So-net無料ブログ作成

「機動戦士Ζガンダム」(1985年作品)第24話 感想(反撃) [アニメ/特撮]

フォン・ブラウン市がティターンズに制圧された中で、クワトロが政治家として地球に降りてしまう。

002.jpg


地球連邦は軍の指揮権をティターンズに渡す方向に傾いていた。文民統制の放棄に呆れるシャアは政治家たちの宇宙移民を否決覚悟で提案しようと目論んだ。ところがその夜、共に地球へ降りたブレックス准将がティターンズに暗殺されてしまった。ブレックスは、クワトロに君がエゥーゴの指揮を執れと言い残して死んだ。彼はクワトロがシャア・アズナブルだと知っていた。

対案を提出できなかったスペースノイド側は目の前で地球連邦軍の指揮権がティターンズに委譲されるのを黙って見ているしかなかった。

第24話のカミーユくん

①スパイとしてフォン・ブラウン市に潜入するも一瞬でジェリドに見つかる。

2クールくらい終わったところで、カミーユが担っていたウザさをカツとファが代行するようになる。でも女絡みの話題になるとまだまだカミーユもウザい。

カミーユはフォン・ブラウン市を制圧したティターンズ側のモビルスーツの戦力を知るために潜入したのだが、その部分よりも地球に降りたクワトロの方が面白い。

公式のことは詳しくないが、アニメを観る限り、Zガンダムの物語が始まる前に、1年戦争の厭戦気分から地球連邦の政治家の間でジオン公国が発生した原因を自らに求める機運があり、それらリベラル派が政治的に優位な状況があったはずなのだ。

地球連邦リベラル派はジオン・ズム・ダイクンとザビ家独裁を切り離してスペースノイドの言い分を聞きながら懐柔策をもって戦後処理に当たるべきと主張して選挙に勝った。戦争に勝利した連邦政府は相手を思いやる余裕があったのだろう。

ところがそれらリベラル派がスペースノイドの支援を受けて連続当選したことで地球圏の保守派が鬱積を募らせることになった。彼らは落選中に地球資源の枯渇状況などを訴えながら保守反動を束ねる政治活動に集中し、それに呼応する形で軍の内部においてアースノイド優位を唱えるティターンズの母体が結成された。それがスペースノイドを刺激してエゥーゴが生まれた。

この状況下で連邦政府内のリベラル派は旗色が悪くなり、スペースノイドがまたザビ家のようなことをエゥーゴを使ってするというのなら、それに対抗する必要があると認めてしまうことになった。法律で軍を縛っていては機動的な軍組織の運用の妨げになるというので、軍の指揮権をティターンズに委ねる決定をした。

ところが宇宙における保守勢力の一部はザビ家復興こそが真の保守勢力だと思っており、キャスバル・レム・ダイクンとしてはザビ家復興を抑え込みながら連邦政府内のリベラル勢力の復活に期待をかけている。第24話の政治状況はこんな感じなのだろう。いや、オレは公式のことはよく知らん。公式なんて別にどうでもいいんだ。サンライズの社員だろ?

おそらくはこんな感じだが、軍の統帥権を譲渡されたティターンズに逆らう政治家は現れず、ザビ家はミネバを中心に復興されていく。

そうなんだよ。政治家がいないんだ。政治を描きながら政治家が登場しないのがZガンダムなんだな。なぜそうなったかといえば、シャアに何もかも背負わせてしまったから。

何度も書くが、「ガンダム Gのレコンギスタ」のアイーダ、ベルリ姉弟はシャアを分解したキャラクターで、政治面をアイーダが、軍事面をベルリが担っている。父の跡を継いで政治家の道を歩み始めたアイーダと、各地を放浪しながら正しさの形を求めていくベルリのふたりの物語はあそこで終わりではない。GレコにはZガンダムに相当する続編があってもおかしくはないのだ。

なぜ誰もこのことを指摘しないのだろうか? 昔一緒にファーストガンダムを観て熱く議論し合っていた連中はどこへ行ってしまったのか?

「機動戦士Ζガンダム」では不完全にしか描かれなかった政治面が、アイーダという真の政治家を得て、そしてアイーダのライバルとしてクリムというキャラもいるのに、誰も構想しないとは情けない。

富野が「誰かやりたい人がいたらGレコの続編をやって」みたいな話をしていたのは、おそらく「ガンダム Gのレコンギスタ」にファーストガンダムを透かし観たごく少数の人間が、Gレコ版Zガンダムを作ってくれって話だと思うぞ。

ということもおいおい書きながら、残りの感想に盛り込んでいきたい。


RG 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)

RG 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



MG 1/100 MSZ-006 ゼータガンダム Ver.2.0 (機動戦士Zガンダム)

MG 1/100 MSZ-006 ゼータガンダム Ver.2.0 (機動戦士Zガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ROBOT魂 機動戦士Ζガンダム [SIDE MS] Zガンダム 約135mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ROBOT魂 機動戦士Ζガンダム [SIDE MS] Zガンダム 約135mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



PG 1/60 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)

PG 1/60 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー




共通テーマ:アニメ

「どろろと百鬼丸」(1969年作品)第3話(万代の巻・その一)感想 [アニメ/特撮]

旧作の「どろろ」は第14話以降「どろろと百鬼丸」と改題されている。この感想は2019年冬アニメの新作「どろろ」と区別するために、改題された方のタイトルで書いています。

111.jpg


日本の出版界に吹き荒れた言葉狩りの影響で永らく再放送がかからなかった「どろろ」も、出版社の地道な努力により作品意図に差別が含まれない限り、旧作においては世に出せることになった。配信時代となってもそれは引き継がれ、「どろろ」旧作もこうして陽の目を見ている。

出版業界ほど戦わず、むしろ左翼と一緒になって言葉狩りを推し進めてきた放送業界は、こうした作品を相変わらず放送できないし、するつもりもない。そのくせ大人が中学生とセックスするドラマは流すのだ。不倫を奨励し、女子高生を犯し、男子中学生を犯すのが放送業界だ。異常者だよな。

放送業界は異常である。

手塚治虫の「どろろ」のアニメがあるという話は知っていたが、なにせ古い作品なのでほとんど観たことはなかった。しかも再放送が掛からないのである。一時は幻の作品と呼ばれていたものだ。配信時代は失われつつあった旧作を簡単に目にすることが出来る。

この日をどれだけ待ち望んだことか。言葉狩りなどただの左翼利権でしかなかったからな。まるで意味がなかった。しかも当の左翼ほどエリート主義に凝り固まった差別主義者はいないのだから、80年代から00年代までの出版業界は暗黒だったわ。地道に戦っては来たけども。

漫画は既読。嫁も学校の図書館で読んだらしい。その不気味な設定から絶大なインパクトがあった作品で、こうしてGyao!でみつけるなりせっかくだから視聴しようということになっているわけだ。

差別用語などはどうでもいいが、現代でぶるっと震えてしまう怖ろしさは、コソ泥のどろろという見た目が幼児に対して暴力が振るわれることだ。

さすがに殺すところまではいかないものの、小さなどろろが大人に捕まり、持ち前の聞かん気で決して謝らず、殴られ放題になる描写は、時代にそぐわないということではなく、時代が忘れてしまった前時代の感覚を呼び起こし、表現というものの在り方をもう一度考え直すきっかけを与えてくれる。

戦災孤児で死体荒らしや泥棒をやって生き延びてきたどろろは、誰に対しても謝らない。殴られようが蹴られようが謝らず、足腰が立たなくなるまで殴られて、地面に伸びても負けを認めず、ひたすら相手を挑発する。どろろは負けを認めたら飢えて死んでしまうのである。

この強さこそが、どろろの魅力だ。誰の力も借りず、独力で運命を切り拓く少年の姿がいとおしい。

こういう表現に接してきたオレは、昨今流行の、弱者に寄り添うといった世迷い事が嫌いだ。健常者で、一般家庭で育った連中が、己の正当性を世の中にアピールするために弱者はいるのではない。一体何様のつもりなのかと言いたい。

人間なんていくらでも強くなれるのに、大した努力もしていないくせに自分を強者と見做し、弱者に生まれなかった幸運を密かに喜びながら、弱者を見つけるなり鼻を鳴らしてすり寄ってくる奴らの心根が大嫌いだ。どろろならそんな心の腐った連中から金を盗んで、腹いっぱいご飯を喰うだろうなと想像するだけでスッキリと心が晴れるというものだ。

殴られても殴られても謝らないどろろの強さが好きだ。


どろろ  コミック 全4巻  完結セット

どろろ コミック 全4巻 完結セット

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: コミック






(ライズオンフリーク)RISEONFLEEK レディース ファー ニット ジャケット コート アウター 秋 冬 防寒 FO-13

(ライズオンフリーク)RISEONFLEEK レディース ファー ニット ジャケット コート アウター 秋 冬 防寒 FO-13

  • 出版社/メーカー: RiseMarket(ライズマーケット)
  • メディア: ウェア&シューズ







共通テーマ:アニメ

「MASTERキートン」(1998年作品)第38話 感想(狩人の季節・前編) [アニメ/特撮]

アフガニスタンからヘロインを密輸していたスパローという元軍人が、SAS最強と言われるジェームズ・ウルフ曹長に殺された。

006.jpg


ジェームズ・ウルフはスパローを殺した後に、行きずりの女を助けていた。女は売春婦で、脚を洗おうとしていたところを組織の男たちに見つかって連れ戻されようとしていた。ウルフは得意のナイフで男をあっという間に仕留めた。

ウルフはその女とホテルに泊まった。女はコカインの常習者でウルフにも勧めてきたが、彼は麻薬を嫌悪している人物であった。クレアという女はウルフの関心を買い、彼は女のために組織に30万ポンドで身請けすると申し出た。

そこに辿り着くまでに、ウルフは多くの組織の人間をナイフで傷つけていた。ボスは30万ポンドでは足らないとはねのけたが、ウルフはその金を置いて部屋から出て行ってしまった。

とても警察の手に負える人間ではなかった。そこで軍はアドバイザーとして保険のオプをやっていたキートンに白羽の矢を立てた。ウルフはキートンのSAS時代の上官だった。

軍はウルフについて調べ上げていた。それによると、彼と殺されたスパアローは除隊後にコカインの密輸に手を染めていたのだった。英国の密輸組織には上流階級の協力者がいる。スパローに協力していたのは、スワン卿であった。スパローとスワン卿はウルフをコルシカマフィアに差し出して手打ちをしようと画策し、逆にウルフに殺されたのだった。

次に狙われているのはスワン卿であった。キートンと警察は彼の家に赴き、警告をしたが、すでにスワン卿は準備万端整えていた。キートンはスワン卿の邸宅の茂みの中に姿を消してしまった。そのすぐあと、ウルフに組織をメチャクチャにされたレオ・ハニハがクレアの情報をもってスワン卿を訪ねてきた。クレアがウルフの弱点だと売り込みに来たのだ。

ウルフが必ずスワン卿の邸宅にやってくると踏んだキートンは、屋敷の木に登ってSASにしかわからないメッセージを残した。ウルフはそれを見て、敵にキートンがいると知った。

という話。年内に終わらなかった。この「狩人の季節」は特に作画がすごい。最終回に向けて気合が入ってる感じだ。












共通テーマ:アニメ

「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち 2018」感想 [ドキュメンタリー]

今年もついつい観てしまった「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち 2018」。年の瀬にこの世知辛い番組を観るのが楽しみになっている。

密着されたのはソフトバンクを戦力外になった城所龍磨、ヤクルトの古野正人など。どちらも奥さんが美人。古野正人は阪神タイガースにバッティングピッチャーとして契約することとなり、城所龍磨は球団傘下の少年野球チームの指導者になることに。

城所は中京高校時代に甲子園で見たことあるわ。もうちょっと打てればなぁ。中日が狙っていて取り損なった地元選手じゃなかったかな? 中日はそんなのばっかり。

もうひとり、独立リーグの塚田貴之はトライアウトでストライクが入らず、NPB復帰ならず。来年も独立リーグでプレーすることになった。

チームが16球団あれば現役続行可能な選手も増えるのに、野球は警察官僚の天下り先になっているから現在チームを持ってるオーナーの言いなり。なかなか改革が進まない。

16球団だとなんでダメなんだろうか?


HGUC 機動戦士ガンダムNT ナラティブガンダム C装備 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HGUC 機動戦士ガンダムNT ナラティブガンダム C装備 1/144スケール 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



HGUC 機動戦士ガンダムUC グスタフ・カール (ユニコーンVer.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HGUC 機動戦士ガンダムUC グスタフ・カール (ユニコーンVer.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード (機動戦士ガンダムUC)

HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード (機動戦士ガンダムUC)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



HGBD ガンダムビルドダイバーズ GBN-ベースガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HGBD ガンダムビルドダイバーズ GBN-ベースガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー




共通テーマ:アニメ

「機動戦士Ζガンダム」(1985年作品)第23話 感想(ムーン・アタック) [アニメ/特撮]

Zガンダムって不細工だよな。たしかニュータイプの表紙になって「馬面だな」って思った記憶。

002.jpg


ガンダムっぽくなくてガッカリしたのは、オレがファースト世代だからで、そうじゃない世代は別に普通なのだろう。エルガイムの影響もあるから、世代でこの機体の評価はかなり違うはず。

第23話のカミーユくん

①キープしているだけのファが邪魔になってくる。

②香港で仕込んだエロビデオを配りまくる。

③シロッコに過剰反応してしまう。

第23話でティターンズがフォン・ブラウン市を制圧する。シロッコの作戦を読み違えたエゥーゴはいったん引き上げて次の作戦を待つことになった。

ファーストでアムロ、カイ、ハヤトの3人がそれぞれの理由で戦っていたのと比べて、Zはファにしろカツにしろ功名心が勝ちすぎている。こういうところもうちら世代には不評だったところだろう。不評といっても「納得できないなあ」くらいの不満でしかなく、いまのアンチとはかなり違う。

オレなんか、当時の感覚で「ここは納得できない」と書いてしまうのだが、ネットばっかりやって当時のアニメファンのやり取りを知らない連中はアンチだと思って絡んでくるんだよな。これが本当に面倒でウザいんだわ。オレは昔のアニメファンのしょーもないやり取りが好きなので、アンチだの信者だのはバカ同士で勝手にやってくれと。知らんよ。

放送が終わったころは引っ越し準備に忙しく、もう録画もしてなかった。もう2年遅く生まれていたら、「機動戦士Ζガンダム」で仲間とめっちゃ盛り上がっただろうに、なんか残念だわ。

「太陽の牙ダグラム」と「装甲騎兵ボトムズ」までが青春だった。懐かしいのう(老人)


5PRO ATM-09-ST スコープドッグ 全高約104mm 塗装済み 可動フィギュア

5PRO ATM-09-ST スコープドッグ 全高約104mm 塗装済み 可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: メディコム・トイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ レッドショルダーカスタム

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ レッドショルダーカスタム

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー






装甲騎兵ボトムズ 1/20 ブルーティッシュドッグ

装甲騎兵ボトムズ 1/20 ブルーティッシュドッグ

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー






装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版)

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー







共通テーマ:アニメ

年末寒波 [日記]

大掃除の時期に雪かきまでさせられるというね。

大掃除は終わった。来年分の柿酢も仕込んだ。買い物も終わった。あとは大晦日の寿司と蕎麦の手配だけ。雪で出前は不可だそうだから・・・、どうすっかな。

疲れた疲れた。







(ライズオンフリーク)RISEONFLEEK レディース ファー ニット ジャケット コート アウター 秋 冬 防寒 FO-13

(ライズオンフリーク)RISEONFLEEK レディース ファー ニット ジャケット コート アウター 秋 冬 防寒 FO-13

  • 出版社/メーカー: RiseMarket(ライズマーケット)
  • メディア: ウェア&シューズ













共通テーマ:アニメ

「どろろと百鬼丸」(1969年作品)第2話( 百鬼丸の巻・その二)感想 [アニメ/特撮]

ほぼ紙芝居のようなアニメだが、これが面白い。未完なのが残念だ。

111.jpg


戦災孤児のどろろと、天下を取るために親に身体を売られた百鬼丸との絡みまで話が進まなかったのが本当に悔やまれる作品だ。

ところがどうもアニメは一応全部魔物を倒しているようだ。そうだったっけ? おそらく倒しただけで終わってるのだろう。そうじゃないんだな。もつれる因果が最後にどうなったのか、手塚的なラストが見たいのだ。新作アニメで挑戦してくれるだろうか? ちょっと楽しみになってきた。

新作と並行して、一応こちらも全部観てみることにした。


[シュバリアン] シンプル 着痩せ 長袖 ワンピース

[シュバリアン] シンプル 着痩せ 長袖 ワンピース

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ













共通テーマ:アニメ

「どろろと百鬼丸」(1969年作品)第1話(百鬼丸の巻・その一) 感想 [アニメ/特撮]

旧作の「どろろ」がGyao!に置いてあったので視聴。冬アニメで新作が始まる予定だ。

111.jpg


当時すでになくなりかけていた白黒作品。内容が強烈であるため、カラーでは子供たちがドン引きするのではないかとの配慮から制作側から提案された。

旧作の「どろろ」は、2クール目14話からはギャグアニメになっている。「どろろと百鬼丸」と改題されたのも14話からだ。そこから先の内容は正直酷い。作るのが精一杯になっている。のちにリアルロボット系の大家となる高橋良輔などが必死に間に合わせて作り続けただけの作品だ。

これは低視聴率に悩んだ手塚自身が決めたことなので仕方がないが、漫画も途中で打ち切りのようになっており、それが続編などを生み出していく結果に繋がっている。そうはいっても、不完全な続編ばかりなのが玉に瑕で、完全な形で、つまり手塚さえ投げ出した百鬼丸がすべての欠損部位を集め切るところまでオリジナルでやってくれる作家の登場が望まれるところだ。

古い作品でどうかと思ったが、意外に楽しめた。主題歌を歌っているのは先ごろ亡くなられた声優の藤田淑子さんだ。


どろろ  コミック 全4巻  完結セット

どろろ コミック 全4巻 完結セット

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: コミック



どろろ全3巻完結(文庫版) [マーケットプレイス コミックセット]

どろろ全3巻完結(文庫版) [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • メディア: コミック



どろろ 上―アンコール出版 妖怪変化の巻 (秋田トップコミックスW)

どろろ 上―アンコール出版 妖怪変化の巻 (秋田トップコミックスW)

  • 作者: 手 治虫
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2018/12/13
  • メディア: コミック




共通テーマ:アニメ

「機動戦士Ζガンダム」(1985年作品)第22話 感想(シロッコの眼) [アニメ/特撮]

NHKで宮崎駿と富野由悠季の特集が組まれたことがあるって話は前に書いたが、そのときにNHKの女子アナが富野の発言を受けて「富野さんの子供にウソをつかないという言葉が印象に残りました」なんてコメントしたんだよ。あれが呪いとなって富野を縛ったんじゃないかね?

002.jpg


同番組で宮崎駿はごにょごにょよくわからんことしか言えなかったんだわ。富野は「子供にウソをつくことはしたくない」みたいなことをキッパリ喋ったから、NHKの美人女子アナはその発言をコメントに使った。美人が自分に注目したことで、富野は子供にウソがつけなくなった。

第22話のカミーユくん

①ファにしつこく付きまとう。

②ファとじゃれ合いながらフォーとのキスを思い出す。

③女が気になってしょうがないのをエマに見透かされる。

第22話は新米パイロット3人が敵味方に分かれて同じ戦場で戦うややこしい状況と、レコアさんがメタスを運んできた話の組み合わせ。基本線はレコアの合流なのだろうが、面白いのは新米パイロットの動き。これが予想外に戦場をかき乱して予測不能状態を作り上げている。

こういう脚本もいいね。Zガンダムは本当にいろいろやっている。

シロッコの描写には正直苦労していると見た。シロッコは自己評価が高く、それを他人にも持たせようと苦心惨憺しているキャラだった気がする。気がするというのは、実はあまり記憶にない。Zガンダムはバスク・オム、パプテマス・シロッコともに重要人物のわりに印象薄だった。後半になって突然出てくるハマーン・カーンの方が目立っていた・・・はず。いや、他の人の印象はわからない。

アースノイドの保守反動であるバスク・オムと、スペースノイドの過激派パプテマス・シロッコを対峙させる発想は面白かったけどね。どっちも小物だったからなぁ。

「子供に対してウソをつきたくない」という暗示を自分にかけてしまい、子供だから教育的なウソをついてもいいのだという当たり前のことを忘れてドツボに嵌っていった内容だったと思う。その身動きがとりづらい中で、これだけダイナミックに物語を動かせる力技に感服するわ。


HGUC 1/144 MSA-005 メタス (機動戦士Zガンダム)

HGUC 1/144 MSA-005 メタス (機動戦士Zガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



1/144 メタス(機動戦士Zガンダム)

1/144 メタス(機動戦士Zガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



HG 機動戦士ガンダム MSセレクション15 メタス カプセル・ガシャポン

HG 機動戦士ガンダム MSセレクション15 メタス カプセル・ガシャポン

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ガンダムコレクションNEO1 メタスMA形態 《ブラインドボックス》

ガンダムコレクションNEO1 メタスMA形態 《ブラインドボックス》

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



SDガンダムフルカラー ステージ8 45.MSA-005 メタス

SDガンダムフルカラー ステージ8 45.MSA-005 メタス

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア:



MS IN ACTION メタス&メガバズーカランチャー

MS IN ACTION メタス&メガバズーカランチャー

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー




共通テーマ:アニメ

「機動戦士Ζガンダム」(1985年作品)第21話 感想(ゼータの鼓動) [アニメ/特撮]

初見時、アムロ退場とともにいったん視聴を打ち切ってるからここからの印象が薄いwww

002.jpg


第21話でZガンダムが初登場なんだな。Zガンダムという機体自体あまり思い入れがないのは、初見のときに観てないからだ。markⅡの方が思い出深いのはこのためだったわけか。

第21話のカミーユくん

①すっかりベテラン気取りでトーレスを蔑む。

②トーレスをひっぱたき、それが元で乱闘騒ぎになる。

③完全に増長しているのをクルーに見透かされ、本人だけが気づかない。

④エロビデオを餌に仲直りを謀る。

⑤回線を切ってからエマに毒づく。

⑥ファに「会いたかった」とぬけぬけとぬかす。母ちゃんみたいで嫌いじゃなかったのか。

Zガンダム登場。「聖戦士ダンバイン」のビルバイン登場のときと同じパターンだが、主役機の交代としてはかなり面白い作りだ。そこにファの存在を絡めている。markⅡはエマが乗るようになるのか?

あまり記憶にないという。

シロッコの血判のシーンも、観たはずなのに記憶にない。マリンハイザックは知っているのになあ。やはり高校生のころに視聴するのと、大人になってから視聴するのはイメージの残り方が全然違う。子供の頃に勉強しなきゃいけないのはこういうことだなって。

少年期は必死に乱読しなきゃいけない時期だ。アニメは、1度離れないとダメだよな。

我が身を振り返ると、小5でジャンプを卒業して、小6でヒーローを卒業して、中1で少年漫画を卒業して古典文学全集に取り組み、高1からアニメの視聴を再開、高2で少女漫画を卒業、高3夏でアニメを卒業、以後主に趣味は読書、映画・舞台鑑賞。こんな感じだったもんな。

途中で離れたからこうして過去作を楽しめるわけだし。ずっとアニメばっかり観てるとバカになるだろ?

去年田舎に移住してきてから病気療養も兼ねて死ぬほどアニメを観ているが、普通に映画の方が面白い。映画を凌ぐほど面白いアニメもあるにはあるが、そんなの数えるほど。

ウチみたいな辛辣毒舌の個人サイトがあるせいか最近「アニメなら何を見ても面白い」って意地張ってる奴がたまにいるけど、つまらんアニメなんかすぐ切って映画を観た方が有意義だっていうの。どちらにしても普通の人は仕事と子育てでアニメなんか観てる暇はないんだけどね。

20年もアニメ断ちをすると、観るべき名作がたくさん溜まっていて、「オレももうお終いか。死ぬっきゃないのか」なんて落ち込んでも、「いや待て。死ぬ前に仕事している間に観られなかったアニメの名作を片っ端から観てやろう」となって逆に気力が充実したりするのに。


1/144 ガブスレー(機動戦士Zガンダム)

1/144 ガブスレー(機動戦士Zガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



1/220 メッサーラ(機動戦士Zガンダム)(機動戦士Zガンダム)

1/220 メッサーラ(機動戦士Zガンダム)(機動戦士Zガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



U.C.カードビルダー/第1弾/GCB01-ME-009 メッサーラ SR

U.C.カードビルダー/第1弾/GCB01-ME-009 メッサーラ SR

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



FW アルティメットオペレーションプラス1 PMX-000 メッサーラ 《食玩》

FW アルティメットオペレーションプラス1 PMX-000 メッサーラ 《食玩》

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



HG PMX-000 MESSALA メッサーラ デカール水転写式 「並行輸入品」

HG PMX-000 MESSALA メッサーラ デカール水転写式 「並行輸入品」

  • 出版社/メーカー: ロボットクラブ
  • メディア:



SDガンダムフルカラー ステージ12 66.PMX-000 メッサーラ

SDガンダムフルカラー ステージ12 66.PMX-000 メッサーラ

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア:




共通テーマ:アニメ