So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「新幹線大爆破」(1975年作品)感想 [映画]

佐藤純弥監督による1975年のノンストップパニックムービー。主役級の俳優は犯人役の高倉健、運転指令室長役の宇津井健、運転士役の千葉真一。その他にも丹波哲郎、山本圭など錚々たる俳優陣。なかにはなぜこんな端役をやらされているのかと心配になるほど有名人がズラリ勢揃いしている。

物語は小さな町工場を潰してしまった社長(高倉健)が納入先の国鉄(JR)を逆恨みして新幹線にダイナマイトを仕掛けるところから始まる。

そのダイナマイトには時速80㎞以下になると爆発するタイマーが仕掛けてあり、駅を出発してしまった新幹線は停まることも減速することもできないまま事件に対応することになる。爆発物がどこに仕掛けてあるのかわからず、新幹線なので外から確認することも容易ではない。犯人は500万ドルを要求し、金を受け取ったら爆発物の在処を教えると電話してくる。

そこで金を渡そうとするのだが、警察は金の受け取りにやってきた男を追跡の果てに死なせてしまう。これで警戒した犯人はしばらく連絡を絶ってしまった。この間にも新幹線は博多目指して走り続け、到着までに爆弾を見つけられなければ乗客1500人は死んでしまう。新幹線は駅にも停車できないのでダイヤを組み替えて列車同士がぶつからないようにしなければならず、おかしなことをやってATCを作動させるわけにもいかない。また分岐点でも必要な減速ができない。この過酷な状況を何とか乗り切る千葉真一がイカす役どころだ。

社会の敗北者3人が共闘して誰一人被害者を出さずに犯罪を成し遂げるという目標は、警察の失態によって犯人ふたりを死なせたことで見失われた。追い込まれた犯人は最後の仲間さえも失った喪失感から計画を完遂することだけが目標となって現金入手後は警察との連絡を一切断ってしまう。

警察に任せていたのに何ら成果がないまま新幹線を走らせた国鉄はここに至って自力解決の道を探り、2度目のチャレンジでついに爆発物の写真撮影に成功する。これを千葉真一が取り除いて騒動は解決するかに見えたがそこにもうひとつ爆発物かもしれない幻影が見つかる。博多まではまだ余裕があるが政府の決断によって山口の田園地帯で新幹線を停めることになる。もしもうひとつ爆発物があれば苦労は水泡に帰すという場面の宇津井健の演技がなかなかの名演技。必死で指示を出してきた彼が運転士の千葉真一を裏切る場面だ。

などなど152分間休む間もなく状況が進展していく。

この作品は何かに感情移入するとか、世界観に浸るとかそういうものではなく、連続する緊迫感に身を任せてハラハラするだけの、そういう意味では正統派のパニックムービーになっている。日本で同年公開の「タワーリング・インフェルノ」よりも脚本が先進的で、そういう意味では映画史に残る傑作といっていいだろう。観客動員はむしろ芳しくなかったようだ。

邦画史上でもおそらくトップ50に入る映画だ。売れる売れないは映画の完成度には関係がない。

オレはこの映画は前に1度映画マニアの友人と観たことがある。嫁は初めてだがスゲーを連発していた。嫁は「スピード」の原点との謳い文句に惹かれて観たがったのだが、役者が思いの外よくて満足のご様子。1975年などヤクザかトラック野郎ばっかりだったはずなのに、こんな傑作も撮れたんだね。

高倉健は当たり役のヤクザではなく倒産した町工場の元社長で犯人の役。ヤクザのヒーローから「不器用ですから」に変わるきっかけになった映画。これと「幸せの黄色いハンカチ」がイメチェン成功に大きな役割を果たした。

実はこの記事を書くのは2度目。1度書いた記事が消えてしまって、ふてくされて今日は読書していた。このクソ仕様、何とかならないものか。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ひそねとまそたん」第8話 感想(OPが変わる) [アニメ/特撮]

OPでいきなり驚いた。いよいよ本題に入ってくるか。

016.jpg


74年に1回のまつりごとの内容は、御龍様(みたつさま)を臥所(ふしど)までお連れすること。その際に道に迷われないように案内するのが変態飛行生態の任務。斑鳩すら読めない昨今の日本人に臥所を突きつける岡田。いやそれはいいけど。

御龍様は時速30㎞というゆっくりした速度で飛ぶためにDパイたちは3日3晩空を飛ぶことになる。この間、ずっと起きておくことは出来ないのでOTFを信頼して眠っても構わないが、一緒に飛んでいる夢を見ることが大事であると。

なるほど。神事の内容は理解しました。

ところで島で見た夢に出てきた一〇〇式司令部偵察機三型はやっぱりまそたんでした。しかもジョアおばさんこと樋本貞さんは大東亜戦争にも従軍、数々のパイロットをまそたんとともに救出する大活躍をされたお方でした。

最低でも90歳、下手すると100歳超えてるんですが・・・。まぁ戦争に従軍された方々はみんな元気ですけどね。日本には軍靴の音が常に聞こえてくる病人がたくさんおりますが、従軍されたそれも士官だった方々は軍靴の音でシャキッとする。

甘粕が親しくなっていた小此木榛人がどうやらまつりごとに関わる由緒ある家柄だったようで、最後に登場した巫女の女の子たちと関係がありそう。恋愛模様はどうなるかはあまり気にはならないが。

これは最終的にまつりごとをいかに壮大に描けるかが作品を成功させるカギになりそうだ。「花咲くいろは」は実際のお祭りをリアルに描いて言い知れぬ感動を作り出すことに成功したが、「ひそねとまそたん」も最後の「まつりごと」の様子が壮大であればあるほど感動は大きくなるでしょ。

この作品は美術のほとんどを手描きの水彩画でやっているが、神事の部分の美術は要注目。内容はわからないが、御龍様が目覚めるシーン、飛行するシーン、着陸して眠るシーンに祭祀が絡めてあるはず。大クライマックスがありそうでいまからワクワクする。絶対に綺麗なはず。

美術集の予定はいまのところないようだが、なんで出さないんだろうね。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ