So-net無料ブログ作成

「人生の約束」(2016年作品)感想 [映画]

石橋冠監督によるヒューマンドラマ。石橋冠ってあの石橋冠? 主演は竹野内豊。

富山らしい陰湿な話。東京で成功した会社のCEO中原祐馬が友人からの電話で故郷の富山に戻ってみるとその友人は死んでいた。話を聞くと祭りに使う曳山を別の街に売ってしまって、そのことでトラブルになっていたという。周囲の人間は隣町に騙されたと話した。

友人の町は人も金もなく立派な曳山を維持できない。それを見越して買ったのだといわれ、いったんは引き返すしかなかった。言い値で買うと告げると相手は怒鳴り散らして意味不明なことを言った。

そのころ会社では東京地検特捜部の捜査が入り、それが原因で中原祐馬は会社を退くことになる。

故郷に戻った祐馬は友人が辿った晩年が自分に重なっていくのを感じた。病気だった友人は命が終わる前に祭りを通じて大地に繋がろうとしていた。彼もまた自身で作った会社というものがなくなり、何かを求めることになったとき、目の前には祭りがあるのを認めることになる。

そして彼は友人の代わりに曳山を牽かせてもらった。

という話。とてもいい話。いい話だけどなんかいろいろ陰湿なところもある。

脚本家としては陰湿なんじゃなくて祭りの大切さを理解していない人間の心なき振る舞いがいけないと言いたいのだろうし、構成もちゃんとそうなってはいるのだが、富山だしなって気になってしまうのが残念。いや、富山に恨みはないけども。嫌味が多いし、排他的だし、不愛想だし、他人に甘えすぎなんだよな。

田舎者は犬の価値観で生きているので、犬のように序列を意識して生活しないといけないのがつらいところ。そのくせ外人は別なんだわ。外人にすこぶる弱い。田舎者なんだよな。

悪くはないけど、繋がる繋がるいうても、その土地で生まれてその土地の上下関係に組み込まれた人間だけのことだし、田舎者だからすぐに誰かを排斥したがるし、ろくなもんじゃないぞ。


きたのじゅんこ 光と色のファンタジー 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック

きたのじゅんこ 光と色のファンタジー 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 単行本



Sylphide(シルフィード)―風の妖精 (ギフトブック・シリーズ)

Sylphide(シルフィード)―風の妖精 (ギフトブック・シリーズ)

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 1998/07/23
  • メディア: 単行本



FAIRY GARDEN―妖精の花園

FAIRY GARDEN―妖精の花園

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2000/07/01
  • メディア: 単行本



精霊の国 (サンリオ画集シリーズ)

精霊の国 (サンリオ画集シリーズ)

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: サンリオ
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 大型本



「二郎は鮨の夢を見る」(2013年作品)感想 [ドキュメンタリー]

デヴィッド・ゲルブ監督による、すきやばし次郎の店主小野二郎に密着したドキュメンタリー。江戸前寿司、旨そうです。

北陸に越してきた理由が旨い魚を食うためだったので、いまの生活には満足しているけども、店で食べるものはともかく、スーパーのお刺身はいけませんなぁ。すぐ近くに海もあれば市場もあるのに、南で食べたものと同じものを売ってる。

またそういうものしか売れないらしい。たまに地物が出ていると、家で食うものなので刺身にしてもらって買って帰っております。

すきやばし次郎みたいな高級店じゃなくても美味しい店はたくさんありますが、やはりこうしたドキュメンタリーを見ると細部へのこだわりが違う。

腹の減る映像の数々でした。旨いマグロはみんな豊洲へ行っちゃうから、北陸はやっぱりのどぐろですかねぇ。冬はブリですな。


100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

  • 作者: 佐野 洋子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1977/10/19
  • メディア: 単行本



いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

  • 作者: 中川 李枝子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1962/12/25
  • メディア: 単行本



エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

  • 作者: ルース・スタイルス・ガネット
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1963/07/15
  • メディア: ハードカバー



「めがね」(2007年作品)感想 [映画]

荻上直子監督によるヒューマンドラマ。主演は小林聡美。

キムタクさんは何をやってもキムタクだといわれなき非難を受けていたそうだが、こうも同じ役ばかりやらせるのは小林聡美の無駄遣いじゃないのかな? 全部一緒じゃんって。なんだろ。1本何かが当たって、同じ映画やドラマばかり撮ったのだろうか?

ネタ話で「新海誠の『君の名は。』の後に業界中が『君の名は。みたいな作品を撮ってよ』と言われたが、その中に新海誠も含まれていた」ってのがあるんだけど、そんな感じ? これは「機会損失」を意識した行動であって、表現したいものがあって撮った作品なんでしょうか。

時系列を追ってみると「かもめ食堂」が売れて、映画関係者が興奮、機会損失をしてはいけないと「かもめ食堂」を分析した上で似たような作品を乱造したってことのようです。

オレはドラマの「パンとスープとネコ日和」から観たので混乱していたということでしょうか。同じような作品ばかりなので最初に見た作品がオリジナルだと勘違いしてしまう。それほど内容は酷似しております。というより、全部同じです。

意識の低い人なら2作目くらいまでは同じように楽しめるのでしょうが、オレには無理でした。小林聡美さんが売れたのなら別にいいけども、こんなことやってるから邦画は衰退するんじゃないんですかね? 経済学で商売をするから、顧客が顧客に見えなくなって日本の電機産業は死んだんですけど。

邦画もこのまま死んでいくんでしょうか。すでに死んでるって話もありますけど。

12年前の作品なので小林聡美が若くてかわいいってこと以外、全部一緒です。違ったところはひとつもありません。なぜなら下手に個性を出して失敗すると責任問題になるからです。


Sylphide(シルフィード)―風の妖精 (ギフトブック・シリーズ)

Sylphide(シルフィード)―風の妖精 (ギフトブック・シリーズ)

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 1998/07/23
  • メディア: 単行本



CELESTIAL (セレスティアル)― 天上の調べ (ギフトブック・シリーズ)

CELESTIAL (セレスティアル)― 天上の調べ (ギフトブック・シリーズ)

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 1999/08/06
  • メディア: 単行本



月の雫―きたのじゅんこ画集

月の雫―きたのじゅんこ画集

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: サンリオ
  • 発売日: 1988/11/01
  • メディア: 大型本



ANGEL LESSON

ANGEL LESSON

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 大型本



精霊の国 (サンリオ画集シリーズ)

精霊の国 (サンリオ画集シリーズ)

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: サンリオ
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 大型本



「プール」(2009年作品)感想 [映画]

大森美香監督によるヒューマンドラマ。原作は桜沢エリカ。主演は小林聡美。

なんかね、掃除が捗ったわ。テレビの地上波を流しっぱなしにしていた子供のころの感覚を思い出した。つまりちゃんと見るほど面白くなかった。

育児放棄してタイでゲストハウスを経営している母親のところに娘が訪ねる話で、要するにどれほど好き勝手やっても女なんだから許せやと恫喝している内容です。

角の立つ女に演じさせると炎上しそうなので小林聡美にやらせたって感じ。プールも関係ないし。

「かもめ食堂」も同じようなものだったし、環境が変われば人生が変わるとぼんやりした思い込みだけがあるんでしょうね。


新装版 いわさきちひろ画集

新装版 いわさきちひろ画集

  • 作者: いわさき ちひろ
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2019/01/26
  • メディア: 単行本



ちひろの絵のひみつ

ちひろの絵のひみつ

  • 作者: ちひろ美術館
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ちひろBOX

ちひろBOX

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



戦火のなかの子どもたち (創作絵本 14)

戦火のなかの子どもたち (創作絵本 14)

  • 作者: 岩崎 ちひろ
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 1973/09/10
  • メディア: 大型本



いわさきちひろ 100th ANNIVERSARY BOOK (e-MOOK)

いわさきちひろ 100th ANNIVERSARY BOOK (e-MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2018/07/03
  • メディア: ムック



サトウハチロー・いわさきちひろ詩画集 おかあさん

サトウハチロー・いわさきちひろ詩画集 おかあさん

  • 作者: サトウ ハチロー
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/06/27
  • メディア: 単行本



「仏像大好。」(2010年作品)第4回・最終回 感想 [ドキュメンタリー]

第4回は飛鳥寺・中宮寺・新薬師寺・西大寺 編。

飛鳥寺 拝観料350円

飛鳥大仏(釈迦如来坐像)・・・飛鳥時代(609年)作。制作者は鞍作止利(止利仏師)。日本で最も古い仏像。作られて以来現在の場所から1度も動かしていない。鎌倉時代に火災で焼けて補修された。かつては光背があり三尊仏子であったが現在は失われている。釈迦物のテンプレが出来る前の作品なのでのちの仏像とは表情が違い、印を結んでいない。


中宮寺 拝観料500円

菩薩半跏像・・・飛鳥時代作。半跏思惟像として有名。おそらく世界で最も美しい仏像。当初は彩色されてアクセサリーもあった。この仏像の魅力は理想や救済を表現するにあたって仏師が仏の考えに迫ろうと工夫している点。理想とは何か、救済とは何か、それを造形として表現するならどのように作り出すべきかを仏師が考えている。その姿が理想的であるのだ。それに対してのちの仏像は理想や救済の描き方についてテンプレが確立され、仏師はそのテンプレを学ぶだけになってしまった。それが理由となりすべての仏像は同じ顔になって細部へのこだわりがなくなってしまった。唐などでどれだけ多くの新しいテンプレを学んだかがすべてになってしまった。飛鳥時代にはまだそれがなかったわけだ。


新薬師寺 拝観料600円

十二神将立像・・・奈良時代作。宮毘羅(くびら)、伐折羅(ばさら)、迷企羅(めきら)、安底羅(あんちら)、頞儞羅(あにら)、珊底羅(さんちら)、因達羅(いんだら)、波夷羅(はいら)、摩虎羅(まこら)、真達羅(しんだら)、招杜羅(しょうとら)、毘羯羅(びから)、呉爾羅(ごじら)で十二神将。いずれも七千人を率いる大将である。それぞれが十二の方向を守っているとはすでに書いた。塑像なので壊れやすい。当時の人もまさか1200年後に残っているとは思わなかっただろう。信仰の力というのは凄いものだ。

薬師如来坐像・・・平安時代作。眼を見開いているのが特徴。平安時代ともなると表現は完全なテンプレ。眼を開いていたり白毫がないのは仏師がテンプレを知らなかっただけでおそらくほかに意味はない。この仏像が作られたとき、知識の共有がそれほど進んでいなかったのだろう。七仏薬師と呼ばれる表現方法で光背の中に六体の薬師如来がいる。


西大寺 拝観料は本堂、愛染堂、四王堂、聚宝館それぞれ別で一括1000円

愛染明王坐像・・・鎌倉時代作。人間の愛欲の強さを修行する気持ちに変えてくれる明王様。怒った表情と赤い肌で表現されるが、もっとも表現が難しい。愛欲を大欲に変化せしむるとはどう解釈すればいいのか。ずっと考えているが、どうにもこれといった答えがない。

釈迦如来立像・・・鎌倉時代作。叡尊ゆかりの仏像ばかりなので鎌倉中期の作品が多い。ガンダーラ美術の影響を受けたお釈迦様で、中国で作られた仏教美術の様式とは違う。彩色を施しておらず、顔の表現が中央アジア風。

文殊菩薩騎獅像・・・鎌倉時代作。文殊は「三人寄れは文殊の知恵」のことわざにある知恵の仏様。獅子に乗って海を渡ったとされる文殊が表現されていて、獅子を牽く優填王の像もある。

以上。ムリヤリ4回に分けなくても良かった作品。面白かった。中島朋子の落ち着いた声が心を穏やかにしてくれる映像作品であった。

仏像で一番好きなのは弥勒菩薩像。なぜなら最も理想に近い位置にいるから。

理想主義というのは「これが最も優れた意見です」といった瞬間に死ぬものだ。考えることを止めるからである。最悪の理想主義は共産・社会主義で、あれは理想主義を破壊するための似非である。共産主義者は世界で最も理想主義から遠い存在であり、文化の破壊者といっていい。まさに彼ら共産主義者の歴史は文化破壊の歴史である。

釈迦以外で一番優れた問答をするのは文殊であるが、聡明で賢い文殊であっても弥勒には劣る。それは弥勒菩薩が賢いという意味ではなく、理想を追い求める姿そのものだからである。知恵によって理想へと至るのかどうかすらも疑い、考え続けることが弥勒菩薩に託された役割であるのだ。

弥勒菩薩は理想主義に目覚めた若き日のゴータマ・シッダールタの姿で描かれるが、まだ修行前だった釈迦が王族という身分より大切なものがこの世にあることを知り、何をどうすれば良いか考え始めた姿こそが尊いと考えるためである。

大欲に目覚め、私欲の醜さと対比させ己を恥じ、自身の再構築を図った先に覚醒がある。しかし本来覚醒もいらないのである。

大欲を意識した若者が何か人々の為に成そうと大願を持ち、自分にできることを考え続けることが弥勒へ至る道である。

そしてそんな若者の気持ちを利用し、悪へと変化させるのが共産主義であるのだ。

なぜなら、理想主義は答えが見つかったと過信したときに本分を見失うからである。何をどうすれば理想に近づくという簡単な答えはないのである。

弥勒が考え続けている意味を今一度再考すべきであろう。





マンガでわかる仏像: 仏像の世界がますます好きになる!

マンガでわかる仏像: 仏像の世界がますます好きになる!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2014/10/08
  • メディア: 単行本



新書775日本仏像史講義 (平凡社新書)

新書775日本仏像史講義 (平凡社新書)

  • 作者: 山本 勉
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: 新書



仏教図像学: インドに仏教美術の起源を探る

仏教図像学: インドに仏教美術の起源を探る

  • 作者: 田中 公明
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2015/08/27
  • メディア: 単行本



「最先端バトル ドラゴンゲート!!」#29 [プロレス・格闘技]

アンソニー・W・森/吉野正人/土井成樹/斎藤了 vs YAMATO/マグニチュード岸和田/菅原拓也/Xの一戦。

200.jpg


森、結局やるのか。

アンソニーのための試合とはいえヒヤッとする場面が何度かあった。20周年だからといってみんな無理しすぎ。でもなんだかんだで動けていた。

無茶しやがって。





ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) サンドバッグ ハードタイプ (40×130)

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) サンドバッグ ハードタイプ (40×130)

  • 出版社/メーカー: ファイティングロード Co., Ltd.
  • メディア: その他



ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ファイティングバッグ

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ファイティングバッグ

  • 出版社/メーカー: ファイティングロード Co., Ltd.
  • メディア: その他



京アニ事件でマスコミがセカンドレイプを狙い虎視眈々他 [日記]