So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ウルトラQ」(1966年作品)第1話 感想 [アニメ/特撮]

第1話「ゴメスを倒せ!」脚本:千束北男

002.jpg


新しい方のシリーズは未視聴なのでいつか配信に加わったら見たいと思っている。

<あらすじ>

トンネル工事中に見つかった巨大な卵。発見した男の謎の発狂。新聞記者江戸川由利子は「トンネルの中にトンネルが」との謎の言葉の意味を探るために万城目淳、戸川一平らとともにヘリで現地へと向かった。

しかしいっこうに手掛かりが掴めない。そこで江戸川由利子と万城目淳はトンネルの中へと入ってみることにした。残された戸川一平初めて、現地で知り合った新聞記者と現場主任の息子とともにこの地に伝わる伝承を訪ねてある寺へと向かう。

彼らがそこで眼にしたのは、怪獣ゴメスが現れるとき怪鳥リトラが生まれてこれを倒すという言い伝えを記した文書であった。巨大な卵がリトラのものだと考えた少年はそれを大人たちに訴えてみるが誰も信用しない。ところがそのとき江戸川由利子と万城目淳はトンネルの中でゴメスと遭遇して閉じ込められていた。少年は卵を孵そうと火を起こした。

救出された江戸川由利子と万城目淳を追ってゴメスが姿を現し、伝説の通りゴメスとリトラの壮絶な戦いが始まった。

<感想>

この作品はすべてアフレコで科白が入れられているので、とにかく聞き取りやすい。次郎少年の声も俳優が後であてているので子役の声なのに科白がはきはきしている。この当時のドラマや映画はほとんど手間のかかるアフレコでやっていた。

怪獣対怪鳥の戦いが堪能できる作品。初回に馴染みのあるゴジラ系のゴメスとラドン系のリトラを出したのは正解だったと思う。

子供たちは怪獣の姿をテレビで観ることが出来て大興奮だったろう。いま観ても楽しい。










コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「お前はまだグンマを知らない」第11話 感想(レトロ自販機) [アニメ/特撮]

グンマにはレトロ自販機店が多いという話。

004.jpg


後半の自販機店がシェルターになってる話はウソとしても、自販機店にはちょっと興味が湧いた。

昭和40年代に開発されたというのは本当で、オレが子供のころにはサービスエリア(ドライブイン)はいまほど整備されていなくて無人で自販機とトイレだけのところも多かった。

アニメの中ではうどんを食べていたようだが、うどん、蕎麦、ラーメン、ハンバーガー、ホットドッグ、フライドポテト、カップヌードル、サンドイッチ、暖かい弁当、アイス、ガム(ロッテ)、飲み物などがあった。飲み物も缶飲料だけでなく紙コップにジュースが注がれるやつもあったな。

街のゲームセンターには必ず飲食の自販機が置いてあって、いつも蕎麦を食いながらゲーム(ゼビウス)をやっていたものだ。すぐに飽きたけど。

飲食の自販機は衛生上の問題で廃れていったのだが、人手不足の昨今、もっとハイテクな自販機があってもよさそうなのにどこも開発しないよな。むかしの飲食の自販機は機械の中で調理していたから衛生上の問題が発生したのであって、いまの冷凍技術ならどんな食べ物も冷凍食品に出来るのだから、自販機内でレンチンして出せば何の問題もないのに。

冷凍ものなら商品にラップしておけばいいわけだし、ひとつの自販機でいろんな種類が売れる。作ってしばらくたった弁当よりチルド弁当の方が旨いのにな。うどんなんか昔の自販機のやつはソフト麺だろ。あんなのに比べればよほどいい。

名古屋に住んでいたとき、近くにハンバーガーの自販機がまだあったわ。

自販機店舗の復活で場末の雰囲気もついでに蘇ってくれれば、情操教育にいいってもんですよ。ちょっと影のある場所が良かったんだよな。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ツレがうつになりまして。」(2011年作品)感想 [映画]

邦画の日ということで佐々部清監督の「ツレがうつになりまして。」を視聴。原作は細川貂々。

すみません、わたくしこの原作を西原理恵子だと信じ切っておりました。視聴しながら「なんで職業が戦場カメラマンじゃないの?」とか変なことを口走って嫁が気づいたという。鴨志田穣氏はアルコール依存症でした。なんで記憶違いしてたかなぁ。父ちゃんが病気を克服して家に帰ってくるシーンは別の漫画だったのか・・・。

個人的に「鬱は甘え」と考える人間なのでこの映画合うかなぁと心配しましたが、堺雅人の演技が良くて、こういう人が落ち込んでそのまま深いところから帰ってこられなくなるのかと納得できた次第。漫画原作でもやっぱり良い映画はあるじゃないですか。大人向けだし。

鬱みたいなことってなりかけることがないわけじゃないけど、むかしっからイメージで克服するというか、暗い気分を「自分を引きずり込む黒い雲」の形に視覚化し、その中を通り過ぎれば向こう側に晴天の世界があると思い込むことでうっちゃってきたんですよね。青い空を描いたアニメの背景が好きなのも雲の向こう側の青空の世界を視覚的にイメージできるから。いつもそこに辿り着くまでジッと黒いものが通り過ぎるのを待っている。

だから鬱になる人間は、「自分を引きずり込む黒い雲」の中に隠れてしまいたい奴だと見做して「鬱は甘え」と言い続け、散々反発を買ったもんですよ、はい。もうブログも長いのでねぇ。サービスを渡り歩いておるんですわ。でも堺雅人が演じたような真面目な人は迷い込んじゃうのでしょうね。鬱っぽいものに対して対応策を持ってないとダメなんでしょう。

自己啓発本をバカにしていた人が鬱になってそういう本で救われる人もいると気づくところとか、自分なりに勉強になった映画でした。まあそう言いながらいまでもバカにしてるんですけど。なんにでも共感して他人の痛みがわかる人も、結局それを演じているだけになって重荷になっていく。どこかで他人と線を引いてここから先は一切共感しないと決めないといけないこともあるんです。

「オレはコイツのいうことにはいささかも共感できない」と線引きできないと甘ったれた奴がまとわりついてきてそれこそ鬱になるからね。善人面して誰にでも共感している奴らは信じていない。

映画はとても良かった。でもオレはこういう作品に共感する奴は嫌い(台無し)。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「エイプリルフールズ」(2015年作品)感想 [映画]

これは悪い方の邦画。まるっきり面白くない。

コメディーなのに面白くないのが致命的。寒いシーン多数。氷の世界でした。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「帝一の國」(2017年作品)感想 [映画]

永井聡監督による学園コメディー「帝一の國」を視聴。これがめちゃくちゃ面白い。

原作は読んだことないが、いかにも漫画的な大袈裟な設定を、怒鳴り合いに近い大袈裟な演技で芝居にしてあって楽しめた。

最近の邦画を観て役者の層が薄いなぁと感じることが多いが、学園ドラマは若い売り出し中の役者を多く使えるのでそうしたものを感じないところが良い。主演の菅田将暉もとても素晴らしい。テストの採点であんなに笑えるとは思わなかったよ。どの役者もとてもハマっていて違和感がないのがいい。

コメディーとして笑えるだけでなく、テンポが良いのでまるでストレスがない。最近の邦画を観るときはときどき「ここは飛ばしたいな」と感じる箇所があるものだが、ダレる箇所がないので最初から最後まで飛ばさず視聴できた。

生徒会長が代々日本の総理大臣になるという伝統校の一種異様な雰囲気をきびきびした演技で再現してあるところも気に入った。いわゆる「普通の演技」を求めず、すべてに大袈裟さを求めているのが作品の内容にマッチしていた。

ハリウッド映画の青春ものでこんな大袈裟でエキセントリックな作品はない。何十年も前から同じようなカップルが同じようにキスして退屈極まりない。青春ものは邦画の方が一日の長がある・・・というより、原作が豊富なのだろう。

漫画原作の邦画をバカにする向きもあるが、あれは完全に批評としておかしい。漫画原作がたくさんあるから日本は青春映画が得意なのであって、大人向けの映画が不作なのは、漫画以外の文芸表現が漫画に劣っているからだ。バカにするなら映画にして楽しめる内容の小説や脚本を書けない文筆家をバカにするべきである。

漫画のレベルが高いから漫画原作の映画が増える。漫画は20代ほどまでしか読まないから子供向けの内容しかない。ハリウッドなどの映画に近づけたいならまずは広義の文芸の在り方を考えないとおかしい。話の土台になるものがないのに映画ができるはずがない。実績がないからオリジナルだってやらせてもらえないのだ。良い原作ならドラマでも映画でもそこそこ当たっているはずだ。

そもそも漫画原作で大人向けの内容を撮ろうとする方がどうかしている。

学園青春映画が面白いのは、邦画の唯一の希望みたいなものだ。これを否定するのはおかしい。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「スピーシーズ 種の起源」(1995年作品)感想 [映画]

ロジャー・ドナルドソン監督による1995年のSFホラー映画。あまり怖くないホラーを希望するのでこれを選択した。これくらいなら許容範囲らしい。

90年代の技術と80年代的なストーリーながらなぜか女優のヌードで話題となり数々の続編が作られることになった。いま思えばプロデューサーが気に入った若い女の子と寝るための映画だったのかもしれない。

最近の凝った脚本と比べると単純かもしれないが、スリルある演出で画面に引き込む力はある。

この物語に登場するキメラ生物シルは、異星人から送られてきた未知のDNA情報と人間を掛け合わせたものなのだが、まず異星人がなぜDNA情報を送ってきたのか深く考えずに人間のDNAと組み合わせてしまうところが滅茶苦茶というか笑いどころ。

一方で異星人がコンタクト方法としてDNA情報を送り付けてくるアイデアは良いと思う。人類は未知の知的生命体に対して音声情報や文字情報などを送り付けているのだから、それを解読して何らかの反応が情報としてもたらされるアイデアはもっと使っても良かった。

活かしきれなかったSFのアイデアと、そこそこ頑張ったホラーのアイデア、SFXなどすべての努力が女優の裸に負けてしまったという意味では残念な映画だった。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ピアノの森」第10話 感想(1次予選始まる) [アニメ/特撮]

OPに顔を出していた人たちはショパンコンクールの出場者だったみたいだ。

011.jpg


海の前に阿字野壮介が弾いているからてっきり歴代コンクールの優勝者だと思い込んでいた。素人なんでスタニスラフ・ブーニンのときしか見たことはないですけど。ブーニンのときだけなんであんなに盛り上がったんだろう。むしろそれが不思議だ。

中国人の子のところで、明らかに阿字野のことを知ってる風だったのに異様に日本人嫌いにしてあったのは日本人だからなのかお坊ちゃんお嬢ちゃんが多いからなのか。金持ちのボンボンが嫌いってことなのだろうか。

彼のピアノが阿字野に似ていながら非常に激しい演奏になっているのは、おそらく海くんとの対比。阿字野の演奏に憧れていて、同じような苦しい境遇を経て来たのに、海くんには心の闇がない。海くんの性格の良さ、素直さが、ひねくれてしまったあの子の心を解きほぐす展開かも。

やはり素直さは神様の宝物ですからね。

あと何話あるのか知らないが、最後まで頑張ってもらいたいものだ。

作画スタッフは中国人ばっかりだったけどな。ああいうスタッフロールを見るたびにアニメもそろそろかなっていつも思うわ。NHK以外にこういう作品をアニメにしてくれる配信事業者が出てこればあんな公共放送いらなくなるんだけどなぁ。


追記。

コメントで教えてもらったんですけど、2クールらしいです。てっきりあと2話くらいで終わるんだと思ってました。

こんなギリギリ作画で2クールもやるとは!!!!!



コメント(4) 
共通テーマ:アニメ

「ウマ娘 プリティーダービー」第12話 感想(実質最終回) [アニメ/特撮]

ジャパンカップのレースシーンが良かった。

003.jpg


前半少しずつ盛り上げていって後半の熱いレースで気持ちよくエンド。もうそろそろネタも尽きているようだし終わる頃合いじゃないでしょうか。変だったのはブロワイエのマントくらい。あれはさすがに脱がせて走るべきだったのでは?

他は良かった。

最後に出てきた夢のレースみたいなやつはゲームとかで設定できるのか。ああいうのが面白そうだけどね。同じ条件で全盛期の馬を戦わせたらどれが一番速いかって話には夢があっていい。みんな自分の時代の馬を推すところが楽しいわけよ。いま競馬がどうなっているのか知らないが、あれもやらないこれもやらない、そのくせ仮想通貨みたいなものには全財産ぶち込むでは本気でスッカスカの人間になるから少しは考えて行動すべきよな。

実質これで最終回だからあとのはオマケであまり興味はない。そもそもアイドルアニメに興味がないから観るつもりのなかった作品だし。

制作の P.A. Works は夏に「天狼 Sirius the Jaeger」秋に「色づく世界の明日から」と控えているのでそちらが楽しみ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ