So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「DEVILMAN crybaby」第7話 感想(タロちゃんだった) [アニメ/特撮]

しょんべんたれのタレちゃんは、「DEVILMAN crybaby」ではタロちゃんだった。さらに牧村美樹の父親は外人だった。外人みたいなキャラデザではなくそのままだった。

666.jpg


悪魔の実在を知って疑心暗鬼になった人類はさっそくお互いに殺し合いを始めた。

人類のために悪魔と戦うつもりだった不動明=デビルマンは予想外の展開に戸惑った。彼は悪魔に対抗するため、人類に狩られていくデビルマンたちを捜して仲間にしようと奔走した。

そんな折、牧村家の太郎(タロちゃん)が悪魔と合体してデビルマンになっていたと判明。母牧村亜樹子は太郎を連れて家を出て行ってしまう。

人と人とが相争う状況に耐えかねた不動明は、飛鳥了を訪ねて状況の打開を探ろうとした。ところが飛鳥了はまるでこの状況を楽しんでいるかのように達観しており、人類の滅亡は避けられない未来だと告げた。これに腹を立てた不動明は、自身がデビルマン軍団を結成して人類を救う道を模索するため、了と袂を分かつ決心をした。

ところが米軍の指揮権を奪った悪魔軍団はロシアに対して核攻撃を仕掛け、人類が人類を守るための兵器でお互い殺し合い、絶滅するよう誘導した。

だが彼ら悪魔が眼にしたものは、神の光だった。


第7話はこんなお話で、原作で端折った部分を補いながら上手くまとめている。

特に飛鳥了の正体について、原作では最後に唐突に明かされるだが、「DEVILMAN crybaby」はちゃんと聖書の記述を引用しながら伏線を張っている。また悪魔軍団についても整理されている。宇宙から悪魔がやってくる部分は聖書の方から引用してあった。聖書の方だと宇宙から・・の部分が曖昧なのだが、細かいことはいいや。

こういうのは上げてから落とすのが基本だが、原作で比較的うまくいっていたデビルマン軍団の結成がちょっと遅い。これは改変の中で他の構成要素と組み合わされて処理されているはず。あと3話だから観ればわかるので気にしない。なんか不動明はこのまま一気に叩き落されそうな気もするが。

まだ牧村美樹とタロちゃんのシーンも、ミーコのことも全然決着がついていない。なんかもう陰惨な場面が全部一気にやってきそうで憂鬱だわ。ミーコが研究材料にされるところはなくなるのかなぁ。デビルマンが助けるまでもなくもうすっかり悪魔の力に馴染んじゃってるしな。

原作も最後の方は陰陰滅滅たる気持ちで読み進めていたから、本当にこのアニメは原作漫画の読後感そのままだ。

そういう意味で、このアニメが過去最高の映像化になることは間違いない。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話 感想(継続視聴) [アニメ/特撮]

事情は聞かせてもらった。

998.jpg


すべて戦争が悪い。

登場人物全員美男美女。不細工を狩る戦争で不細工側が全面敗北したようだ。

ところがしぶとく戦争を生き残った見栄えの悪い不細工連合の残兵は、画面に映らないところでレジスタンス活動を画策、各地でテロ活動を継続していた。

愛する少佐を殺された恨みを募らす殺人兵器ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、配属先の自動書記人形の練兵を開始、不細工人間を地上から抹殺するための最終戦争へと突き進んでいく。

第1話はこの序章である。

不細工人間の運命やいかに。こんな感じだった。



多分途中で切る。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ