So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「仮面ライダー THE NEXT」(2007年作品)感想 [アニメ/特撮]

んーーーーー、これは酷い。どうにも手掛かりが掴めない作品だった。

「仮面ライダー THE FIRST」の続編で、んーーーーーーー、これはあれですね、大人向けを意識したんですよ。仮面ライダー1号2号とか、V3なんてものに食いつくのは昭和生まれのおっさんだから、仮面やスーツを現代風にして、昭和ライダーの怪奇ホラーっぽい雰囲気を盛り込みながら、ショッカーと戦えば大人向けの仮面ライダーになるんちゃうん? みたいな目論見があったはず。

要は、大人になってもまだ仮面ライダーを観てる人間がどんな人間で何を望んでいるのか分からなかったんじゃないかな。視聴者層が上手く想定できないまま、大人向けの仮面ライダーをやって子供向けと切り離していこうみたいな指向性がすでに2005年くらいにはあったと。

正直、上手くはいってない。

でも、あれだ。1号2号V3をやったから「仮面ライダーアマゾンズ」もあったのかな? 

「大人向けの仮面ライダーとは何かね?」という命題の答えは難しい。ひとつの答えとして、エログロシーンを増やしてレイティングを上げるという手法もあるだろう。大人たちが子供だった頃の作品をリメイクするというのもあるだろう。実力のある役者を配してドラマの完成度を高めるというのもあるだろう。ストーリーを複雑にするというのもあるだろう。あるいは、おっさんが子供心に不完全燃焼だった想いをすくいあげて想いを満たすというのもあるだろう。

これらのやり方はどれも間違いではないだろうが、オレは「はっきりしたテーマをもってしっかり人間を描く」ことが大人の鑑賞に堪えられる作品作りに繋がると思っている。結局は人間を描くしかないのではないかと。仮面ライダー1号2号をリメイクで描くより、本郷猛=藤岡弘の戦いの果てを描いた「仮面ライダー1号」の方が作品としてはよほど良かったのはそのためだろうと。大人は仮面ライダーより人間に興味がある。

おっさんの中にも子供心というものは残っているわけで、そこに訴えて需要を掘り起こすのは大切なことだ。需要がなければ作ることは出来ないのだから。だが、「仮面ライダーを観てるおっさん」は子供と同じように観ているものだろうか。ちょっと恥ずかしそうに遠くから観てるんじゃないの。禿げてるのにガッツリライダーファンをやってるのはちょっとおかしい奴だろう。プリキュアを観てる奴と変わらん気がする。ある意味ショッカーより身近な恐怖だ。

ハッキリしたテーマは何でもいい。社会のことでも、組織のことでも、科学のことでも、哲学のことでも、人間の愚かしさや素晴らしさがあるものなら何でもいいのだ。そうしたものを映像で表現するとき、特撮という手段も使えるということだ。

いままでは大人向けのテーマは大人向けの表現手法でのみ伝えるべきだという暗黙の了解みたいなものがあったかもしれないが、昭和ゴジラの解説でも書いたが文芸の感覚器官は拡がり文芸意図の表現手法はいつだって自由だ。戦争や自然災害がもたらす恐怖を怪獣で描いてみせたときから、大人向けの特撮の可能性は開かれていたのだ。

大人向けといったときに、エログロに傾斜する表現者の指向をオレは支持しない。そんな大人になって欲しくないから子供向け作品で愛と勇気を訴えてきたのではなかったのかと。

子供向けで愛と勇気の大切さを教えたのなら、大人向けでは自己犠牲を伴ってでも愛と勇気を貫く立派な大人を描いてもらいたいものだ。

そういう意味でこの作品は本当に面白くなかった。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「仮面ライダー THE FIRST」(2005年作品)感想 [アニメ/特撮]

2000年1月から放送を開始した平成ライダーが「仮面ライダー響鬼」で迷走したときに制作された原作準拠という名の原点回帰作品。だが、原作準拠は決して原点に返る手段として正攻法というわけではない。むしろ失敗例の方が多い。

平成初期のライダーを支えた白倉伸一郎がプロデュースに関わり、平成初期とは違った手法で仮面ライダーを作っているが、おそらく当時は迷走中だったはずだ。平成ライダーと違って完全に昭和の時代の続きをやっている。すでに平成ライダーは成功を収め、商業的要求が強くなっていたので、やれることは全部やって新たな方向性を探っていたのではないか?

この作品はただのリメイクであって、昭和ライダーの肯定も否定も存在しない。ただ同じ設定で作っただけだ。「仮面ライダークウガ」のときの「昭和と同じフォーマットでは作れない」という強い意識も、「仮面ライダーW」のときの「昭和のときに感じたときめきをもう一度」という強い意識もなく、平成の技術で昭和のフォーマットをそっくりなぞっている。

「仮面ライダーアマゾンズ」の感想でも書いたが、批評意識を持たずに継続をはかれば、こうなるしかないのである。延々と死神博士と戦い続けるライダーであったなら、平成ライダーは始まると同時に終わっていたはずだ。昭和の反省があったから平成ライダーは確立し、迷走と中だるみを経て確固とした商業的方向性が見つかり継続されたから平成初期への原点回帰も試みられた。

オレは昭和ライダーの世代だから、「仮面ライダー THE FIRST」のスーツなどは格好良くて好きではあるが、脚本が昭和のままということがこんなに辛いものだとは予想できなかった。ひたすらきっつい。見ているのが苦痛でしょうがない。原作準拠などというものは原点回帰に繋がらないのだ。

それを確認するための、定められた失敗作だった気がする。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「絶園のテンペスト」(2013年作品)第1話 感想 [アニメ/特撮]

これなら視聴できそうな気がする。ボンズだしな。

119.jpg


シリーズ構成岡田麿里で、言葉が工夫してある。岡田麿里の言葉の使い方は、まるで武満徹の「吃音宣言」のようだ。

1話しか観てないが、兄と恋人による復讐劇だな。たぶん。

アニメアニメした表現もあるが、まだ我慢できる範囲だった。

「ロードス島戦記」「絶園のテンペスト」はぼちぼち観ていくことにする。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」1話切り [アニメ/特撮]

多分それなりに面白いんだと思う。

もう女性声優の声に耐えられない。キンキン声で観る気が失せる。

あーでも物語としてはちょっと変わってていいんじゃないかな。リアリティーがないけど。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「境界線上のホライゾン」1話切り [アニメ/特撮]

背景がきれいでちょっと興味を持ったんだけど、冒頭で歌ってる女の白痴じみた身なりに辟易して視聴断念。アニメ業界、想像力がない。

アニメ特有の絵柄やアニメ特有の声に拒絶反応が出てるから観られなかったけど、世界観は面白そうだったよ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」1話切り [アニメ/特撮]

アーマーゾーンビデオに置いてあったんで冒頭3分だけ観たんだけど、量産型のキャラが受け付けなくて視聴断念。

アニメ声の女には辟易。ロボも特徴ない。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「仮面ライダーアマゾンズ season2」(2017年作品)第13話・最終回 感想 [アニメ/特撮]

この不完全燃焼な最終回は劇場版エンド。これなぁ・・・。

511.jpg


劇場版エンドは最終回が盛り上がりに欠けちゃうからやってはいけないとあれほど・・・。

商売的なことは理解するんだけど、例えば舞台で劇をやっていて、クライマックスまで盛り上がりまくってるのに肝心なところでなおざりになった物語がさ、続きは劇場版でってなっても舞台を観ていた観客はしらけるでしょ。劇場版はやってもいいんだけど、最終回はちゃんとそこで終わらせないと。

日本のドラマの悪いところだよね。

このダメさ加減は「蒼穹のファフナー EXODUS」の最終回とまったく同じものだった。あれも最後に全然盛り上げなくて、続きは劇場版でってやったんだけど、呆れただけだった。劇場版最終回は本当に盛り下がる。後日譚なんてのはいくらでも考えてやれるんだから、ドラマはドラマで終わらせるべきじゃないかなぁ。

クライマックスがないドラマなんてメインディッシュのない料理みたいなものだろ。メインディッシュが出てこなかったら終わらないじゃん。食った気になれないじゃん。食い終わってもいないのに、続きはあちらでって席替えを要求されたら怒るだろ? なんでわからないんだろうか?

感動の最終回で感激して、あるいは留飲を下げたりしていったん憑き物が落ちたかのようにカタルシスを味わった後の方が続きは気になると思うんだよね。ドラマの最終回がいい加減だと、忘れちゃうんじゃないかなぁ。おそらく話題作だろうから観客は入るにしても。

オレはこういう最終回には否定的な人間だ。

深いところで作劇を舐めてるね。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ