So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「銀河英雄伝説(旧作)」第95話 感想(双璧相撃つ!) [アニメ/特撮]

惑星ウルヴァシーでの調査に当たっていたアルフレット・グリルパルツァーが、ロイエンタールに恭順の意を示してきた。

006.jpg


直属の部下ではない彼の意外な行動にロイエンタールはいささか戸惑ったが、氾濫が成就した暁には軍務尚書の地位をくれという申し出を認め、また彼の言うがままに氾濫への参加を拒否したクナップシュタインの説得役も任せることにした。

監禁されていたクナップシュタインの元を訪れたグリルパルツァーは、自分の野心を彼に打ち明け、協力を申し出た。グリルパルツァーは武勲を立てるためにわざとロイエンタールに味方するを装い、裏切って彼を討伐するつもりでいたのだ。そこにラインハルトへの忠誠はなく、野心があるのみであった。

一方で敢然と反乱への加担を拒否する者もあった。ユリウス・エルスハイマーは妻の妹がルッツの妻であり、義弟の死の真相が明らかになる前に協力することは出来ないと申し出た。ロイエンタールはこれを気に入り、反乱行為終結後に彼が不利益を被らないようミッターマイヤーに宛てた文書を記して彼に渡した。

ミッターマイヤー出立後、ラインハルト自身も艦隊を率いて要塞建設予定地まで軍を進めた。彼は自信を助けた武勲の証しとしてミュラーに対し帝国元帥への昇進を約束したがミュラーはこれを受け取らず、代わってロイエンタールの助命を願い出た。しかしラインハルトはこれを認めなかった。戦争はもはや避けられず、ラインハルトはイゼルローン要塞方面へも進軍させた。

そのイゼルローン要塞には、ロイエンタールによって使者にさせられたムライが到着し、味方すれば旧同盟領をそのまま返すとの提案を伝えた。これに対してユリアンは、ロイエンタールがその正統性を主張するのであれば行方不明になったままのゴールデンバウム王朝の皇太子を探し出して即位させるか、自由惑星同盟を復活させるか、ラインハルトを傀儡にして統治するより他ないと考え、いずれも改革を無に帰すバカげた行為であると断じ、政略的にロイエンタールに協力は出来ないとした。

その決定をムライに伝えると彼は満足してユリアンをねぎらった。だがシェーンコップとポプランはムライに同行してハイネセンでひと暴れしたがったがこれは却下された。

続いて帝国軍のメックリンガー上級大将が交渉を申し込んできた。こちらは話を聞くまでもなくユリアンの決心はついていた。

ミッターマイヤーはロイエンタールに通信を繋ぎ、最後の説得を試みた。しかし、ロイエンタールはその自虐からくる露悪趣味と尊大な矜持によって自分は皇帝陛下と戦って充足感を得たいのだと言い放った。ラングの拘束により事態は良い方向に向かいつつあったが、ロイエンタールの中の破滅衝動と肯定への忠臣は歪んだ夢となって彼を支配していた。


という話。

ロイエンタールは反乱を起こすように追い詰められていったのだが、彼の性格がそれを加速させ後戻りできなくしてしまったところが良く描けている。本当に面白い作品だ。ロイエンタールの過去の逸話は何度も紹介されているが、父と母に見捨てられ、たったひとりで身を立ててきた彼にとってプライドを守ることは生死より大事なものであり、そのプライドを捧げたラインハルトへの忠誠は他の元帥と比較しても抜きん出ていて、それは自分の反乱をラインハルトの病気がちな体調を回復させるのではないかとまで考えているくらいなのだ。

もうね、ナレーションの名調子と壮大なBGMを聴いてるだけで幸せだわ。







コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「銀河英雄伝説(旧作)」第94話 感想(叛逆は英雄の特権) [アニメ/特撮]

ミッターマイヤーの艦隊に保護されたラインハルトは、彼とふたりきりになってロイエンタール討伐の命を与えた。

006.jpg


これに対してミッターマイヤーはロイエンタール帰参のためにいくつかの提案を具申したが、1か月も何の申し開きもないまま無為に時間を過ごしたロイエンタールを皇帝は許さなかった。ミッターマイヤーは勅命を甘受するより他なかった。

遅れてロイエンタールより書状が帝国政府宛てに届いた。その文面はオーベルシュタインとラングが国政を壟断していると告発するものであった。これはラインハルトに激しい怒りを起こさせた。彼にとってその書状は自分が無能であると断罪されたも同然であったからだ。

ミッターマイヤーはビッテンフェルトとワーレンを従え出征準備に取り掛かった。彼は皇帝の手を反逆者の血で汚さないために、感情を抑え戦う決意を固めた。だがその前に、彼はどうしてもラングのことが赦せなかった。

ロイエンタールの書状はオーベルシュタインも読んでいた。彼はこの反逆を自分の責任と捉えていて、ノイエラントに勅使として出立するよう命があれば素直に従うつもりでいた。もしそうなればただでは済まないと分かっていながらオーベルシュタインは自分の不徳が招いた結果としてすべてを甘受するつもりだった。ところがロイエンタールが自分とともに成敗したいであろうラングにも同行するよう促したところ酷く狼狽し、彼は逃げてしまった。

ラングが階段に差し掛かったとき、ちょうどミッターマイヤーがやってきて彼を成敗する旨を伝えた。するとラングは酷く怯え震える有様だったが、銃口が火を放つ前に帝国軍憲兵総監ウルリッヒ・ケスラーがそれを見咎めた。ケスラーはミッターマイヤーの行為を私怨だと断じ、思いとどまるよう説得した。ミッターマイヤーも法の裁きなき私刑はローエングラム王朝の名を穢すと言われては引き下がるより他なかった。

ラインハルトは迎賓館にてヒルダと久々に面会した。そこで彼はラングの罪を聞かされることになる。それは、先のフェザーン代理総督ニコラス・ボルテックが工部尚書シルヴァーベルヒ爆殺に関し共犯として逮捕され獄中で変死した事件がラングが仕組んだ冤罪である旨を報告したものであった。それを調査したのはウルリッヒ・ケスラーだが、調査を指示したのは亡くなったルッツ元帥が生前ラング次官の跳梁ぶりを訝しみ依頼したものであった。

ラインハルトは子ネズミと侮りその跳梁を知りながら見過ごしてきたことが他の忠臣の勘気を買って今回の問題に繋がったことを深く後悔し、直ちにラングを逮捕させた。


という話。

ラングの罪が明らかになることが遅れ、ついにミッターマイヤーとロイエンタールの直接対決となる。

第94話でラングとオーベルシュタインの忠誠がいかに違うか明らかになる。オーベルシュタインはあくまでラインハルトの忠臣であり、彼の覇道を妨げるものはどんな手を使ってでも排除する人間だが、ラングは自分のことしか考えていない。

そしていまだルビンスキーのことは表ざたになっていない。ルビンスキーとヨブ・トリューニヒトは悪役ではあるが有能な人間として描かれているところがこの物語の深いところだ。







コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「銀河英雄伝説(旧作)」第93話 感想(矜持にかけて) [アニメ/特撮]

惑星ウルヴァシーにおける反乱の報がノイエラント総督ロイエンタールに届いた。

006.jpg


彼は一刻も早く皇帝ラインハルトを探し出して身柄を確保するように命じた。もし皇帝がフェザーンに戻ってしまえば自分は罪人である。身に覚えのないことで罪人扱いされるのは彼の矜持が許さなかった。

彼の元に更なる凶報が届いた。それはルッツの死である。ルッツが死んだことでノイエラント総督として彼の責任は免れなくなった。少なくとも彼はそう受け取った。

反逆者になることを彼は怖れなかったが、反逆者に仕立てられることは彼のプライドが許さなかった。すでに1度反逆の嫌疑を受けている身で、さらに2度となると少なくともオーベルシュタインは彼を粛正するためにあらゆることをやるだろうと思われた。

彼は自らの露悪趣味と矜持の高さが徒となり、ついに本物の反乱者となる決意を固めた。

まず彼が手を打ったのは、イゼルローン要塞に対して帝国からの侵入を防ぐよう要請することであった。今回の戦争はフェザーンとハイネセンによるものだったので、彼は己が目的を旧帝国領と定め、ラインハルトに勝利したのちは旧同盟領を彼らに明け渡すという大胆な版図形成を描いた。

ロイエンタールの命を受け、惑星ウルヴァシーの暴動鎮圧と真相解明を行ったアルフレット・グリルパルツァーは、武断的手法ですぐさま惑星全土を制圧したものの、真相解明の方は組織的な証拠隠滅によって思うに任せないでいた。更なる調査によってどうやら地球教団が関係しているらしいと分かったものの、なぜかグリルパルツァーはその事実を隠蔽してしまった。彼のこの振る舞いによってロイエンタールは逆賊となることが確定してしまった。

すべての交信を遮断してフェザーンへ向かっていたラインハルトは、ようやく味方に保護された。永井逃避行とルッツの死が、彼から寛容さを奪い去っていた。


という話。

とうとうロイエンタールがラインハルトに反逆する。この問題の背後にいるルビンスキーはいまだに正体を現さず、ハイネセンにいるヨブ・トリューニヒトは惨めに監禁状態になってしまった。







コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「信長の忍び~姉川・石山篇~」 第5話(57話)感想(真柄直隆死す) [アニメ/特撮]

戦国時代に有能な武将を殺しまくったのは本当に損失だった。

009.jpg


生きて日本軍を組織していればめちゃめちゃ侵略できたのに。

今週は朝倉の名将真柄直隆が死ぬ。本多忠勝との一騎打ちをしたのちに疲れ果てたところを向坂三兄弟に「手柄を立てよ」と首を差し出して死んだという。向坂三兄弟の誰かはのちにやらかして追放処分を食らっていたはず。真柄直隆を討ったことで調子こいていたのだろう。

徳川が朝倉軍を退けたことで側面より加勢が入り、浅井軍は追い詰められていく。尾張の弱兵どもは徳川がいないと何もできないな、ホント。しかし姉川の戦いの勝敗は決しても、まだまだかなり抵抗して織田軍を苦しめてはいるのだが。

織田家の身内の中でヘタしたら徳川並の大物になったかもしれない浅井長政がこうして歴史の闇に消えていくことになったのも、すべて老害浅井久政のせいだというのだから間抜けなものだ。たった一人の老害を御し得なかったばかりに大大名になり損ねた浅井長政と、ふと思い立っちゃって子々孫々裏切り者の汚名を着ることになった明智光秀からはいろいろ学ぶことは多い。

よく架空戦記物ってあるが、なぜ浅井長政が父浅井久政を殺して織田軍団入りする作品がないのか不思議に思っている。複雑になりすぎるというのは分かるし、おそらくまったく別の歴史を作り出すようなものだから大変なのはわかるが、題材としては良いと思うけどね。

太郎太刀は熱田神宮にあるんだっけか。

いやいや面白いアニメですわ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「グラゼニ」第5話 感想 [アニメ/特撮]

今週は良かったな。面白かった。

008.jpg


凡田を主人公にした連載を考えていた漫画家が、直前になって怖くなり前作の続編に切り替えてしまった話をプロ野球の話にうまく絡めてあった。

もうちょっと作画が良くなればいいのだが、低予算みたいだし、どうせ制作費の3分の2は中抜きされているんだろうからこんなものか。バンク以外の作画は東映動画なら入社試験に落ちるレベルだもんな。

どうせ漫画の宣伝なんだから、製作委員会など作らないで講談社が直接アニメ制作会社にお金を入れれば中抜きされないのに変な話だよ。宣伝は講談社がやればいいんだし。野球なんて動きが魅力なんだから、1話につき1回は作画の見せ場があれば全然違うと思うが。

でもまぁあれっすよ、作画は良いに越したことはないけど、「メガロボクス」ってアニメみたいに肝心の演出のところがおかしいと急に物語自体に興味が失せるからな。「こういうことがやりたいけどお金がなくてできない」は納得できるが「金は掛かってるけど何がしたのかわからない」はムリ。

タイトルは「ゼニグラ」だけど、あまり金の話ばかりだとウザいんで、こういう感じの話が続いてくれたら最後まで視聴できそうな気がする。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「フルメタル・パニック!IV Invisible Victory」第4話 感想(かなめ本気出す) [アニメ/特撮]

千鳥かなめの能力が目覚めつつある状態。

014.jpg


というか、自覚するかしないかの問題なのか? 日常から離れたくなくて無意識のうちに抑え込んでいただけなのかも。原作読んでないから知らないが。

敵キャラが何なのかもぼんやりとしかわからないが、まぁそこそこ楽しんでいる。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ヒナまつり」第5話 感想(ヒナがゴミすぎて) [アニメ/特撮]

いまはテレビよりスマホのごみの方が高いんだろうなぁ。

007.jpg


前半は貧乏なアンズがゲームを欲しがってより高く売れる粗大ごみを探して彷徨う話で、ヒナと三嶋が協力して余計にややこしくなる話。ヒナはまるで役立たず、三嶋はまじめだが何故か知らないけど警察に厄介になりがちな方向に進んでしまう。

いまどきはテレビより1発勝負でスマホを探せばもっと金になるのにと。スマホなら内部の情報も高く売れそうだし。テレビもBキャスカードのあるなしで値段って違うんだろうか? 日本のシステムは本当にクソだ。それにそもそもゲームがやりたいならゲームのゴミを探せばいいのにね。アンズも大概バカだよな。ヒナと戦うはずなのに、日々生きるだけで精一杯だし。

ヒナの新田に金貰ってビッグカメラでテレビ買ってタクシー代で消えるところがバカ丸出しで良かったわ。ヤクザの新田が非合法で手に入れた金を浪費するだけのバカガキ。何考えているのかその行動がまるで読めないという。

後半はなぜか知らんがムダに動かしてあった。

三嶋が「Little Song」に出勤し、さらに教師が後を追って入店するのを見た同級生が相沢に相談したところ何故か刑事ごっこと化してよくわからんけど追い詰めていくという。三嶋と相沢、面白いコンビだな。後半は相沢回だった。相沢だけで笑えた。

ヒナは学校でもまるで無能扱いで、しかもただ無能扱いされただけであとは放置。「ねぇ、なにこれ」ともっともだが口にしてはいけないことを突っ込むだけだった。そこに教師がやってくるが輪を掛けたバカで三嶋と瞳が別人だと思い込んでいるという。

これで5話まで視聴したが、外れが1回もない。今週も監督である及川啓自ら絵コンテ。そういえば絵コンテって「画コンテ」って書く人もいるよな。「ガコンテ」? 「エコンテ」? ガコンテでエコンテと読むのか? 統一しろと。

「ひそねとまそたん」と「ヒナまつり」は方向性がまったく違うけど今期2強だよ。どっちもアニメとして面白い。原作がどんなに人気作でもアニメ化してクソになる作品がいっぱいあるのに「ヒナまつり」の作者は超ラッキーじゃんな。

及川啓監督はもっと評価されていいと思うわ。ガツンと売れる前の水島努みたいな感じがする。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ