So-net無料ブログ作成

「めがね」(2007年作品)感想 [映画]

荻上直子監督によるヒューマンドラマ。主演は小林聡美。

キムタクさんは何をやってもキムタクだといわれなき非難を受けていたそうだが、こうも同じ役ばかりやらせるのは小林聡美の無駄遣いじゃないのかな? 全部一緒じゃんって。なんだろ。1本何かが当たって、同じ映画やドラマばかり撮ったのだろうか?

ネタ話で「新海誠の『君の名は。』の後に業界中が『君の名は。みたいな作品を撮ってよ』と言われたが、その中に新海誠も含まれていた」ってのがあるんだけど、そんな感じ? これは「機会損失」を意識した行動であって、表現したいものがあって撮った作品なんでしょうか。

時系列を追ってみると「かもめ食堂」が売れて、映画関係者が興奮、機会損失をしてはいけないと「かもめ食堂」を分析した上で似たような作品を乱造したってことのようです。

オレはドラマの「パンとスープとネコ日和」から観たので混乱していたということでしょうか。同じような作品ばかりなので最初に見た作品がオリジナルだと勘違いしてしまう。それほど内容は酷似しております。というより、全部同じです。

意識の低い人なら2作目くらいまでは同じように楽しめるのでしょうが、オレには無理でした。小林聡美さんが売れたのなら別にいいけども、こんなことやってるから邦画は衰退するんじゃないんですかね? 経済学で商売をするから、顧客が顧客に見えなくなって日本の電機産業は死んだんですけど。

邦画もこのまま死んでいくんでしょうか。すでに死んでるって話もありますけど。

12年前の作品なので小林聡美が若くてかわいいってこと以外、全部一緒です。違ったところはひとつもありません。なぜなら下手に個性を出して失敗すると責任問題になるからです。


Sylphide(シルフィード)―風の妖精 (ギフトブック・シリーズ)

Sylphide(シルフィード)―風の妖精 (ギフトブック・シリーズ)

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 1998/07/23
  • メディア: 単行本



CELESTIAL (セレスティアル)― 天上の調べ (ギフトブック・シリーズ)

CELESTIAL (セレスティアル)― 天上の調べ (ギフトブック・シリーズ)

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 1999/08/06
  • メディア: 単行本



月の雫―きたのじゅんこ画集

月の雫―きたのじゅんこ画集

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: サンリオ
  • 発売日: 1988/11/01
  • メディア: 大型本



ANGEL LESSON

ANGEL LESSON

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 大型本



精霊の国 (サンリオ画集シリーズ)

精霊の国 (サンリオ画集シリーズ)

  • 作者: きたの じゅんこ
  • 出版社/メーカー: サンリオ
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 大型本




共通テーマ:映画