So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「MONSTER」(2004年作品)第13話 感想(ぺトラとシューマン) [アニメ/特撮]

てっきり孤児院に預けられると思っていたディータだが、そのままテンマと行動を共にすることになったようだ。子連れで逃げるのか・・・。目立ちすぎる。

004.jpg


テンマとディータはヴォルフ将軍の手掛かりを求めて小さな村にやってきていた。彼はたまたま酔っ払いの男を治療し、無一文だから医者には連れていくなとうわごとを喋っていた彼のために治療費を病院に残して立ち去っていた。

それを知った町医者のDr.シューマンは激怒し、出過ぎたことをするなとテンマが置いていった治療費を突き返した。彼はこの村の人々すべての健康を預かる責任感の強い男であった。

そんな彼がどうしても治療できない老婆がいた。彼女は頑固で医者に罹ることを拒んでいたのだが、3日前に倒れ、意識を失っていたのだ。

テンマが診たところ彼女はくも膜下出血を発症しており、すぐに手術が必要な状態だった。すでに3日が過ぎておりヘリを呼んでいる時間もない。そこでテンマは小さな町の診療所で開頭手術を行う決心をする。

しかし警官をやっている老婆の息子がテンマの存在に気づき、手術を中止して警察に来いと命令した。テンマはそれに従わず手術を続行した。息子はDr.シューマンに胸ぐらをつかまれ手術室から放り出された。手術は無事に成功し、老婆はヘリで大病院へと搬送された。

どうしてもテンマを逮捕して出世の糸口にしたかった警官だったが、Dr.シューマンに説得されて連行するのを諦めた。彼は警察署に別の東洋人と見間違えたとウソの報告をした。

これで町はテンマにとって安全な場所になったが、彼とディータは再びヴォルフ将軍を探して旅立っていった。


第13話はここまで。

テンマはお尋ね者でどこへ行っても逮捕の危険があるのに、まさかディータを連れたままヨハンを追いかけているとは思わなかった。てっきり孤児院に預けたと思ってそう書いちゃったよ。

ヴォルフ将軍はいつ頃見つかるのだろう?




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。