So-net無料ブログ作成

「バーレスク」(2019年作品)感想 [映画]

Tereza Kopáčová監督によるチェコのコメディ映画。同名のアメリカ映画にあらず。主演は Eva Hacurová。

ベティという名のちょっとふっくらした女性がショーの世界に憧れてレッスンを受けることになる。ところが周囲はスレンダーな女性ばかり。学校で生徒にすらバカにされるベティは気後れしてしまう。

最初は体形のことを気にして積極的になれなかったベティだが、レッスンを受ける仲間の励まし、先生の励ましもあってエロティックなダンスを続けていった。彼女はステージに立ち、服を脱ぐことで、自分の体形を受け入れ、同時に自分自身を受け入れていった。

徐々に自信がついてきたベティは、教師としても以前よりレベルアップしていく。しかしある生徒に対してしたことが原因となって、やがて教師の仕事を追われてしまった。彼女は教師を辞めるつもりはなく別の学校の募集に応募したが、彼女がストリップをやっているとの通知が全校に届いてしまっており、教師の道は閉ざされた。

そして彼女は厳格な母との間で軋轢が起き、精神的にもっと自立する必要に迫られた。

彼女は太ったストリッパーとして注目を集めるようになり、世間は彼女のことを色物扱いしたが、彼女の得た自信は大きく、自分自身を受け入れて自信をもって生きるというメッセージは多くの人の共感を呼んだ。

という話。言葉は全然わからないけどこれはいい映画だった。ただ気を付けてほしいのは、この手の作品にありがちなことだが字幕が読みにくい。白い背景に小さな白文字で字幕が入るのでそこだけはもうちょっと何とかならなかったのかと文句を言いたい。

正式な字幕作品じゃないとどうしてもこの問題が起きる。予算もないのはわかるが、なんというか、新しい字幕用のソフトか何かできないものですかねぇ。

ベティはたしかにお尻が大きくて、美人でもないけども、ひとりの女性が自分に自信を持って生きられるようになったのなら、それが何よりですよ。

こんなことは言わない方がいいのかもしれないですけど、いまの日本の、特に中年男性の女性観は歪みまくってると思うね。これも言わない方がいいかもしれないけども、そんな中年男性の金目当てで要求に応えようと上目遣いの写真に写る女性も本当に気持ち悪い。

こうした題材はありふれていると思うんだけど、日本ではこんなテーマの映画も撮れなくなってきている。撮れる気がしないでしょ? ナチュラルに美しい人を称える映画はあるけど、太っているとか、気が弱いとか、美人じゃない女の子を主人公にして、どんな子でも自分に自信を持って生きられる世の中にしようなんて誰も言わない。誰かを励ます映画って本当に少ない。

小林聡美や原田知世のように飄々とした雰囲気の女性は映画になるのに、自信喪失状態の女性が自分の弱さを克服する作品は少ない。外国にはこういう作品は多いのに。「プレシャス」(2009年作品)も面白かったしね。

邦画界は狂い過ぎてチェコにすら負けてるんじゃないですかね?


パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: ホーム&キッチン



タイガーコーヒーメーカー シャワードリップ 6杯用 ADC-N060-K

タイガーコーヒーメーカー シャワードリップ 6杯用 ADC-N060-K

  • 出版社/メーカー: タイガー(TIGER)
  • メディア: ホーム&キッチン



ティファール コーヒーメーカー  スビト  ペーパーレスフィルター メタリックルビーレッド CM151GJP

ティファール コーヒーメーカー スビト ペーパーレスフィルター メタリックルビーレッド CM151GJP

  • 出版社/メーカー: T-fal(ティファール)
  • メディア: ホーム&キッチン



サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK

サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK

  • 出版社/メーカー: THERMOS (サーモス)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「アニマル・ベイビーズ 動物園で生まれた赤ちゃん」(2016年作品)感想 [ドキュメンタリー]

ステファン・ジャック監督によるフランスの動物園で生まれた赤ちゃんたちにスポットを当てたドキュメンタリー。動物園といっても富士サファリパークみたいなところ。

民間がやっているサファリパークで、動物に芸を仕込んだり虐待めいたこともやっている。それに園内は広いが管理スペースは狭く、設備も悪い。できるだけ野生や本能に近づけようとする日本の動物園の管理体制と違ってペットのように動物に接しているところに疑念を抱いた。

ただ生まれてくる赤ちゃんたちはどれも可愛くて罪はない。

フランスは何でも偉そうに講釈垂れてくるわりにこの動物虐待施設はなんですかね。言い訳の利かない酷さでした。ムツゴロウ動物王国のような、ただ動物が好きな素人で運営しているような施設で唖然としました。飼育員はいるけども特に専門家というわけではなく、本当にただの飼育員。

富士サファリパークの方がおそらくいいですね。キリンに人間の食い物を与えさせて平気でいる神経に呆れました。








NARUMI(ナルミ) マグカップ ミラノ ブルー 330cc 日本製 9682-2530

NARUMI(ナルミ) マグカップ ミラノ ブルー 330cc 日本製 9682-2530

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン



NARUMI(ナルミ) マグカップ フローラルパラダイス イエロー 290cc 51183-2773P

NARUMI(ナルミ) マグカップ フローラルパラダイス イエロー 290cc 51183-2773P

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「アブダクション・プロジェクト 遭遇」(2016年作品)感想 [映画]

アイヤス・カドゥジ監督によるホラー映画。キャトルミューティレーションが宇宙人アブダクションではないかとの陰謀論が題材になっている。主演はシエンナ・ギロリー。

キャトルミューティレーションって真面目な話なんだったのか? 最近チュパカブラが実はアルマジロだったという映像はネットで観ました。はい。

なんかー、最後まで観たんだけど何も面白いところがなかったという。これはですね、演出がないわけです。シーンごとに何を表現するのか決まっていない。

例えば同じようなネタのテレビ番組があったとして、それは脚本と演出があって番組のテイストが出来上がっているわけです。宇宙人がいるとかいないとか、陰謀があるとかないとかはテレビ番組作りには関係なくて、よい演出がなされていれば視聴者はテレビに釘付けになるし、演出が悪ければチャンネルを変えられてしまう。全部演出次第なんですね。

映画ももちろんそうで、宇宙人がいるとかいないとかそんなことより、どんな演出で何を表現するかがハッキリしていないと何も伝わらない。まさにこの映画がそう。

作中には様々な陰謀論の話が出てきますけど、「知ってるよね? わかるよね?」ではダメなんですね。エイリアンに拉致され何かを埋め込まれたのならその脚本をどのような演出に繋げるか、演出して何を伝えるかがなければそれは何も表現していないのと同じ。

この作品は表現の域に達していないです。


















共通テーマ:映画

「パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画」(2011年作品)感想 [映画]

ジル・スプレカー監督によるコメディ映画。主演はグレッグ・キニア。

保険セールスマンのミッキーは金にルーズでいつも金欠だった。彼は保険契約で知り合った老人が高価なヴァイオリンを所持していると知るとそれを偽物とすり替えて一儲けしてやろうと考えた。

所有者はボケ老人だったので安心していたのに次々に殺人事件が起きてしまい、怖ろしくなったミッキーはヴァイオリンを捨ててこの問題から遠ざかろうとした。

しかしおかしなことに事件は彼を離してくれず、彼は巻き込まれた状態でどんどん深入りしていく。保険業の仕事も疎かになってきて事件に振り回されてしまうばかりだった。

実はすべてヴァイオリンを所持しているというボケ老人がミッキーをはめるために練った計画で、登場人物は全部グルだった。ミッキーはそうと知らず道化を演じ、信じていた高価なヴァイオリンも偽の鑑定によるものでただの安物だった。

その事実を話すミッキーは、南へ逃れて不動産仲介業を営んでいるのだった。

という話。全部グルだったというオチはそれまでの出来事から詐欺を類推させてはいけないものだが、この映画は巧みに全貌を隠してあり、終盤で一気に種明かしがされてなかなか痛快であった。

ミッキーの周囲にいる人間も全部グルだったというオチにしたことで、真実なのかホラ話なのかわからなくしてあるのもいい。アメリカはこうしたよく出来たホラ話が大好きだから、全部ミッキーの作り話ということでもいいはずだ。

昨日感想を書いた「二流小説家」の日本版映画は登場した瞬間に全部バレていたのに、こちらは巧みに隠してある。なぜこんなに差がつくのか、配役や役者の演技力も含めてもう少し考えないと、邦画の凋落は止まらない。















共通テーマ:映画

「ウルトラマンタロウ」(1973年作品)第34話 感想 [アニメ/特撮]

第34話「ウルトラ6兄弟最後の日!」監督:真船禎、脚本:佐々木守。

300.jpg


怪獣:テンペラー星人

正直あまり良くなかったな。脳内補正で面白いと思い込んでいただけだったか。

普通の回の方がよく出来ている。もっと親子の情愛とか兄弟愛とかが描かれていた印象だったが。















共通テーマ:映画

「ウルトラマンタロウ」(1973年作品)第33話 感想 [アニメ/特撮]

第33話「ウルトラの国 大爆発5秒前!」監督:真船禎、脚本:佐々木守。

300.jpg


怪獣:テンペラー星人

子供のころ大好きだった回だが、いま視聴してみると内容がなくてそんなに面白いわけじゃない。

子供だったのでウルトラ6兄弟が勢揃いしてワクワクしただけなのだろう。大人になって脚本や映像に興味が出てくるとそれほどではないな。展開はエースっぽくて悪くはない。

極悪宇宙人テンペラー星人の初登場回。「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」や「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」にも登場する。

実はいま「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」が観たくて動画配信してないか探しているところ。アマゾンって「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」はなぜかないよな。


S.H.フィギュアーツ ウルトラマンタロウ 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ ウルトラマンタロウ 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ULTRA-ACT ウルトラマンタロウ

ULTRA-ACT ウルトラマンタロウ

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ウルトラマンタロウ コンドル1 (1/100スケール ABS製塗装済み完成品)

ウルトラマンタロウ コンドル1 (1/100スケール ABS製塗装済み完成品)

  • 出版社/メーカー: ピーエムオフィスエー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



アルティメットルミナス ウルトラマン05 [1.ウルトラマンタロウ](単品)

アルティメットルミナス ウルトラマン05 [1.ウルトラマンタロウ](単品)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ウルトラマン ウルトラBIGソフビ ウルトラマンタロウ

ウルトラマン ウルトラBIGソフビ ウルトラマンタロウ

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー




共通テーマ:映画

「ウルトラマンタロウ」(1973年作品)第32話 感想 [アニメ/特撮]

第32話「木枯らし怪獣!風の又三郎」監督:筧正典、脚本:阿井文瓶。

300.jpg


怪獣:グロン

この回の良い点は怪獣を台風にしたこと。台風は毎年のように大きな被害を出すものなのでZATとタロウがぬっ殺しても文句は言われない。

そもそもゴジラの時代から怪獣は厄災のメタファーであって、自然界に存在する生物という設定は、劇の中でリアリティを構築するための手段に過ぎない。だから「怪獣を殺すのはかわいそう」「残酷だ」との批判は、劇中で怪獣に仮託した厄災のイメージが弱いから起こる現象に過ぎないのだ。

「竜巻の中に見える巨大な目」を持った怪獣グロンと謎の少年ドンちゃんとで織りなす物語は秀作といっていい。

ウルトラマンシリーズの中で倒すべき怪獣と助けるべき怪獣、そして救済すべき怪獣の線引きをしておくことは、必ず将来の特撮界にとってプラスになる批評行為だと思う。





ナガオ 燕三条 ステンレス ディナーカトラリーセット 10pcs

ナガオ 燕三条 ステンレス ディナーカトラリーセット 10pcs

  • 出版社/メーカー: ナガオ(Nagao)
  • メディア: ホーム&キッチン



パール金属 ステンレス カトラリー 10本 セット スプーン フォーク ナイフ ルパ B-5353

パール金属 ステンレス カトラリー 10本 セット スプーン フォーク ナイフ ルパ B-5353

  • 出版社/メーカー: パール金属(PEARL METAL)
  • メディア: ホーム&キッチン



サントラル 金彩 25pcディナーセット 5-07725-300

サントラル 金彩 25pcディナーセット 5-07725-300

  • 出版社/メーカー: ラッキーウッド
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「ウルトラマンタロウ」(1973年作品)第31話 感想 [アニメ/特撮]

第31話「あぶない!嘘つき毒きのこ」監督:筧正典、脚本:大原清秀。

300.jpg


怪獣:マシュラ、キノコ人間

これはいい脚本。

苦手な理科で80点を取って意気揚々と家に帰ってきた大介くん。でも両親は共働きでかぎっ子の大介くんを褒めてくれる人はいない。近所の公園でひとりぼっちで母親を待っていた大介くんに声をかけたZATの東光太郎はそんな彼を憐れんで開発中の植物トランシーバーを貸してあげた。

地中から苦しげな声が聞こえてきて、自分はキノコだが干からびそうだ、水をくれというので大介はキノコを助けてやった。キノコはお礼に自分を食べていいというが、大介は遠慮した。ところが街の不良に絡まれて植物トランシーバーを返してもらうためにキノコを食べてしまった。

すると大介はキノコになってしまった。

キノコになった大介は団地の浄水場に潜み、水を汚染した。すると今度は団地中の人間がキノコになってしまった。ZATもまたキノコになってしまった。タロウに変身した光太郎はキノコから水分を奪って干からびさせた。するとお化けキノコは滅び、そのあとにはマツタケがたくさん生えてきた。

まずキノコという普段食べているものを怪獣化したことで遠慮なくタロウが倒せる。しかも犠牲者が子供である。

次に植物トランシーバーのアイデアが面白い。こうしたガシェットを出すことでZATの先進性が表現できる。

キノコ人間のビジュアルが面白い。人間がキノコになるという不気味さと、それが水によって汚染拡大していく恐怖がありつつもどこかコミカルで子供向け。

キノコ怪獣を倒した後にマツタケが生えてくることでご褒美になっている。頑張って点数を取ってもだれも褒めてくれない大介くんの話なので最後にご褒美がある展開が救いになっている。

派手な回ではないし、人気怪獣も出てこないけども、未来的ガシェットが物語を展開していく正統派のSFでもある。子供向けの脚本の定石を踏んでいる。

個人的に好みの逸話であった。


オール・ザット・ウルトラマンタロウ (NEKO MOOK)

オール・ザット・ウルトラマンタロウ (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2016/07/14
  • メディア: ムック



ウルトラ特撮PERFECT MOOK vol.0 ウルトラ&円谷プロ特撮 総選挙 (講談社シリーズMOOK)

ウルトラ特撮PERFECT MOOK vol.0 ウルトラ&円谷プロ特撮 総選挙 (講談社シリーズMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: ムック



ウルトラマン大図鑑デラックス

ウルトラマン大図鑑デラックス

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2016/07/11
  • メディア: 大型本






ウルトラマンSTORY 0 コミック 1-16巻セット (マガジンZコミックス)

ウルトラマンSTORY 0 コミック 1-16巻セット (マガジンZコミックス)

  • 作者: 真船 一雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/10/23
  • メディア: コミック




共通テーマ:映画

「Harumi's Kitchen」第10回 感想 [ドキュメンタリー]

第10回は和の調理道具。

調理器具の紹介で、料理はなし。寿司を食っただけ。なんかこう、面白い料理番組ってどこかにおいてないのかな。店で食うのじゃなくて、土井勝「きょうの料理」とかキューピー3分クッキングみたいなの。

料理番組ってアーカイブに置いておける配信向きだと思うけどね。


栗原はるみ 万能鍋 マスタード

栗原はるみ 万能鍋 マスタード

  • 出版社/メーカー: 株式会社ゆとりの空間
  • メディア:



栗原はるみ カゴBOX (小)

栗原はるみ カゴBOX (小)

  • 出版社/メーカー: 株式会社 ゆとりの空間
  • メディア: ホーム&キッチン



栗原はるみ ミニおろし (リーフ) HK10242

栗原はるみ ミニおろし (リーフ) HK10242

  • 出版社/メーカー: ヨシカワ
  • メディア: ホーム&キッチン



栗原はるみ 深型フライパン 24cm ネイビー

栗原はるみ 深型フライパン 24cm ネイビー

  • 出版社/メーカー: 株式会社ゆとりの空間
  • メディア: ホーム&キッチン



栗原はるみ IH対応ダブルフライヤー 16cm

栗原はるみ IH対応ダブルフライヤー 16cm

  • 出版社/メーカー: 株式会社ゆとりの空間
  • メディア:




共通テーマ:映画

「最先端バトル ドラゴンゲート!!」#23 [プロレス・格闘技]

オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合、PAC vs ドラゴン・キッドの一戦。

200.jpg


さすがキッド。引き出しが多い。小さい身体ですごいよ。でも膝がかなり悪そう。これだけ跳ぶ選手だと膝が壊れるよなぁ。

いやー、これはいい試合だった。感動したわ。

PACとこれだけの試合ができる選手ってそうはいないよな。キッドとPACは名勝負が多い。

ドラゴンゲート初心者は#23から見るのがおすすめ。後半にマシン軍団の動向が出てくる。


ニーナニーロ ディナー28P 151-828

ニーナニーロ ディナー28P 151-828

  • 出版社/メーカー: 東亜金属
  • メディア: ホーム&キッチン



FlyingColors Laguiole ステンレス製食器 (24-ステンレス鋼)

FlyingColors Laguiole ステンレス製食器 (24-ステンレス鋼)

  • 出版社/メーカー: FlyingColors
  • メディア:



サントラル 金彩 25pcディナーセット 5-07725-300

サントラル 金彩 25pcディナーセット 5-07725-300

  • 出版社/メーカー: ラッキーウッド
  • メディア: ホーム&キッチン



パール金属 ステンレス カトラリー 10本 セット スプーン フォーク ナイフ ルパ B-5353

パール金属 ステンレス カトラリー 10本 セット スプーン フォーク ナイフ ルパ B-5353

  • 出版社/メーカー: パール金属(PEARL METAL)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

大村秀章と愛知県民 パヨク利益供与のために芸術祭を利用他 [日記]