So-net無料ブログ作成

「立山黒部アルペンルート 神、立つ山ー天上の楽園へ」(2006年作品)感想 [ドキュメンタリー]

立山黒部アルペンルートの紹介番組なのだが、餓鬼道に堕ちた人間が田んぼを耕しただの、鍛冶屋地獄だの、神の怒りを買って池に沈められただの、ロクな言い伝えがなくてりんどう生える。

立山黒部アルペンルートにぜひ行ってみたくなる良質の旅番組であった。ウチも嫁の病気が良くなったらまず最初に行くと決めてある。

番組としての評価となると、映像がテレビカメラ並みの低画質だったのが残念。もうちょっと発色を考えた映像だったら最高だった。映像としてこれ以上ないほどの素材なので、きっと最高画質のドキュメンタリーも撮られることだろう。

アマゾンに置いてあるので暇な人はぜひどうぞ。











NARUMI(ナルミ) プレート 皿 セット ミラノビアンカ アソート 16cm 5点セット 96312-23046P

NARUMI(ナルミ) プレート 皿 セット ミラノビアンカ アソート 16cm 5点セット 96312-23046P

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「Beneath the Sea」(2018年作品)感想 [ドキュメンタリー]

海の中の世界を描いたドキュメンタリー。

ナレーションなどはなく映像と音楽のみ。8K作品なので、8Kのテレビや機材を売るためのPVみたいなものかもしれない。アマゾンに置いてあったので随分前に夕飯を食べながら観た。

映像が綺麗ということ以外何を書いたらいいのか思い浮かばなかったのか、メモはほぼ白紙である。

マナティとジュゴンの見分けがつかないとか書いてあるな。












共通テーマ:映画

「終着駅」(1953年作品)感想 [映画]

ヴィットリオ・デ・シーカ監督による恋愛映画。メロドラマだった。主演はジェニファー・ジョーンズ。

この映画は初見だった。有名な作品かもしれないが恋愛映画は避けてきたようだ。いくら名画座で安いからといっても恋愛映画は独りで観ても寝ちゃうしな。こんな古い映画だとデートにも使えないし。

あまり感想はない。メロドラマ? ううん?

ジェニファー・ジョーンズの若い頃の作品はこれが初めてだったかも。ラストの場面の彼女の演技は焦っているのか発情しているのかわからない表情だったな。

感想はこれくらいしかない。メロドラマってみんな一緒だよな。

奥村チヨの「終着駅」しか知らんわ。


NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー セット ローズ ピンク 190cc 5客セット 41713-33151

NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー セット ローズ ピンク 190cc 5客セット 41713-33151

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン










共通テーマ:映画

「頭上の敵機」(1949年作品)感想 [映画]

ヘンリー・キング監督による戦争映画。主演はグレゴリー・ペック。

これは戦果が上がらない航空隊を再教育していく物語。戦争映画でありながらこうした普遍的なテーマ性を内包させてあるところが素晴らしい点だろうか。過酷な状況下で作戦を遂行しなければならない航空隊員たちの苦悩もしっかりと描けている。

仲間と親しくなるあまりにまるで戦果が挙げられずにいたキース・ダヴェンポート大佐を見かねて准将であったフランク・サヴェージが彼を解任するように掛け合う。上司もそれを認めてキース大佐は解任され、代わりにサヴェージ准将が第918航空隊を指揮することになった。

厳格なサヴェージ准将に戸惑った第918航空隊は全員が辞めると言い出す。そうした危機を乗り越え、隊を再度鍛えなおしたところ、彼らは多くの戦果を重ねていくようになった。

そこにドイツ奥深く低空で侵入して目標を爆撃する作戦が伝えられる。自信をつけていた第918航空隊はやる気になっていたが、突然サヴェージ准将が飛行機乗り特有の精神病になって作戦指揮を執れなくなった。そこで教え子たちは准将抜きでこの困難な任務を乗り越え作戦を成功させる。

知らせを聞いたサヴェージ准将は初めこそ病気のために無反応だったが、やがて作戦成功を認識して21機中19機が戻ってきたことを喜び、同時に2機撃墜によって失われた仲間の死を悼んだ。

戦場の片隅で行われたそうした出来事に、第918航空隊が使っていたビアジョッキを買った男が想いを馳せる。

こんな話。戦争映画ではあるが、お友達意識と真の仲間同士の友情との違いなど、人間集団の難しい問題を扱った大作である。組織論としてはお粗末かもしれないが、仲間同士で慰め合い庇い合うのと、仲間同士で競争して高め合うのでは組織の活力はまるで違ってくる。組織論よりももっとコアな人間の活力とは何かが描かれているといっていい。

この作品も以前に視聴したことがある。どこで観たのかはもう覚えていない。テレビだったかもしれない。古い映画は名作だけが現代に残るものなので何を視聴しても楽しめるのがいいところ。ただしデートには向かない。

この作品は日本の映画やドラマにも多くの影響を与えており、有能なコーチが組織を立て直すプロットはスポーツものなどで盛んに使われた。有名なのは不良の集まりだったラグビー部を立て直した実話だろう。「泣き虫先生の7年戦争」などだ。

様々な組織が内部から瓦解しつつある現代日本でこうしたプロットの作品がまったく生まれないのは、個の権限が強まり過ぎてコーチが変わったくらいではもうどうにもならないためだろう。現在は有能な個人をどうやって引き抜くか、スカウティングの問題になっている。

みんなで力を合わせて栄光を掴み取る王道展開が、いつか復活してくれないかなと願っている。












共通テーマ:映画

「砂漠の鬼将軍」(1951年作品)感想 [映画]

ヘンリー・ハサウェイ監督による戦争映画。主演はジェームズ・メイソン。砂漠の狐エルヴィン・ロンメル将軍の後半生を描いている。

ヒトラーの無茶な要求にキレたロンメル将軍はヒトラー暗殺計画に加担。最後に死刑宣告を受けて毒殺されるところまでが描かれている。

ヒトラーに背いたことで戦後に名誉を回復した彼をかなり美化して描いてある。確かに立派な将軍だったろうが、連合軍に都合がいい人間は美化して描き、特にどうでも良ければ悪魔のように描く姿勢はどうかと思うね。

作品としては☆4.8ほどの面白さ。暗殺計画前から失敗までの緊張感が素晴らしい。


NARUMI(ナルミ) マグカップ キツネピンク 280cc 電子レンジ温め対応 日本製 41384-6257

NARUMI(ナルミ) マグカップ キツネピンク 280cc 電子レンジ温め対応 日本製 41384-6257

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン









NARUMI(ナルミ) グラス グラスワークス スワール 黒 280cc ロックグラス GW6053-223BK

NARUMI(ナルミ) グラス グラスワークス スワール 黒 280cc ロックグラス GW6053-223BK

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「サハラ戦車隊」(1943年作品)感想 [映画]

ゾルタン・コルダ監督による戦争映画。主演はハンフリー・ボガート。

ロンメル将軍の大攻勢の前に撤退していくアメリカ陸軍。トラブルで隊列についていけなくなった戦車ルル・ベル号のガン軍曹。何とか戦車を修理した彼らは南へと向かった。途中でフランス人、英国人、イタリア人ドイツ人などが合流してとにかく食料と水がない中をひたすら南へ進んでいく。

枯れた井戸のある場所を拠点にした彼らは、ドイツ機械化大隊に包囲される。万事休すの状況だったが敵も水不足に陥っていると予想したガン軍曹の発案で自分たちの拠点に水があるかのように思わせて敵を引きつけ、少ない戦力で撃破していく。

水が豊富にあるというブラフに惑わされたドイツ軍は、執拗に攻撃を続けて最後は全軍で突撃してきた。もう駄目だと覚悟を決めたとき、なんと枯れていたはずの井戸に水が湧き出ていると分かった。水と銃を交換するとのブラフが生き、ガン軍曹たちは大量のドイツ軍捕虜を手に入れた。

仲間の元を離れて伝令に出たウェイコが米軍を引き連れて戻ってきて物語は終わる。

ドイツ軍捕虜とイタリア軍捕虜が喧嘩になってイタリア人捕虜が刺殺され、脱走したドイツ軍捕虜がドイツ軍に水がないことを知らせに向かう場面の緊迫感が最大の見どころだろうか。ドイツ軍捕虜は追いかけられて死ぬのだが、追いかけた方も殺されてしまう。最後に親指を立てて敵に本当のことは知られていないと告げるシーンが泣ける。

人生2度目の「サハラ戦車隊」であった。











NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー ローズ・ブランシェ 210cc ティーコーヒー兼用 52187-6792

NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー ローズ・ブランシェ 210cc ティーコーヒー兼用 52187-6792

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「市民ケーン」(1941年作品)感想 [映画]

オーソン・ウェルズ監督によるヒューマンドラマ。主演もオーソン・ウェルズ。確か高校生のころに名画座で観て以来。

アメリカにチャールズ・フォスター・ケーンという大物がいた。あらゆるものを手にし、新聞王で、豪華な宮殿を作り、落選したものの州知事選挙にも出馬し、愛人のためにオペラ座を建てるほどの権勢を誇っていた。そんな彼が死に、映画人は彼のニュース映画を作ろうとしていた。

だが通り一遍の立身出世の話では彼を描いたことにならない。監督は不満だった。ケーンが最後に残した言葉は「薔薇のつぼみ」この意味を探っていこうと制作方針を変更した。

ケーンの母親は宿泊のカタに取った権利書によって大金持ちになった。彼女はすぐさま息子のケーンをニューヨークで学ばせることにした。やがて彼は母親から莫大な財産を相続する。

新聞経営に乗り出した彼はセンセーショナリズムで自社の部数を伸ばしていった。彼の権力欲はとどまるところを知らず、大統領の娘と結婚すると州知事選挙に出馬する。ところが相手候補陣営に愛人の存在を暴露されてしまってあえなく落選した。

この事件がきっかけとなって彼の家族は離散してしまう。それでもケーンはへこたれることはなくますます意気軒昂に金儲けを続け、大邸宅や歌手の愛人のためにオペラ座の建設へと乗り出した。詩人は彼の2番目の妻になった。

ところがこのスーザン、歌手といっても歌はド下手。公演は酷い有様となって酷評を食らう。するとスーザンは手のひらを返してムリヤリ歌わせたケーンをなじり始めた。ケーンは激怒し、彼女に歌わせ続け、自分の新聞で「大好評」の捏造記事を書き続けた。スーザンは次第に疲弊した。ケーンは彼女を大邸宅に閉じ込めた。憔悴した彼女はやがてケーンの元を去っていった。

ケーンは孤独のうちに死んでいった。映画を取り直した監督だったが、結局薔薇のつぼみの意味は分からなかった。

という話。薔薇のつぼみはケーンが幼少のころ遊んでいたソリの裏にあった模様のこと。NYでの誕生日にも同じものをもらっている。

人は人物から発せられた言葉を解釈しようとするものだが、人の言葉が脳の中の何であるのかなど誰にもわからない。母との別離の悲しみの象徴というようなものではない。冷蔵庫の中の食べずにいたカニ缶のことが気がかりで死に間際に口走ってしまう人もいるのだ。

世界一の映画、ハリウッド最高傑作とも呼ばれるこの作品の魅力は、様々な新技法、斬新な構成などによるものだ。海とオウムを組み合わせたようなイメージカットもある。つまりは演出である。彼は演出家として映画に斬新なアイデアを多く取り入れた。

オーソン・ウェルズはデビュー作で最高傑作を撮ったのである。当時彼は若干25歳。それでいながらケーンの青年以降のすべての時代を演じている。役者としてもずば抜けた存在だ。

舞台的な流れるような科白芝居と観たこともないような演出はすぐさま話題となって、劇団主催者ですでに名声を得ていた彼をさらに有名にした。

映画好きなら絶対に観ておくべき作品。これに低評価をつける奴は要するに映画を観る資格がないほどのバカといっていい。


NARUMI(ナルミ) マグカップ 旅マグ フランス 280cc 電子レンジ温め対応 日本製 41680-6257

NARUMI(ナルミ) マグカップ 旅マグ フランス 280cc 電子レンジ温め対応 日本製 41680-6257

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン









NARUMI(ナルミ) マグカップ(ブルーフラワー) 300cc 電子レンジ温め対応 日本製 41373-6152

NARUMI(ナルミ) マグカップ(ブルーフラワー) 300cc 電子レンジ温め対応 日本製 41373-6152

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「仏像大好。」(2010年作品)第3回 感想 [ドキュメンタリー]

第3回は室生寺・長谷寺・海龍王寺・聖林寺 編。


室生寺 拝観料600円

伝・釈迦如来立像・・・平安時代作。色鮮やかな板光背を背負っており、この釈迦如来が日本で初めて多くの文様の付いた板光背をつけたとされている。光背には七仏薬師が描かれている。色彩が曼陀羅のよう。平安時代の作なので大陸の影響が強い。豪華絢爛たる釈迦如来。

十二神将立像・・・薬師如来の護り手十二神将の立像。平安時代作。仏教に帰依した古代インドの小国の軍人が元になっている。子神、丑神、寅神、卯神、辰神、巳神、午神、未神、申神、酉神、戌神、亥神で十二神。干支になっているのは彼らが円を組んで仏様を守護しているため。仏像として表現される際は横一列に並んでいる。薬師如来に帰依している神。

十一面観音菩薩立像・・・平安時代初期の作品。王族だったころのお釈迦様がモデルなので装飾品がたくさんついた煌びやかな立像。たいへん美しい。平安初期にこれだけの表現が出来て現代の彫刻士や芸術家が足元にも及ばないのは、やはり精神性の欠如が原因だろう。技術は現代の方が高いかもしれないが、心根から救済を渇望する気持ちには勝てない。結局現代は文句は言っても満ち足りているのだ。


長谷寺 拝観料500円

十一面観音菩薩立像・・・室町時代作。日本一大きな十一面観音菩薩。何度も火災に遭ってこれで8代目。それで室町時代なのか。新しいものなので金ぴか。造形もテンプレ。特徴的なのは右手の錫杖。確かに珍しい。長谷式観音の特徴とされているそうだが、新しくしたときに地蔵と間違えて持たせたのではないのか? 足の表現も武骨で、明らかに平安時代からレベルが下がっている。

難陀龍王立像・・・鎌倉時代作。鎌倉時代のものなので写実的。八大竜王のひとり。インドの説話を中国人が翻訳した上での造形なので、閻魔大王と同じで中国風。

雨宝童子立像・・・室町時代作。飯面観音が何度も火災に遭うので雨乞いの立像2体が左右を守っている。


海龍王寺 拝観料500円

十一面観音菩薩立像・・・鎌倉時代作。秘仏として永く非公開だったために保存状態がいい。鎌倉の作のわりに写実的ではない。まとった衣の表現がかなり細かい。王族だったころのお釈迦様がモデルなので十一面観音は豪華なものが多いが、装飾品がこれだけ細かいのは凄い。


聖林寺 拝観料400円

地蔵菩薩坐像・・・江戸時代作。顔が面白い。江戸にもなるとまるでダメだな。

十一面観音菩薩立像・・・奈良時代作。表情が人っぽく、男性的。観音菩薩はテンプレになってくるとみんな大仏の顔になるが、この仏様は誰かモデルがいそうな表情をしている。明治時代の廃仏毀釈での破壊を免れた貴重な作品。フェノロサが世に出した。


以上。今回は十一面観音特集みたいな感じ。仏教美術に触れて、自分の中にあるプラトン的理想主義が蘇るようでありがたいことでございます。

救済とは何かと必死に考え、造形を練り上げていった先人たちの工夫の結晶を眺めているようなもの。現代人が失ったものは理想主義ですね。理想主義は共産社会主義という似非理想主義によって追求することをやめてしまった。

何が理想なのかは誰にもわからない。だからこそ考え続けるものであり、考え続けた証の中にまた理想の在り方を見つけなければいけない。「これが理想というものです」と示したマルクスは人類史上最大の理想破壊者だといっていい。

しかしまた、何もかもマルクス主義のせいにして理想を追求しないのもおかしな話。

マルクスを捨て、いま一度仏の中に理想を求めていく時代が来るのかもしれない。












共通テーマ:映画

「最先端バトル ドラゴンゲート!!」#28 [プロレス・格闘技]

望月成晃 vs 奥田啓介の一戦。

200.jpg


新生UWFみたいな試合。そうか、望月ってもう50歳手前なのか。オレも年取るはずだわ。


G SPIRITS MASK COLLECTION 国宝級マスク研究 (タツミムック)

G SPIRITS MASK COLLECTION 国宝級マスク研究 (タツミムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2018/10/31
  • メディア: ムック



プロレス・マスク・ワールド (DIA COLLECTION)

プロレス・マスク・ワールド (DIA COLLECTION)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイアプレス
  • 発売日: 2015/09/16
  • メディア: ムック



初代タイガーマスク大全集~奇跡の四次元プロレス1981-1983~完全保存盤 DVD BOX

初代タイガーマスク大全集~奇跡の四次元プロレス1981-1983~完全保存盤 DVD BOX

  • 出版社/メーカー: ビデオ・パック・ニッポン
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: DVD




共通テーマ:映画

在日猪狩蒼弥 遺伝子発動他 [日記]