So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第1話 感想(これは最高) [アニメ/特撮]

A-1 Pictures × TRIGGERによるオリジナルロボットアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第1話はロボットアニメの定番、主人公が初めてロボットに乗る話だった。

743.jpg


とにかく作画が素晴らしい。手描きのロボットアニメはこうでないと。フランキスというロボットも動かしやすそうなデザインでいいと思う。

フランキスはパートナーがいないと動かない複座式のロボットで、主人公ヒロはネガティブな志向を持つ陰気な少年で疎外感の塊。

彼のパートナーになる角の生えた少女ゼロツーはポジティブな志向を持ちながら、その容姿も相まって疎外感を強く持っている。

そんなふたりが出会い、ストレリチアというロボットを使って叫竜と戦う、そんなストーリーだ。始まったばかりなので詳しいことはまだ不明だ。

ヒロが最初のパートナーとうまくいかなかったのは、お互いがネガティブだったからのようだ。陰と陽が組み合わさらないと上手くいかない設定だった。

一方でゼロツーの方はおそらく誰と組み合わされても上手くいかず、相手を必ず殺してしまう。これはゼロツーが叫竜の血を引いているからだと思われる。あるいはそういう伝説があるだけかもしれない。

ロボットアニメの第1話としては最高の出だし。

これは期待できる。



コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

ソルティック

フランキスは手描きではなく、スタジオカラー(庵野監督とこ)のデジタル班による3DCGだという未確定情報もあるようです。
by ソルティック (2018-01-14 15:47) 

ダグラム

ソルティックさんへ

そういえばクレジットに今石洋之ってありました。「キルラキル」の戦闘シーンでもスローで観ないとCGだと分からないのがありましたから、ロボットの部分はCGかもしれません。

手描きにしか見えなかったですわ。すごい進歩だなぁ。

by ダグラム (2018-01-14 19:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。