So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ヒナまつり」第10話 感想(前半あるあるすぎて) [アニメ/特撮]

前半の三嶋のエピソードはあるあるすぎる。

007.jpg


オレも帰宅して玄関で大の字になって起きたら朝だったってことが何度もあった。新卒では良くあった話。半額弁当しか見たことないとか、翌日の特売品を買える(スーパーによっては前日のうち特売品を並べている)とかね。

ドラマーの村上ポンタ秀一はホテルで眠って横腹を蹴られている夢を見たので起きてみたらエレベーターのドアに挟まれていたとか。

目的のないまま働いて涙する中学生に大笑いでした。

後半は杏子がお小遣いで5000円もらう話。彼女はそれで按摩器を買おうとしたがお金が足りず偶然出会ったサブに競馬場に連れていかれて有り金全部すってしまう。ギャンブルはやらないけどおそらくこれもよくある話なのだろう。

今回はヒナと新田がほとんど出番なかったけど、新田のヤクザ話って原作にあるのかね。あってもテレビではやりにくそうではあるけど。

今回も面白かった。満足満足。



コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

ソルティック

原作の新田には立派なモンモンが彫られているのくらいですかね。暴力表現が「アイタ! アイタ!」なのも、アニメオリジナルでソフトに改変されているところではあります。
by ソルティック (2018-06-09 08:26) 

ダグラム

ソルティックさんへ

刺青くらいで自主規制もないだでしょうからもともとヤクザの話はあまりないわけですね。始めの方で新田がやっている不動産案件をヒナの超能力で片づける話があったので経済ヤクザで金回りがいいとかいうことでしょうか。

暴力表現は漫画ほど自由じゃないでしょうから仕方がない。いま観ている「グラップラー刃牙」も若干ソフトです。

by ダグラム (2018-06-09 09:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。