So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「銀河英雄伝説外伝・千億の星、千億の光」第1話(ヴァンフリート星域の会戦)感想 [アニメ/特撮]

銀河帝国艦隊はイゼルローン回廊を抜け、同盟領内ヴァンフリート星域に集結しつつあった。

006.jpg


最初に説明しておくが、「銀河英雄伝説外伝・千億の星、千億の光」でのラインハルトの階級は准将、第三次ティアマト会戦のときは中将なのでその前の話になる。宇宙艦隊司令長官は同じグレゴール・フォン・ミュッケンベルガーである。


ヴァンフリート星域に有人惑星はなかった。恒星が不安定なため通信も使えない星域である。准将として艦隊を率いるラインハルトは76歳の老骨リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼン中将の艦隊に配属されていた。

グリンメルスハウゼン中将は耄碌していたが皇帝の旧友でありミュッケンベルガーはその扱いに困っていた。そこで後方に位置させ戦力とは考えていなかったが、グリンメルスハウゼンはやおら立ち上がって帝国の役に立てないのならこの場で死ぬと脅した。仕方なく彼を前線に配置しなおしたが、これは武勲を狙うラインハルトには都合が良かった。

ところが彼の具申はグリンメルスハウゼンに届いているのかいないのか、とにかく眠りこけているばかりでどうにもならない。ラインハルトの毒舌は酷くなるばかりであったが、一方のグリンメルスハウゼンは居眠りしながらもラインハルトへの中傷は愚かなことだと断じてすぐさま眠ってしまうのだった。

銀河帝国艦隊、自由惑星同盟艦隊のいずれも繞回進撃を作戦として交戦状態になったが、ヴァンフリート星域は通信状態が悪く、また艦隊運営も稚拙であったためにまったく作戦として機能していなかった。ラインハルトの艦隊が作戦通りに動いても他がついてこれない状態であった。

それは自由惑星同盟も同様で、連絡が取れないために作戦行動は実行不可能になりつつあった。同盟司令部は第5艦隊ビュコックにシャトルを飛ばして増援を乞うたが、ビュコックは迷子になったとウソをついてやり過ごした。


という話。

外伝は読んだことないので確かではないが、グリンメルスハウゼンは人間観察能力にだけは長けている印象。説明では若き日の皇帝の世話係みたいなものらしいが、フリードリヒ4世は遊び人だったのでグリンメルスハウゼンもいわゆる陽キャというやつで、人間観察は確かなのかもしれない。

「銀河英雄伝説外伝・千億の星、千億の光」は全12話とのこと。

長いなぁ。オレどれだけ銀英伝観たんだろ?







コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。