So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「陰陽師」(2001年公開)感想 [映画]

主演:野村萬斎による安倍晴明を題材にした映画。原作は夢枕獏。

この作品は劇場で鑑賞したのだが、アマゾンプライムの得点に置いてあったので久々に観ることになった。文句なしの面白さだ。

17年前の作品にしてはかなりの高レベル。CGもそんなに違和感がない。なんといっても野村萬斎と伊藤英明、敵役の真田広之の演技がよくて魅入る。上手い役者はちゃんといるのだなと。それに2001年はまだエグザイルとAKBがいなかったのも大きい。真田広之が演じた道尊がエグザイルだったら終わってた。

原作も夢枕獏の人気作が残っていた時期で、漫画やラノベを映像化しなくてよかったころ。製作委員会が異常な権限を持っていなかった時期でもある。のちに製作委員会がジャスラックのように巨大な権限を持つようになり、利益の最大化の名の下、作品の良し悪しなどお構いなしにちょっと人気があればアニメになり実写化されるようになる。作品の内容関係なく自動的に金を出し続けてきた企業の責任でもある。

原作があり、役者がいて、お金も集まれば、ちゃんとした映画はできるということだろう。一番の問題は原作の枯渇じゃないかな。アニメ化しようが映画化しようが原作者に何の利益ももたらさなくなって作家の成り手がおかしな奴ばかりになった。東京からはもういいのは出てこないだろうな。諦めてる。

恨み、嫉み、憎しみといった負の感情が道尊によって祟りへと具現化され、帝への呪いとなって襲い掛かる。安倍晴明によりいったん退けられた道尊は、坂上田村麻呂の剣と像により封印されていた早良親王の悪霊を自らに憑依させ、帝と安倍晴明を追い詰めていく、という内容。悪霊が本当に信じられていた時代の雰囲気がよく出ている。

映画の内容は素晴らしかったが、個人的に2000年前後からたった17年でこんなにも出版界がダメになり、読者に何も届けられていないところに暗澹たる気持ちになる。

作家より製作委員会の方が権限が強いんじゃ成り手が本当にいなくなりそうだ。



コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

yu-papa

面白かったですね( ^)o(^ )
by yu-papa (2017-12-13 20:11) 

ダグラム

yu-papaさんへ

野村萬斎と真田広之が素晴らしかった。特に後半は真田広之が一人で引っ張っていた。

by ダグラム (2017-12-13 20:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。