So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Twitterまとめ投稿 2019/09/16 [日記]


2次創作小説「ガンダム レコンギスタの囹圄」目次 [Gのレコンギスタ ファンジン]

この作品は「ガンダム Gのレコンギスタ」の続編2次創作「ガンダム レコンギスタの囹圄」です。

5部作になるという劇場版の完成が待ちきれない方など、暇なときに読んでいただければ幸いです。

前半・後半部分をクリックすると記事に飛びます。

014.jpg


第01話「法王の亡命」        前半 後半 加筆済み
第02話「クンタラの矜持」      前半 後半 加筆済み
第03話「アメリア包囲網」      前半 後半 加筆済み
第04話「ケルベスの教え子たち」   前半 後半 加筆済み
第05話「ザンクト・ポルトの混乱」  前半 後半 加筆済み
第06話「恋文」           前半 後半 加筆済み
第07話「ムーンレイス」       前半 後半 加筆済み
第08話「フルムーンシップを奪え!」 前半 後半 加筆済み
第09話「全体主義の胎動」      前半 後半 加筆済み
第10話「ビーナスの秘密」      前半 後半 加筆済み
第11話「ヘルメス財団」       前半 後半 加筆済み
第12話「全権大使ベルリ」      前半 後半 加筆済み
第13話「失われた設計図」      前半 後半 加筆済み
第14話「宇宙世紀の再来」      前半 後半 加筆済み
第15話「月の同盟」         前半 後半 加筆済み
第16話「死の商人」         前半 後半 加筆済み
第17話「レイハントンの子供」    前半 後半 加筆済み
第18話「信仰の根源」        前半 後半 加筆済み
第19話「トワサンガ大乱」      前半 後半 加筆済み
第20話「残留思念」         前半 後半 加筆済み
第21話「法王庁の影」        前半 後半 加筆済み
第22話「主導権争い」        前半 後半 加筆済み
第23話「王政の理屈」        前半 後半 加筆済み
第24話「砂塵に帰す」        前半 後半 加筆済み
第25話「ニュータイプの導き」    前半 後半 加筆済み
第26話「千年の夢」最終回      前半 後半 加筆済み

最後まで読んでくださった方々に感謝いたします。コメント機能は外してあるのでご容赦ください。

Gレコ劇場版に少しでも善いファンがついて富野監督の想いが伝わるようお祈り申し上げます。


ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス

ガンダム Gのレコンギスタ キャラクターデザインワークス

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2015/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ガンダムウェポンズ ガンダム Gのレコンギスタ編 (ホビージャパンMOOK 684)

ガンダムウェポンズ ガンダム Gのレコンギスタ編 (ホビージャパンMOOK 684)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2015/10/31
  • メディア: ムック



ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック

ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2015/09/23
  • メディア: 単行本



ガンダム Gのレコンギスタ

ガンダム Gのレコンギスタ

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版




共通テーマ:アニメ

「ちはやふる(1期)」(2011年作品)第12首 感想 [アニメ/特撮]

東京都地区予選を優勝したものの、学校での扱いはぞんざいだった。

ちはやふる2.jpg


顧問の宮内もテニス部のことで頭が一杯でかるた部の全国大会への引率はできないという。代わりに引率する柴田の目的は鳥人間コンテスト。千早たちはガッカリした。

それでも全国大会へ向けて意気込む部員たち。駒野と大江は西田の紹介で翠北かるた会へ入会して守りがるたの基本を覚えようとしていた。

千早と太一は府中白波会で原田の指導を仰いだ。部の練習も白熱して、その熱心さにほだされた顧問の宮内は、彼らが初めて獲得したトロフィーを校長室へと持ち帰り、全国大会の引率も引き受けることになった。

5人はとうとう近江神宮へとやってきた。

第12話はここまで。あっという間に半分見てしまう。間違いない面白さ。

近江神宮ってバイクで旅をしていたころに来訪経験があるんだけど、このアニメを観た後だったら感慨もひとしおだったのに。また旅をしてみたいものだ。琵琶湖の周辺って色々あって楽しいよね。美術館もあるし。

観ているこっちまで気分が盛り上がってくる。





NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー レモンバーム グリーン 270cc ブイヨン 日本製 8365-2475

NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー レモンバーム グリーン 270cc ブイヨン 日本製 8365-2475

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン









NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー レモンバーム グリーン 200cc ティー 日本製 8365-2471

NARUMI(ナルミ) カップ ソーサー レモンバーム グリーン 200cc ティー 日本製 8365-2471

  • 出版社/メーカー: NARUMI(ナルミ)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:アニメ

「ちはやふる(1期)」(2011年作品)第11首 感想 [アニメ/特撮]

東京大会決勝戦は瑞沢高校対北央学園に決まった。

ちはやふる2.jpg


相手のA級選手2名をいかに避けるかの話し合いで、千早はそれよりベストな布陣で戦うことを進言して了承された。北央はヒョロットカードで瑞沢のメンバーを予測してオーダーを組んだ。

A級2選手のうち主将の須藤は千早と、甘糟は西田と当たることになった。実力に勝る須藤は立ち上がりに弱い千早にどんどん差をつけていく。西田も甘糟相手に苦戦。瑞沢の主将の太一はヒョロと対等の戦い、駒野と大江は苦戦を強いられた。

駒野、大江とも奮戦するもむなしく敗戦が確定する。もう1敗もできない状態でいまだ苦戦が続く西田に、甘糟が余裕の煽り発言をしてしまった。西田が子供のころは強く、初心者の甘糟を相手にもしていなかったが、ずっとかるたを続けてきた甘糟は先にA級選手になっていたのだ。

綿谷新の存在によって諦めた自分を思い出した西田は奮起し、1回転して札を薙ぎ払った。太一はヒョロ相手に互角だったものの、終盤の暗記力の差が出てお手付きを誘い、瑞沢高校に1勝目をもたらした。調子を取り戻した西田も流れをものにして2勝目を挙げ、勝敗は千早と須藤に預けられた。

高校生の予選であったため、この日の読手はひとりだけ。5試合目にもなると耳の良い千早には圧倒的に有利だった。序盤の不利を仲間の励ましでひっくり返した千早は、最後に得意のちはやぶるを敵陣から抜いて勝利をもぎ取った。

東京都予選は初出場の瑞沢高校が優勝した。

第11話はここまで。盛り上がりが凄い。

決勝の様子だがメインのエピソードは西田と甘糟の関係。中学3年間テニスをやった西田は歯牙にもかけなかった甘糟に抜かれたが、逆に勝って当然との意識を取り戻すことにもなってしまった。甘糟が煽らなければ西田が負けてた展開。こういうエピソードで物語の説得力を増しているわけだ。

団体戦、駒野は残念ながら全敗してしまった。だが机くんの逆襲もあるからこのアニメは面白い。


マイセン (Meissen) ブルーオーキッド スーププレート 23cm 23488[並行輸入品]

マイセン (Meissen) ブルーオーキッド スーププレート 23cm 23488[並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Meissen(マイセン)
  • メディア: ホーム&キッチン
















共通テーマ:アニメ

「ちはやふる(1期)」(2011年作品)第10首 感想 [アニメ/特撮]

梅雨のさなか、東京都地区予選が始まった。

ちはやふる2.jpg


初出場の瑞沢高校競技かるた部は予選ブロックを1位通過。3勝をもぎ取った。大江奏は公式戦初勝利を飾った。喜ぶメンバーの中で、全敗だった駒野の表情だけが暗かった。

駒野の鬱屈した想いは食事のときに爆発した。彼は自分を数合わせ要因として入れられただけと疎外感を感じていたのだ。かるた経験が長く勝ち負けにドライな西田の言葉が駒野には堪えていた。

怒りを爆発させてしまった駒野は、決勝トーナメント初戦を欠場した。瑞沢高校はまだチームとして未完成だったのだ。対する相手校はチーム一丸となって声を出して勝利を目指していた。千早は駒野の離脱とお前だけは負けるなとの言葉に動揺を隠せなかった。

太一と西田は勝ったものの、大江は惜敗した。千早は意識が遠のくような感覚で声が聞き取れずに苦戦している。最大6枚差がついたとき、部長の太一がみんなをクールダウンさせる行動を取る。控室で他校の陰口を聞いていた駒野も応援に駆け付け、気力を散り戻した千早は逆転勝ちを収めた。

駒野はみんなに謝罪して、決勝は全員で挑むことになった。

第10話はここまで。公式戦未勝利の駒野が、脱落しかける話で、この回も傑作。駒野絡みは良い話が多い。駒野がキレたのは、ほぼ西田のせいで、3勝するには千早、太一、西田がいればいい、強い相手は机くんと奏に当てればいい、綾瀬(千早のこと)は会いたい奴がいるから全国に行きたがっていると適当なことばかり無神経に口にするので、神経質な駒野は考えすぎておかしくなったのだ。

でも西田の言ってることは間違ってるわけではなくて、未勝利の初心者に配慮が足りなかっただけなのだ。大江が勝ってしまったことで、駒野はプレッシャーがかかってしまった。

しかしようやくチームは一丸となって、決勝戦の北央学園に挑めることになった。








マイセン (Meissen) ブルーオーキッド スーププレート 23cm 23488[並行輸入品]

マイセン (Meissen) ブルーオーキッド スーププレート 23cm 23488[並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Meissen(マイセン)
  • メディア: ホーム&キッチン







共通テーマ:アニメ

「テミスの剣」(2017年作品)感想 [映画]

星護監督によるテレビドラマ。原作は中山七里のミステリ小説。映画の体裁になっているのでカテゴリーは映画に入れておく。

作品としては面白いんだけど、話は結構メチャクチャで、主人公の渡瀬の若いころの教育係をしていた鳴海という刑事が暴力と恫喝で冤罪を作り上げてしまう。鳴海は証拠品すら捏造して犯人でもない男を死刑に追い込んでしまった。男は刑務所で自殺してしまう。

鳴海はやがて退職し、退職金で悠々自適の生活を送ることになる。

ところが渡瀬がのちに担当した事件で犯行手口が似ているものがあり、渡瀬はその事件のことを質問してしまった。警察を陥れることができると知った犯人は、鳴海が担当した事件についても犯行を自供する。これがマスコミにバレて大騒ぎになる。警察署長以下鳴海も処分を受ける。ところが渡瀬だけが栄転になった。警察はこの事件で勇気の告発をしたとマスコミで評判になった渡瀬だけは処分できなかったのだ。

警察は渡瀬に暴行を加えてまで告発を阻止しようとした。渡瀬は立つ瀬がなくなり、妻は呆れて家を出て行った。それでも冤罪で罪のない人を自殺に追い込んだ渡瀬は警察を辞めるわけにはいかず、もう2度と間違えないと誓った。

勇敢な内部告発者として処分を免れた渡瀬は、両事件の犯人が仮釈放後に刺されたとの事件を知り、管轄外であるのに捜査に首を突っ込んでいく。

出所してすぐに殺された男の名は迫水。渡瀬は冤罪で自殺に追い込んだ男の老いた両親に会いに行った。老いた母は認知症。父親も迫水の出所日は知らない。知るはずがなかった。

ところが迫水の2回目の犯行の被害者宅には彼の仮釈放日が記された手紙が届いていた。その手紙は迫水に恨みを抱いていそうな人々に複数送付されていた。彼が事件を調べていると知って、彼の正義によって警察を首になった男が襲撃してきた。警察はいまでも渡瀬が邪魔だった。

鳴海の娘は事件記者になっていた。迫水殺しの犯人を追ううちに、20年前の事件を再捜査することになっていき、渡瀬は当日事件現場の向かいのラブホテルから車が出てきたとの情報を調べ始めた。この独断行動に警察は圧力をかけてきたが、渡瀬は意に介さず捜査を続行した。

迫水殺しの犯人は、冤罪で自殺した男の老いた父親だった。彼は他の人々同様迫水の出所日が書かれた手紙を受け取り、耕運機の刃物を使って彼を殺害した。渡瀬は彼に自首を勧めた。老人は「昔のあんただったらオレは逃げおおせたんだな?」と呟くと、納得して同意した。

迫水殺しの犯人は捕まったが、事件は終わっていなかった。渡瀬は上司の検事正をテミスの剣の前に呼び出し、彼の罪を暴いていった。

そもそも20年前の事件当日、検事正は迫水を目撃していた。しかしそのとき彼はある女優とラブホテルに行っていたのだ。当時その検事は芸能人の妻を持つ財界人の不正を担当しており、妻の肉体と引き換えに検察に不利な証言をしていたのだ。迫水はその男の顔を覚えていたので、検事正に昇格した彼を脅迫した。都合が悪いと感じた検事正は、事件被害者に迫水の出所日を教え、誰かが殺してくれることを期待したのだ。

そもそも彼が迫水を見たことを証言していれば、不幸の連鎖は起きなかった。彼は権力を利用して女を抱き、それがバレないように犯人を通報せず、冤罪と知りながら犯人をでっちあげ、無実の人間を自殺に追い込み、さらに罪のない人に殺人を犯させたのだった。

彼はその証言を鳴海の娘に売った。

という話。漫画みたいな話だけど、面白かった。暴力的で自白を強要するタイプの鳴海の下で学んでいたときの未熟な彼は冤罪を見抜けなかった。20年たって成長した渡瀬は鳴海の娘と組んでどれほど脅迫されようとも真実を暴きとおした。筋が通っている。冤罪で死んだ息子の親が大人しく自首するところも良くまとまっている。

この渡瀬という刑事は他の作品にも登場するらしい。きっと信念の人として描かれているのだろう。

映画人が撮る映画などよりよほど面白い。


マイセン(Meissen) ホワイトマイセン(VIP)/ 825009-23582 コーヒーC/S

マイセン(Meissen) ホワイトマイセン(VIP)/ 825009-23582 コーヒーC/S

  • 出版社/メーカー: マイセン(Meissen)
  • メディア: ホーム&キッチン



マイセン ブルー・オニオン マグ 250cc 【並行輸入品】 55810

マイセン ブルー・オニオン マグ 250cc 【並行輸入品】 55810

  • 出版社/メーカー: MEISSEN
  • メディア: ホーム&キッチン



マイセン ブルー・オニオン プレート 20cm 【並行輸入品】 472

マイセン ブルー・オニオン プレート 20cm 【並行輸入品】 472

  • 出版社/メーカー: MEISSEN
  • メディア: ホーム&キッチン



マイセン (Meissen) マイセンマーク ティーカップ&ソーサー 23633[並行輸入品]

マイセン (Meissen) マイセンマーク ティーカップ&ソーサー 23633[並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Meissen(マイセン)
  • メディア: ホーム&キッチン







共通テーマ:映画

「ぐるりのこと。」(2008年作品)感想 [映画]

橋口亮輔監督によるヒューマンドラマ。主演は木村多江。

夫婦の絆を描いてあるんだけど、なんか萌芽が描く夫婦って憧れるポイントがなさすぎるよな。リリー・フランキーの役も木村多江の役もどっちもごめんこうむりたいキャラ。

話は生活力のない画家希望の男が法廷画家の職に就いて、嫁が鬱になって、あとは時間が過ぎ去っていくだけ。多分・・・、夫婦なんてこんなもんでしょって描いているのだろうが、セカンドライフ満喫中のうちでもこんなに酷くない。

犯罪者(新井浩文・在日)が犯罪者(宅間守・在日)の役をやっているところが見どころ。

邦画界のバカって在日を使わないと死ぬ病気なの? 不愉快なんですけど。








bloom 美濃焼 エルベ スープ&サラダセット 90377

bloom 美濃焼 エルベ スープ&サラダセット 90377

  • 出版社/メーカー: ブルーム
  • メディア: ホーム&キッチン






マイセン(Meissen)歴代マイセンマーク コーヒーカップ&ソーサー 778509/00582 [並行輸入品]

マイセン(Meissen)歴代マイセンマーク コーヒーカップ&ソーサー 778509/00582 [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Meissen(マイセン)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「カーテンコール」(2005年作品)感想 [映画]

佐々部清監督によるヒューマンドラマ。主演は伊藤歩。

東京で干された編集者が福岡である舞台の幕間芸人を探してくれとの読者からの依頼を受ける。

・・・で何の話かと思って視聴を続けてみれば、昭和30年代に出稼ぎで日本へ来た在日朝鮮人が日本で結婚して妻子を置き去りに祖国へ帰ってしまう話だった。

知らない人のために説明すると、戦中日本人扱いだった朝鮮人は朝鮮戦争を逃れて日本へくる場合、ほぼフリーパスで特別在留許可ももらえた。それを利用して密航してきて、戦争で男が足らないものだから勝手に女を作って育てさせ、いらなくなったら捨てる。ずっとこれをやっていた。

昭和30年代は良い時代だったで作品はまとめられているが、それは犯罪者である朝鮮人にとっていい時代だっただけで、布袋の親父も前田の親父もみんなこれで逃げて残された家族は大変だったのだ。しかもすぐキレる遺伝子だから喧嘩ばかり。

時代背景を知らないバカな評論家が昭和を懐かしむ映画だとか言っているけど、時代背景を知っているとまったく違う話だと分かる。

まぁ、現在の邦画界の知能レベルでは名作なんでしょう(呆れ)















共通テーマ:映画

「ツナグ」(2012年作品)感想 [映画]

平川雄一朗監督によるヒューマンドラマ。主演は松坂桃李。このお兄ちゃんが主演する映画は何本か見ているが、どれもなかなか素晴らしい演技なんだよね。嫁によると有名な子らしい。

いくつかのパートに分かれていて、最初は亡き母との再会を望みながら悪態ばかりつくクソ親父。このときはまだ主人公渋谷歩美に死者と生者を「つなぐ」能力は授けられていない。歩美は見習いとして祖母の手伝いをしているだけ。おっさんに煽られても淡々としている。

次は演劇部の同級生。演劇部にはふたりの主役級のエースがいて、ひとりは1年から舞台に立つほどの演技力があったが、卒業記念の三島由紀夫「鹿鳴館」の公演では主役をもうひとりの子に奪われてしまう。頭にきた彼女は主役の子を殺そうと坂道に水を撒いて道路を凍らせ、目論見通り事故を起こさせて殺すと主役の座を奪った。

殺された子は「つなぐ」の噂を話していたために、「つなぐ」を使われて真相がばれては大変だとたった一度の機会を自分が使ってしまおうと歩美に接触してくる。女は謝罪するつもりで死者と会ったが、死者が事故原因を知らないようなそぶりをするので謝罪しないまま朝を迎えた。しかしのちに歩美から死者が何もかも知っていたと報告を受ける。

次は婚約者が失踪した男性。彼の婚約者はある日突然いなくなって婚約は破棄された状態になっている。死んだのかどうか確かめるために歩美の祖母アイ子経由で接触してきて手続きも済ませたものの、本当にここで会ってしまうと彼女が死んだことを認めなくてはいけないと土壇場で逃げ出してしまう。

歩美に説得されてようやく会ってみると、彼女は偽名を使っていて、出会った際は未成年、家出少女だった。東京で依頼者と出会って結婚を申し込まれたのを機に実家と仲直りすべく熊本へ移動中、事故に巻き込まれて死んでいた。依頼者が気付かなかったのは、偽名しか知らなかったために被害者名簿の中に名前を見つけられなかったためだった。

こうして歩美は人と人とをつなぐ仕事の見習いを積み重ねながら、いつかやってくる祖母の死を受け入れる心の準備をした。彼の両親は突然死んでしまっていて、その分も準備期間があるかのようだった。

こんな感じの話。基本的に依頼者がロクでもない。特に演劇部の女はエゲつない。なんで綺麗にまとめようとしているのか不思議でならなかった。「殺そうとして水を撒いたけど、道が凍ってなかったからセーフ」を地で行くクソ女だったのに。

感動系の話なのに、依頼者がみんなクソ過ぎるせいで泣くポイントが歩美とアイ子(樹木希林)のところしかない。死者と再会して号泣する感じの話ではない。むしろ、死者に会いたいと願う奴は何かあると勘繰る内容であった。

評価としては☆4くらい。主人公の演技が素晴らしい。


【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーフルーテッド プレイン カップ&ソーサー 240ml 5客セット 1016756(5)

【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーフルーテッド プレイン カップ&ソーサー 240ml 5客セット 1016756(5)

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーフルーテッド フルレース コーヒー カップ&ソーサー 140ml 1017226

【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン ブルーフルーテッド フルレース コーヒー カップ&ソーサー 140ml 1017226

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン フルーテッドシグネチャー フリーカップ 300ml ペア 1017481

【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン フルーテッドシグネチャー フリーカップ 300ml ペア 1017481

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画

「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」(2010年作品)感想 [映画]

猪股隆一監督による青春映画。実話に基づくとかなんとか。主演は成海璃子。

冒頭でデブが追いかけっこしているところで挫折しかかったものの踏みとどまって最後まで視聴。和紙の街が衰退の危機にあるので書道のパフォーマンスを競い合う大会をやって盛り上げようみたいな内容。

目的が散漫になってしまっており、地域興しなら地域興しに目標を絞った方がよかった。やる気のない部の再生、個人的なライバル関係、書道の評価基準、パフォーマンスといくつもテーマが分かれてどれも描き方が不十分。特に大会の実行委員と書道部の話があるのは良くなかった。

人物の描き方もテンプレで魅力がない。取ってつけたようなキャラばっかり。もうちょっと誰かの感情移入できるようにしてくれないと。

映画としては☆2くらいの出来。


【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン プリンセス マグカップ 300ml ペア 1017244

【正規輸入品】 ロイヤル コペンハーゲン プリンセス マグカップ 300ml ペア 1017244

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド プレイン マグカップ ペア 380ml 1101043 [並行輸入品] 1101043

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド プレイン マグカップ ペア 380ml 1101043 [並行輸入品] 1101043

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン



ロイヤルコペンハーゲン フルーテッド シグネチャー マグカップ 350ml ペア 2556031【並行輸入品】 2556031

ロイヤルコペンハーゲン フルーテッド シグネチャー マグカップ 350ml ペア 2556031【並行輸入品】 2556031

  • 出版社/メーカー: ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)
  • メディア: ホーム&キッチン




共通テーマ:映画
前の10件 | -