So-net無料ブログ作成

「プロジェクトX 挑戦者たち」(2000年~2005年作品)第1回 感想 [ドキュメンタリー]

NHKで放送されていた「プロジェクトX 挑戦者たち」をセレクトしたもの。第1回と書いているが本放送版の第1回ではない。

第1回・100万座席への苦闘 ~みどりの窓口・世界初 鉄道システム~(2004年4月6日放送)

世界初の鉄道オンラインシステム「みどりの窓口」開発秘話。ドキュメンタリーというよりドラマ仕立てで話は進んでいく。主題歌は中島みゆき「地上の星」。

当時処理能力の低かったコンピューターを座席の予約システムにいち早く取り入れたことで国鉄・JRは大きく発展。日本の高度経済成長を支えることになった。だが当然ながら導入していきなり上手くいくはずもなく、細かいミスが重大なトラブルに繋がるなど問題が噴出。

それを人間関係とエンジニアのアイデアで乗り切っていくさまが描かれていた。

とても面白い番組で人気はあったのだが、文系の人間の嘲笑を浴び続け、それに乗ったNHK内部の外国人と売国奴が視聴率がよかったのに番組打ち切りを決めた。当時この番組を批判していたバカな文系の人間たちはいま愛知で芸術祭を使って反日工作をしている。

島田雅彦だの東浩紀だのがこぞって日本の技術者を描いたこの番組をただの嘲笑で小バカにして番組を潰したのだ。以降日本の産業は空洞化し、中間所得者層が瓦解、日本人の多くは貧乏になっていった。こいつらの責任なのに、口を開けば「アベガー」と喚いているようだ。白痴以下である。

NHKが外国の番組を異常な高額で買い、差額を懐に入れ始めたのもこの番組がなくなったころから。日本の公共放送でありながら反日報道しかしない局へと変貌を遂げた。NHKが狂い始めるきっかけになったのが島田雅彦、東浩紀らと彼らのお仲間のNHK局員(外国人)に屈し、この番組がなくなった時期と重なっている。

需要を生み出すことが出来なくなった日本に必要なのは作家のたわごとではなく、大きな需要が大きな産業発展に繋がるさまを次世代に見せることだった。この番組の意義はそこにあったのだ。作家は何せバカなので、老人たちの懐古趣味を大げさに表現した似非ドキュメンタリーだとあちこちに書き散らしていた。

とにかく日本の作家や映画監督は精神異常レベルのバカだから一切関わってはいけない。朝鮮人と同じで関わったら負けなのだ。

いまこの番組を見るべきなのは若者たちであろう。我々の世代はこの番組で描かれた時代に幸せな幼少期を送っていたのだ。

当時の関係者は長年交流を温めていたそうだ。こうやって人間は自分の居場所を見つけていく。島田雅彦や東浩紀はそれを奪って大喜びしたバカどもなのである。


LOQI(ローキー) エコバッグ Museumコレクション ブルーフォックス(FM.BF)

LOQI(ローキー) エコバッグ Museumコレクション ブルーフォックス(FM.BF)

  • 出版社/メーカー: LOQI(ローキー)
  • メディア: ウェア&シューズ



フランツコレクション磁器van gogh almond flower cup / saucer

フランツコレクション磁器van gogh almond flower cup / saucer

  • 出版社/メーカー: Franz Collection, Inc.
  • メディア:






フランツコレクションGoldfishカップ、ソーサー&スプーンセット

フランツコレクションGoldfishカップ、ソーサー&スプーンセット

  • 出版社/メーカー: Franz Collection, Inc.
  • メディア:






Franz Porcelain Long tail hummingbird cup/saucer/spoon set Franz Fine Porcelain by The Collection Shop

Franz Porcelain Long tail hummingbird cup/saucer/spoon set Franz Fine Porcelain by The Collection Shop

  • 出版社/メーカー: Franz Fine Porcelain
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画