So-net無料ブログ作成

「RIZIN.18 2019年8月18日 名古屋大会」感想 [プロレス・格闘技]

「RIZIN.18」全試合の結果と感想。

堀口恭司 vs. 朝倉海

1R朝倉のパンチが当たって堀口がぐらつき、あとは的確に朝倉が膝やパンチを当てていってKO勝利。番狂わせといっているが、朝倉兄弟は強いよ。アウトサイダーからRIZINにやってきて、ずっと朝倉兄弟の相手は有名だけど格下だった。ポテンシャルを見抜けない人が多かっただけ。堀口は残念だったが、本来はフライ級の選手なのでバンタムだと体格差もある。フライ級とバンタム級を分けた方がいいかも。フライ級は堀口。バンタム級は朝倉みたいに。

浜崎朱加 vs. アム・ザ・ロケット

アム・ザ・ロケットって本当に女なんだろうか? 見た感じといいあの蹴りといいタイのオカマじゃないのかと。試合は1R腕ひしぎ逆十字で浜崎朱加の勝利。アム・ザ・ロケットの打撃をもっと見たかった。すぐにグランドになっちゃったんだよね。

ビクター・ヘンリー vs. トレント・ガーダム

朝倉兄弟にはこの辺のクラスの選手をしばき倒していってほしいのよ。タイトルを取ってそれを防衛してって感じじゃないんだよなぁ。イキリ外人をしばく。これが朝倉兄弟には合ってる気がする。試合はキンタマの潰し合いでビクター・ヘンリーの一本勝ち。裏三角締め。

マネル・ケイプ vs. 水垣偉弥

2Rマネル・ケイプの右一発でKO。水垣もピークを過ぎてるし、KOされると意識が飛びやすくなるし、そろそろ潮時じゃないかな。

ジョン・ウェイン・パー vs. ダニロ・ザノリニ

キックルールの試合。ジョン・ウェイン・パーがまだ現役で試合をしていることに感動。しかも的確に攻めている。この教科書的な対角線攻撃の見事さよ。試合は判定でダニロ・ザノリニの勝利。攻めていたのはジョン・ウェイン・パーだったが、有効打が少なかった。

浅倉カンナ vs. アリーシャ・ザペテラ

浅倉は8㎝も背の低いレスリングの選手相手にほぼいいところなく終わる。結果は判定で浅倉カンナの勝利。両者決め手なし。アリーシャは手足が短すぎる。

越智晴雄 vs. ジャレッド・ブルックス

始まってすぐバッティングで越智が出血してノーコンテスト。血が止まらなかったからこれはしょうがない。ストロー級の超重要な試合だったのに、RIZINはついてないねぇ。

上迫博仁 vs. イーブス・ランドゥー

イーブス・ランドゥーを初めて見たのだが、ダンスで世界一とか言ってたぞ。世界は広いなぁ。ガードががら空きだしそんなにすごい選手にとは思えなかったが、上迫が全然攻めきれず、なんだかよくわからん形でTKO。うーん、確かにガードが出来てないから危ない感じもあったけど止めるほどではなかったような気もするぞ。

祖根寿麻 vs. ジャスティン・スコッギンス

変則的なスコッギンスに対して無策な祖根は何も出来ず。結果は判定でジャスティン・スコッギンスの勝利。入り込めないならタックルで行くとかしてほしかったわー。

征矢貴 vs. 村元友太郎

2R征矢貴のTKO勝利。これもそうだが、同じ階級なのか? 村元友太郎はかなり小さく感じたが。

あい vs. タバサ・ワトキンズ

1Rの腕十時で終わったかと思いきや心が折れず、あいが抜け出す。ワトキンズも的確に手足を取りに来るしなかなかいい選手。2Rも少し浅かったがあいが十字を取られかける。結果はグランドで相手をボコボコにしたあいの判定勝利。ワトキンズは惜しかった。心折れなかったあいの精神力の勝利。浅倉カンナの試合の100倍おもしろかった。

瀧谷渉太 vs. 大﨑一貴

キックルールの試合。大﨑一貴が一方的にダウンを奪いまくって判定勝利。

堀尾竜司 vs. 桜井宇宙

キックルールの試合。桜井宇宙君はなんと16歳。パンチキック共に重く、当て勘もよさそう。1R終盤で跳び膝も決めてみせた。しかし2R以降堀尾が完全に立て直し、多彩なコンビネーションで圧倒。結果は判定で堀尾の勝利。うちう君は今後が楽しみな選手。


以上です。今回は面白い試合が多かった。あいちゃんはなかなか良い。

フライ級を作って堀口、朝倉で看板にしていけばいいのに。朝倉兄弟の評価が低すぎるよ。

これならONEより圧倒的に面白い。階級をちゃんとしてそれぞれにチャンピオンを設定して大会数を増やしていけば十分ONEに対抗できる。

今回は堪能しました。越智晴雄 vs. ジャレッド・ブルックスだけは残念。








ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ファイティングバッグ

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ファイティングバッグ

  • 出版社/メーカー: ファイティングロード Co., Ltd.
  • メディア: その他




共通テーマ:映画

「小さな嘘」(2009年作品)感想 [映画]

Denis Malleval監督による不倫ドラマ。主演はフレデリック・ヴァン・デン・ドリーシュ。おそらくだがテレビの2時間ドラマ。

シングルマザーのふたりの女性と不倫していた眼科医の男。ところがその子供たちが学校の同級生だったからさあ大変。ドロドロの愛憎劇となって子供たちの視線が厳しい。やがてより積極的だった金髪女と半結婚状態になる。もうひとり、少年の母親の方は静かに離れていった。

ところがこの眼科医、正妻もいて自分の老いた母親の世話をさせている。妻は不倫女に直接乗り込まれてノイローゼになり、泣いてばかりいる。眼科医はそんな妻を優しく慰め、とりあえずSEXする。フランス絶倫物語みたいな展開で観ている途中でだんだん呆れてくる。正妻にも同じくらいの年頃の娘がいてもうカオス状態。

ふたりいた浮気相手のひとりが去ったことで、金髪の浮気女はもうこれであとは眼科医が離婚してくれれば勝ちだと思い込んだ。男にサービスしまくってベッドで約束も取り付けた。

娘は去っていった浮気相手の息子である転校生の少年に勝ったつもりで、いずれ眼科医が自分の父親になるのだと誇らしげだった。転校生の少年の家庭に勝ったつもりになったのだ。ところが眼科医には妻がいるので一緒には暮らせない。そのことで娘は学校で暴力的な振る舞いをするようになった。

先生が連絡帳にそのことを書くと、娘はその連絡帳を将来の父親と確信して疑わない眼科医に見せて、親のサインを書いてもらった。母親には内緒の行動だった。娘としては一刻も早く自分の母親に幸せになってもらいたかったのだ。

サインが母親の書いたものでないと知った担任は母親を学校に呼び出して複雑な家庭事情を聴こうとした。しかし担任に問いただされた金髪不倫女は、妻のいる男と不倫していて娘は不倫相手を父親と思い込んでいるとは恥ずかしくて言えず、逆ギレして担任を置き去りして眼科医のところへ行った。

これだけでもややこしいのに、絶倫眼科医は去っていった女にまだ未練があって会おうなどとそそのかす。こちらの浮気相手の方はほとほと愛想が尽きていて、2度と関係は持たないと拒絶する。ところがこちらは正妻にロックオンされてしまう。不倫女は最愛の息子を守るために眼科医から逃げようとするも、お金はないし、絶倫君はしつこいし、どうしていいのかわからなくなる。

金髪不倫女は絶倫君とどうしても結婚したい。正妻は夫に呆れて出ていきたい。最初に男から離れた女はしつこく付きまとわれて迷惑している。こんな状態で妻が出ていった。金髪不倫女はこれで邪魔者はもうひとりの浮気女だけだと思い込んで彼女を襲撃して刺し殺してしまう。

母を殺された少年のもとへは父が戻ってきて、金髪不倫女は刑務所へ入った。

小さなウソというのは、少年の父が元妻についていたウソのこと。要するに大人も子供もみんな小さな勘違いをしているという話で、それが多ごとになっていく過程を面白がっているのだろう。でもな、まるで共感できないんだなこれが。

子供を大人のしょうもない性欲競争に巻き込んでフランス人は恥ずかしくないのか。酷い作品だった。

とにかく子供を巻き込むな!


田島硝子 江戸切子 重ね矢来文様・菊底 オールドグラス ペア TG04-24-2

田島硝子 江戸切子 重ね矢来文様・菊底 オールドグラス ペア TG04-24-2

  • 出版社/メーカー: 田島硝子
  • メディア: ホーム&キッチン



東洋佐々木ガラス グラス 彩花切子 瑠璃 タンブラー ブルー 355ml HG210-13BL

東洋佐々木ガラス グラス 彩花切子 瑠璃 タンブラー ブルー 355ml HG210-13BL

  • 出版社/メーカー: 東洋佐々木ガラス
  • メディア: ホーム&キッチン



東洋佐々木ガラス ペアフリーグラス 切子 キリコギフト ブルー&レッド 350ml HG880-T106 2個入り

東洋佐々木ガラス ペアフリーグラス 切子 キリコギフト ブルー&レッド 350ml HG880-T106 2個入り

  • 出版社/メーカー: 東洋佐々木ガラス
  • メディア: ホーム&キッチン










共通テーマ:映画

「ラブリー・ボーン」(2009年作品)感想 [映画]

ピーター・ジャクソン監督によるヒューマンドラマ。主演はシアーシャ・ローナン。

14歳のスージー・サーモンが近所に住むハーベイという男に殺されてしまう。天国へ行ったスージーが下界と接触。彼女の父親のジャックは微妙に何かを感じて犯人の手掛かりとなる写真に固執する。

他の家族もスージーの死を乗り越えようと懸命の努力をする。それをスージーは天国から見ている。

犯人は別の女の子を殺そうとしたときに天罰が起こって死ぬ。

という話。スージーが死ぬまでの30分、温かい家庭の様子を描写して、それを一気に地獄に突き落とす脚本。胸糞悪い殺人が終わった後は家庭崩壊寸前で踏みとどまる遺族の様子と、やり場のない怒りから犯人を特定しようとする父親を天国のスージーが導く描写になっている。

彼女の死について迫っていくものの復讐は基本的にできず、スージーが天罰を与えて犯人を崖下に落とす。スージーの力で折れたつららは犯人の禿げ頭には刺さらなかったが、その直後に足を踏み外して転落死するのだ。

ホームドラマと殺人シーンのバランスがなんとももどかしいというか、孤独な変態性欲者でウソが得意な胸糞悪い犯人をどうしたらよかったのか悩ましいところだ。犯人がろくでなしなので、個人的には父親とコンタクトを取ってぬっ殺してもらいたかったが、14歳のスージーは純粋無垢過ぎて罪のない父親に殺人をさせなかった。

正しい判断だけども、留飲は下がらない。とてももどかしい。


イシガキ産業 ステーキ皿 鉄鋳物 大判 2枚組入

イシガキ産業 ステーキ皿 鉄鋳物 大判 2枚組入

  • 出版社/メーカー: イシガキ産業
  • メディア: ホーム&キッチン



パール金属 ステーキ 皿 丸型20cm 鉄鋳物製 スプラウト HB-3056

パール金属 ステーキ 皿 丸型20cm 鉄鋳物製 スプラウト HB-3056

  • 出版社/メーカー: パール金属(PEARL METAL)
  • メディア: ホーム&キッチン



パール金属 鉄鋳物 小判 ステーキ皿 (割れにくい一枚板) 24cm 1枚組 UH-9

パール金属 鉄鋳物 小判 ステーキ皿 (割れにくい一枚板) 24cm 1枚組 UH-9

  • 出版社/メーカー: パール金属(PEARL METAL)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「バトル・オブ・ライジング」(2013年作品)感想 [映画]

アルノー・デ・パリエール監督による歴史ドラマ。主演はマッツ・ミケルセン。体制反逆者ミヒャエル・コールハースの有名な逸話を題材にした作品である。

忘れないうちに書いておくと、「沈黙の死」「悲しみの皮」に出演していた子役の女の子がこの作品にも出ている。もしかしてフランスでは売れっ子なのかも。

馬商人のミヒャエル・コールハースが商売のために城下の市へ向かっていると、ある場所に柵が立っており、今日から通行料を取ることになったと告げられた。ミヒャエルは仕方なく馬2頭と従者を置いていった。しかし城下でその話はウソであると知った。

怒った彼は馬を返せと迫ったが馬は使役で売り物にならないほどになっていた。ほどなくして従者は殺されてしまった。

理不尽な振る舞いに怒ったミヒャエルはブランデンブルク選帝侯へ訴状を出すものの、それを届けようとした妻は諸悪の根源フォン・トロンカに惨殺されてしまった。

ミヒャエルは家屋敷を売り払って金を作り、仲間たちとフォン・トロンカを打倒するために立ち上がった。逃げ回るフォン・トロンカを追いかけるうちにミヒャエルの私兵は膨れ上がり、ついには城下に名を轟かし人々を恐怖させるまでになっていく。

これを問題視したマルティン・ルターが彼を非難し、ミヒャエルとの折衝に当たることになった。ミヒャエルの言い分を聞いたルターは彼の訴えに間違いがないことを認め、フォン・トロンカに禁固刑の罰を与える助力をする。しかし暴力に訴えたミヒャエルの罪はさらに大きく、打ち首を宣告されてしまう。

しかしフォン・トロンカの理不尽な仕打ちがあったと認められたことでミヒャエル・コールハースは満足して進んで罰を受け入れることになった。

という話。有名だから知っている人も多いはずだ。

物語は長く語り継がれた話なので面白いのだが、問題は映画の完成度で、ミヒャエル・コールハースの私兵たちが水滸伝的に膨れ上がって貴族たちを恐怖に陥れていく痛快さがまるでない。物語の面白さ、肝心な部分を全部捨てて歴史ものにしてしまっている。

台無しである。

この話が庶民に長く語り継がれてきたのは、不正を許さない善意の男の不満に共感し、それを力で訴えかけていく部分に血沸き肉踊り、そこにマルティン・ルターの厳格さがアクセントになっているところが燃える部分なのだ。さらにルターの慈悲なき厳格さを堂々と受け入れるラストもまた喝采を受ける場面なのだ。

それらがミヒャエル・コールハースの正義が暴走したかのような描かれ方になっていて、まるでなってない。戦後のドイツやフランス人にミヒャエル・コールハースの痛快劇は無理だったのかもしれないね。一言でいって、台無しです。


家庭料理のきほん200

家庭料理のきほん200

  • 作者: 藤井 恵
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



土井善晴のレシピ100

土井善晴のレシピ100

  • 作者: 土井 善晴
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2012/03/12
  • メディア: 単行本



沢尻リラさんの家庭でつくる地中海料理

沢尻リラさんの家庭でつくる地中海料理

  • 作者: 沢尻 リラ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/09/08
  • メディア: 単行本



アメリカ南部の家庭料理

アメリカ南部の家庭料理

  • 作者: アンダーソン夏代
  • 出版社/メーカー: アノニマ・スタジオ
  • 発売日: 2011/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




共通テーマ:映画

「ロスト・アイズ」(2010年作品)感想 [映画]

ギリェム・モラレス監督によるホラー映画。主演はベレン・ルエダ。

全盲の双子の姉が自殺をした。妹のフリアも目が悪く、失明の恐怖に怯えつつ姉の死に不信を抱いてその原因を突き止めようと考えた。

いろいろ探っていくうちに目はどんどん見えなくなってくる。そこで手術することにした。一時的に視力が衰えたときを見計らったように、彼女の夫は殺され、彼女に忠告に来た少女も殺される。フリアはたまらず目を覆っていた包帯を取った。

すると犯人は彼女に良くしてくれていた姉の家の隣人の息子だった。

という話。なんのこっちゃわからないかもしれないが、要は姉には盲目の老婆の隣人がいて親しくしていた。老婆は本当は目が見えるようになっていたのだが、目が見えなければ息子がそばにいてくれると思って盲目のフリをしていた。しかし息子は出て行ってしまい、新しく若い隣人と親しくなった。

一方で息子は誰かに頼られることに慣れて自分は優しい人間のつもりでいたが実は人としての魅力に乏しく、世間の誰からも相手にされない。社会に出て人に避けられる類の人間なのだと思い知った彼は、相手が盲目なら母と同じように自分を慕うだろうと考えるようになり、人を失明させたうえで近づく行為を繰り返した。姉はその犠牲者だった。

しかし何せキモいので、盲目の人間からも嫌われ、その都度彼は激怒して殺してしまう。彼は誰も自分の優しさを認めないと世間を恨むようになり、殺人鬼へと変貌した。そしてフリアにも近づいていく。

こんな内容なのだ。

回収されない伏線多数。だから真面目に観るとバカみたいだ。流し見するにはサスペンスとして恐怖心をあおる映像なのでそこそこ怖いかもしれない。

目が見えない恐怖を上手く使いたかったのだろうが、犯人像を隠すために都合よく目が見えなくなるだけやんけと突っ込みを入れたくなる。わざと見せてそれをトリックに使うならその謎が解けたときに達成感があるけども、目が見えないからわかりませんではなんかペテンにかかったかのようだ。

映像は良いので☆2.5くらいかな。















共通テーマ:映画

「ウルトラマンタロウ」(1973年作品)第46話 感想 [アニメ/特撮]

第46話「日本の童謡から 白い兎は悪い奴!」監督:筧正典、脚本:石堂淑朗。

300.jpg


怪獣:ピッコロ

生き物禁止のアパートの大家役で大泉滉が出演。オレは子供のころから大泉滉のコミカルな演技が大好きだった。大泉滉とか白木みのるは最高だったな。若い子は知らないだろうが、別に知ってもいいことは何もない。

「ウルトラマンタロウ」第46話は往年の名作「怪獣ブースカ」のような楽しい作品。筧正典監督は前回の第45話をしっとりと撮り上げ、46話は一転してコミカルで楽しい作品にしている。このノリが好きな昭和キッズは多かった。オレもピッコロは大好きだったな。

そしてピッコロも倒されることなく宇宙へ放り投げられてしまうのだった。


オール・ザット・ウルトラマンタロウ (NEKO MOOK)

オール・ザット・ウルトラマンタロウ (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2016/07/14
  • メディア: ムック



エンターテインメントアーカイブ ウルトラマンレオ (NEKO MOOK)

エンターテインメントアーカイブ ウルトラマンレオ (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: ムック



決定版 全ウルトラマン パーフェクト超百科 増補改訂 (テレビマガジンデラックス)

決定版 全ウルトラマン パーフェクト超百科 増補改訂 (テレビマガジンデラックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 単行本



ウルトラ特撮PERFECT MOOK vol.0 ウルトラ&円谷プロ特撮 総選挙 (講談社シリーズMOOK)

ウルトラ特撮PERFECT MOOK vol.0 ウルトラ&円谷プロ特撮 総選挙 (講談社シリーズMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: ムック




共通テーマ:映画

「ウルトラマンタロウ」(1973年作品)第45話 感想 [アニメ/特撮]

第45話「日本の童謡から 赤い靴はいてた」監督:筧正典、脚本:阿井文瓶。

300.jpg


怪獣:メモール、ドルズ星人

3週連続で怪獣を宇宙にすっ飛ばす。エメリウム光線が使えないじゃないか。PTAにはロクなやつがいないな。

こんな感じで昭和の時代はガミガミうるさく抗議してくる連中を子供たちは嫌ってバカにしていたものだった。円谷プロも教育ママゴンをからかう作品を作っていたのだが、日本人の暴力性がどうのこうのと左翼が絡んでくるようになっておかしくなった。

男女どちらもヒーローにする試みもおそらくはそっち方面からの抗議によるもの。

悪い奴をぬっ殺してくれないと爽快感がないよな。

取っ組み合う。ボスッボスッとの効果音に合わせて怪獣を殴る。怪獣が得意技を繰り出してウルトラマンがピンチになる。脱出して距離を取りスペシウム光線。この一連の流れが観たいのに。


S.H.フィギュアーツ ウルトラマンタロウ 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ ウルトラマンタロウ 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



S.H.フィギュアーツ ウルトラマン 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ ウルトラマン 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



S.H.フィギュアーツ ウルトラセブン 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ ウルトラセブン 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー






S.H.フィギュアーツ ウルトラマン ゾフィー 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ ウルトラマン ゾフィー 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー




共通テーマ:映画

「ウルトラマンタロウ」(1973年作品)第44話 感想 [アニメ/特撮]

第44話「あっ!タロウが食べられる!」監督:真船禎、脚本:田口成光。

300.jpg


怪獣:オニバンバ

節分をモチーフにした作品で、悪い鬼が敵なのでタロウも安心したのかマウント状態で殴りまくっている。子供向け作品に寄せられる苦情をどうしたら黙らせることができるか、円谷プロの工夫が見て取れますね。ごくろうさまです。

2回連続で宇宙人は殺されずに空の彼方へと去っていった。


決定版 全ウルトラマン パーフェクト超百科 増補改訂 (テレビマガジンデラックス)

決定版 全ウルトラマン パーフェクト超百科 増補改訂 (テレビマガジンデラックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 単行本



ウルトラマン おはなしえほん R/B ジード オーブ

ウルトラマン おはなしえほん R/B ジード オーブ

  • 作者: 円谷プロ=
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2019/08/08
  • メディア: 大型本



オール・ザット・ウルトラマンタロウ (NEKO MOOK)

オール・ザット・ウルトラマンタロウ (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2016/07/14
  • メディア: ムック



エンターテインメントアーカイブ ウルトラマンレオ (NEKO MOOK)

エンターテインメントアーカイブ ウルトラマンレオ (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: ムック



「ウルトラマンタロウ」(1973年作品)第43話 感想 [アニメ/特撮]

第43話「怪獣を塩漬にしろ!」監督:真船禎、脚本:阿井文瓶。

300.jpg


怪獣:モットクレロン

ビタミンCを狙って宇宙人がやってくる話なのだが、このアイデアはもっと評価されていい。

こういうコミカルな作風がタロウの持ち味だったよな。でも長期的にみると悲劇性の強い作風の方が高く評価されて傑作扱いされる。視聴率は取れるけど軽く見られてしまうところが欠点だ。

でもこの楽しさもちゃんと評価すべきなのだろう。八百屋の少年が可愛い。


ウルトラ特撮PERFECT MOOK vol.0 ウルトラ&円谷プロ特撮 総選挙 (講談社シリーズMOOK)

ウルトラ特撮PERFECT MOOK vol.0 ウルトラ&円谷プロ特撮 総選挙 (講談社シリーズMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: ムック



ウルトラマン大図鑑デラックス

ウルトラマン大図鑑デラックス

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2016/07/11
  • メディア: 大型本






エンターテインメントアーカイブ ウルトラQ ウルトラマン (NEKO MOOK)

エンターテインメントアーカイブ ウルトラQ ウルトラマン (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2018/12/18
  • メディア: ムック




共通テーマ:映画

「仏像大好。」(2010年作品)第1回 感想 [ドキュメンタリー]

なんか変なタイトルに惹かれて視聴することにした。2010年ころBSでやっていた紀行番組なのだそうだ。ナビゲーターは中嶋朋子。

平城京遷都1300周年ということは、遷都くんの騒動のときか。そう考えると古い作品なのだな。本放送は計13話あるが、アマゾンに置いてあるのは再編集して4話にまとめたもの。第1回は東大寺、円成寺、大安寺。おそらく放送時は各1話だったはず。

第1回の東大寺の大仏から始まり、ありがたい仏様の数々を鑑賞。眼福眼福。

合間合間に仏像を鑑賞するときの豆知識みたいなものがあって、知ってることばかりだったけども復習にもなるしいいんじゃないですかね。中嶋朋子の声が落ち着いていて心地よい。

寝てしまいそうだ・・・。このまま極楽浄土に・・・。

円成寺編のメインは大日如来坐像。運慶が20代で作ったとされる作品。これは有名。

円成寺編には聖徳太子立像も出てくるので観ておくべき。何百年も前の彫刻に現代に通じる凛々しさを見ることができて、人間の感性というのは時代を経ても変わらないのだなぁと教えてくれる。

大安寺は馬頭観音菩薩立像。衆生の無知蒙昧なるクソ野郎どもを毀壊するヒーローで、「大魔神」のモデル。普段は優しいが、人の道に反した者を導くときには憤怒の表情となって破壊神と化すまさにリアルヒーロー。怒った表情の菩薩は他にない。

馬頭観音は観音菩薩の変化なので、恐い表情をしていても菩薩に列せられる。悪を払う仏は本来明王と称される。この辺りは第1回に説明があります。

大安寺編は他に不空羂索観音菩薩立像も登場。こちらは優しいお顔の仏様。

さらに楊柳観音菩薩立像。大安寺は変化観音が多いのね。解説はそのことについて。

うーん、想像のはるか上をいく面白さだった。








HARIO (ハリオ) ワンカップティーメーカー 200ml ブラック OTM-1B

HARIO (ハリオ) ワンカップティーメーカー 200ml ブラック OTM-1B

  • 出版社/メーカー: HARIO(ハリオ)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「最先端バトル ドラゴンゲート!!」#26 [プロレス・格闘技]

KING OF GATE 2019 決勝トーナメント準決勝、Kzy vs Ben-Kの一戦。

200.jpg


後半ガンガン盛り上がって言った試合だった。いやもう素晴らしい。

Ben-Kは間違いなくこれからの中心選手。シュンとBen-Kはキャリアも浅いのに凄い試合ができるようになってる。

もうちょっと相手を引き立てる力がついたらトップに立てるわ。








ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) サンドバッグ ハードタイプ (40×130)

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) サンドバッグ ハードタイプ (40×130)

  • 出版社/メーカー: ファイティングロード Co., Ltd.
  • メディア: その他



ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ファイティングバッグ

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ファイティングバッグ

  • 出版社/メーカー: ファイティングロード Co., Ltd.
  • メディア: その他




共通テーマ:映画

2019年秋アニメ視聴予定① [アニメ/特撮]

もうそんなにアニメを観るつもりはないが、一応秋アニメのピックアップをやっておく。

①「Fairy gone フェアリーゴーン 第2クール」制作:P.A.WORKS

004.jpg


あ、ウソです。多分1話で切ります。1期も途中で切ってます。

②「ちはやふる 第3期」制作:マッドハウス

ちはやふる2.jpg


むしろ「ちはやふる」のために秋アニメを観ることにしたといっていい。その前にぜひおさらいをしておきたいのだな。アマゾンに追加されるかなぁ?

③「PSYCHO-PASS サイコパス 第3期」制作:Production I.G

555c37a1.jpg


脚本がノベライズをやっていた吉上亮氏なのだが、どうじゃろう? 心配じゃのぉ。

④「この音とまれ! 第2クール」制作:プラチナビジョン

008.jpg


チカちゃん(♂)の続きを観ないと。

⑤「バビロン」制作:REVOROOT

ツインエンジンか・・・。微妙だな。

⑥「無限の住人-IMMORTAL-」制作:ライデンフィルム

前に1話切りした作品とは別物でアマゾン限定の新作らしい。これは観るかも?

こんなものかなぁ。

「ちはやふる 第3期」、「PSYCHO-PASS サイコパス 第3期」、「この音とまれ! 第2クール」の3作品は確実。あとは微妙。「ちはやふる」は2期だけでもおさらいしておきたい。

まだ8月なので追加があるはず。

画像は以前掲載のもので、継続が決まったらちゃんと新しいのにします。















共通テーマ:映画

NHK おじゃる丸原作者の犬丸りんさんを自殺に追い込む他 [日記]