So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「仮面ライダーアマゾンズ season2」(2017年作品)第4話~6話 感想 [アニメ/特撮]

バラアマゾン強かったのに死んじゃったよ。もったいない。

511.jpg


あの斬首していくスタイル、嫌いじゃなかったのに。もっと見たかったけどな。

2期の千翼とイユの逸話の数々は、脚本としてよくできていて面白いけども、モグラアマゾンのマモルくんのことや、悠が模索している解決策や、志藤たちの選択の問題など他に知りたいことが山積みになってるものだから「あーもー少年少女はいいからー」みたいになってる。あの千翼とつるんでたガキも「こいつ、邪魔やし死なんかな」状態だ。

4Cの連中も全然感情移入できない奴らばかりなんで、「全滅しないかな」だし。要は2期からのメンツが邪魔でしょうがない。ドラマとして面白いから不満に思ってるわけじゃなくて、1期の続きが知りたいってことね。悠と志藤が手を組み、福田が志藤と決別するためにマモルくんのお守りを投げ捨てるところで終わったんだけど、もう1期メンバーが熱い熱い。「こいつらだけ見せてくれー」みたいな。

とくに2期の黒崎隊長は本当にウザくて、嫁とふたりで「イキってないでひとりでやってみせろや」って文句垂れてる。他の隊員もキャラが薄い。まぁ描写する尺不足が原因ですが。

7話以降は姿を消していた仁も出演するようだし、ますます盛り上がってきている。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

積もった雪を自力で除去する [日記]

先週降り積もっていっこうに溶けなかった道路脇の雪を1日かけて自力で除去する。他の家はまだ自宅前に氷を張りつかせているような状況だからアスファルトが露出しているのはウチだけだ。

まず裏山への入り口を塞いでいた雪を斜面に落としていき、その隙間を通って生活道路脇に積もった雪の山(実質氷塊)をアルミのスコップだけで捨てていった。丸1日かかった。腰が痛い。

そうこうするうちにまた明日から雪になるとの予報が出ていて、どこの家も大わらわで道路にこびりついた氷を粉砕している。みんな頑張っているが、空家になった家の前の道路はどうしてもおざなりになる。そしてその場所でFF車がスタックする。

我が家は山の上なので坂道の氷を何とかしてほしかったのだが、道路の雪かきが出来たのは一部の家だけ。まだ車は坂下のコインパーキングに避難させておかなければならないようだ。

嫁は食料調達に行き、しこたま買い溜めしてきた。今度は30㎝程度の積雪らしいからそこまで頑張らなくてもよかったのだが、チョコが切れそうになったのがよほど堪えたらしく、冬眠するつもりかというほど買い物してきた。鍋に使う白菜はそもそも入荷されていなかったようで、夕食はきのこ鍋に変更された。

今年の北陸は、どうも完全に38豪雪再来らしい。

オレが北陸に悪運を招き寄せたに違いない。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「魔法使いの嫁」第18話 感想(嫉妬の話) [アニメ/特撮]

今週は独占欲からくる嫉妬の話でした。

211.jpg


子供にありがちなことで、世界観が狭いと陥る感情ですね。

来週はヨセフだかヨシフだかが再び登場。龍を密漁してまたろくでもない実験をやるようで。

もう18話ですけど、一度も絵が崩れていないのはさすがです。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第5話 感想(逆の反応らしい) [アニメ/特撮]

抗体を作ってしまうパターンだろうか。第6話はかなり面白くなりそう。

743.jpg


状況はサクサク進行中。コロニー同士のキッシング中に大量の叫竜が引き寄せられてやってくる。それを全軍で迎え撃つ戦闘の前日譚。

ゼロツーは以前の戦闘で好き放題やって部隊に大きな損害を与えた曰く付きの人物で、ヒロが彼女を抑えられるのかどうか、身体が持つのかどうか、作戦は成功するのかどうか、大きな被害が出るか出ないかなどを意識させておいての戦闘回になる。

イチゴがゼロツーの何を見たのかなど、戦闘中に絡んでくる事柄多し。第13都市部隊全員が何かの実験体で、他の都市のパラサイトとは違っていて一部情報も伝えられていないようだ。

設定上のことでは、どうやらパイロットたちは子供のままで大人にならないらしい。「トップをねらえ2!」では大人になったら能力を失って乗れなくなるという設定だったが、そうした子供の自由な発想や頭の柔軟さを褒め称える方向性での「子供だけがロボットに乗れる」という設定ではなく、いつまでも子供のまま大人にならない連中を突き放す意味や、逆に大人が子供を成長させないで徴兵で使った挙句に使い捨てていくなど、大人と子供の分断には政治的意味が絡んでいるようだ。まだどちらの意味かは分からない。

子供主人公でありながら成長に連続性がないとなると、そういった政治的意味を子供たちが打破していく内部改革の話になっていくので、政治的立ち位置がお粗末だと失笑の対象になりかねない。この辺はちょっと心配だ。

第1話のときから、叫竜って生まれたての赤ん坊のことじゃないのかと疑っているのだが、泣き叫び食い物を欲して寄ってくる赤ちゃんと人間が戦っているとなると、クローン技術が進歩しすぎて赤ちゃんがいない世界になっているのかなという気もする。

いずれにせよ来週は情報開示がありそうなので楽しみにしている。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ