So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「DEVILMAN crybaby」第9話 感想(ヤバイ、泣ける) [アニメ/特撮]

牧村美樹の例のシーンのところや、ミーコの奪還のところや、デビルマン軍団のところとかいろいろ改変してあるんだけど、これこそまさに「デビルマン」なんだよね。

666.jpg


永井豪が不動明=デビルマンの絶望を描き、読者がそれを読んで得た切ない感情と同じものを与えてくれる第9話だった。いや本当に素晴らしい。不動明、牧村美樹、ミーコをこんな風に使って、あの衝撃の原作シーンを悲しみのうちに再現するとは。マジで泣ける。

今期は作家性の強い作品がいまのところ見当たらなかったから、 湯浅政明の「DEVILMAN crybaby」があって良かったよ。他のは萌えとかJKとか要はテンプレ通りの作品ばかりだからね。第9話、本当に良かった。おっちゃんがcrybabyやでホンマ。

何が素晴らしいって、永井豪の原作と同じ感慨を持てるってところなんだよ。永井デビルマンに対して湯浅デビルマンが別にあるんじゃなくて、原作のまんまなんだ。たくさん改変してあるのに、これこそ「デビルマン」なんだってところが、本当に素晴らしい。

オレ、ロック世代でラップがわからんからミーコに告白するところで笑っちゃったんだけど、あれも歌詞は素晴らしかったし、印象的なんだよね。原作は本当にミーコは散々で、デビルマンに助けてもらうだけの存在だったけど、湯浅デビルマンはそんなミーコにも素晴らしい活躍の場面を用意した。

また、人間に絶望し、人間を焼き尽くしてしまう不動明=デビルマンを受け入れ信頼する人間も描けていて、あの場面も良かった。原作ではデビルマン軍団が盛り上がってすぐそのあと突き落とされる流れだったはずだけど、不動明の活躍で盛り上げて落とすんじゃなくて、受け入れる人間たちもいた、人を信じる気持ちになった、愛を教えてくれた牧村美樹に会いに行く・・からの突き落としですよ。原作をちゃんとなぞってあるんだよな。

何もかもいい。

大傑作やん。なんか、飛鳥了のマンションが吹き飛ばされとったけども。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。