So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「南極料理人」(2009年作品)感想 [映画]

沖田修一監督による南極観測隊の日常を描いた映画。主演は堺雅人で、調理師として南極探検隊に無理矢理入れられた海上自衛隊員を演じている。

南極観測隊の日常業務のことなどはあまり詳しく出てこなくて、単調な毎日で唯一の楽しみである食事に時間が割かれている。

日本を遠く離れ孤独との戦いになっていく隊員たちにとって何が精神的にきついのかなどが良く描かれている。心がくじけそうになるのを食事が癒してくれるところなどが良い点。また男たちだけの世界なので日に日に汚くなっていくところが面白い。

出てくる食事はありふれたもの。これが非常に重要で、限られた食材で日本にいるときのような普通の食事を作って出すことが観測基地では重要なのだ。一方でときどき隊員たちの要望に応えてめちゃくちゃな料理を作ってしまうことがある。

標高が富士山より高い場所にある基地なので火加減などが普通ではない。そこを何とかするのが調理師の腕の見せ所だ。普通の料理人では対応できない部分でもある。何でも凍ってしまう場所なので水は貴重。氷はいくらでもあるが溶かすのが大変。

全体に絵面が汚いけど良い映画であった。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。