So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「仮面ライダーアマゾンズ」(2016年作品)第5話~7話 感想 [アニメ/特撮]

毎回息つく暇ない展開。

release600_338_1.jpg


水澤悠(みずさわ はるか)が駆除班に加入して、最初の狩りで逃がしてしまった相手をまたしても取り逃がしたところで終わった。

高井望とモグラアマゾンのマモルちゃんが地下室に閉じ込められて火を点けられたところまで。閉じ込めた相手がアマゾンなのかただの殺人鬼なのかはいまのところ不明。不明ではあるが、食うために殺すアマゾンと違って死体を隠していたからただの殺人鬼なのかも。速贄をやっていたから新聞配達の子がモズをモチーフにしたアマゾン。モズの速贄を上手く使ってるんじゃないかな。

平成仮面ライダーを観ていていつも感心するのは、スーツを着た視界が悪い状態でドラゴンスクリューを受けているところ。かける方は動きのキレだけ気を付ければいいかもしれないが、受ける方は下手に跳んで捻ると大怪我をする技だけにいつもヒヤッとなる。軽くクラッチしてるだけでも脚を残したまま身体を捻って受け身を取らないといけないから難しいのよ。平成ライダーのスーツアクターは平気でやってるけども。

ワイヤーアクションも豪快で見応えある。モズを最初に逃がしてしまったときの落とし穴に嵌る場面はクスッとなった。CG技術も進んでいるからモグラアマゾンも活躍の機会が増えている。モグラ獣人のときは単なる情報屋だったのに。

前に4話まで視聴して大人向けの仮面ライダーだとは思っていたが、単にグロテスクな表現を入れてあるだけでなく、平成前期のライダーをもう一度やろうとしているところが気に入っている。

オレは平成ライダーはリアルタイムでは観ていなくて、最初に視聴したのがディケイド(これはよく笑われる)、次にレンタルで電王、リアルタイムでWときて「もういいや」ってなりかけたときに前の会社の平成ライダーファンの子に「Wはまあまあいいけど、ディケイドからで平成ライダーは語れない。まずは龍騎から」って諭されてレンタルで観たんだよね。そしたら面白くて、555とか結構夢中で観た。

アマゾンズはやはりその時代の雰囲気。子供向けだと電車やロケットやロボットや色々出さなきゃいけないが、バイクとアクションだけでグイグイ引っ張るのが仮面ライダーの魅力でしょ。

これは昭和の仮面ライダーの時代から一緒。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

晴れたので雪かき [日記]

ちょっとだけ晴れ間が覗いたんで雪かきしてたら、庭に3m級の壁が出来た。

もう雪を捨てるところがない。裏山の斜面に捨てたいけど、下り斜面の前に1mの壁が出来ている。

3日ぶりに雪に埋もれていた原付の無事を確認。

疲れ果てたんでアマゾンズでも観るわ。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ