかに液晶の量産化によって世界の風景は大きく変わったことは確かだが、ご承知の通り、シャープは現在日本企業ではない。

番組の中でもあったが、少し失敗すると無能の烙印を押して自社社員をバカにする。成功すると手のひらを返して褒め称える。でも内心ではバカにしたまま。

そして何もできない無能な人間が経営に失敗して会社のすべてを外国に売り渡す。自分たち経営陣だけが満額の退職金をもらってホクホク顔で引退する。

この繰り返しです。

第1回では適当にものを書いて食ってるバカたちがこの番組を潰してNHK内部の外国人社員の台頭を促したことを書きましたが、同じ文系の人間は日本のすべての電機産業に入社し、すべての電機産業を潰そうと頑張ってます。

会社なんて理系と体育会系だけいれば何とかなりますよ。文系なんていらない。


ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: Camera













共通テーマ:アニメ

「最先端バトル ドラゴンゲート!!」#31 [プロレス・格闘技]

オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合横須賀ススム vs フラミータの一戦。

200.jpg


そろそろ追いつくのだが、何曜日に更新しているのかいまだに把握していない。

この試合は脚を痛めていたフラミータが横須賀ススム相手にどこまでやれるかだったのだが、さすがフラミータで、脚を攻撃されながらも横須賀ススムの技を受け切り、自分もほとんどの技を繰り出して、最後はラリアットで1回転してエンドであった。

やはり魅せる試合ができる。タイミングもバッチリだし引き出しが多い。

横須賀ススムも観たことない技まで切り出して盛り上げていた。ドラゴンゲートらしい試合で大満足でした。












共通テーマ:映画

文在寅政権下で起こったこと一覧他 [日記]