So-net無料ブログ作成
検索選択
プロレス・格闘技 ブログトップ

オカダ・カズチカ 対 柴田勝頼 [プロレス・格闘技]

やっと名古屋でもテレビ放送があったので、オカダと柴田の試合を観戦した。

感想としては、とにかくオカダが丈夫。頑丈。少々のことでは壊れない安心仕様だった。なんとも頼もしい団体エースだ。エースはやっぱり頑丈さが一番。デカくて頑丈なオカダはまさに新時代のエース。そんな試合だった。

総合の試合でかなりボコられ、プロレスに戻ってからも激しい試合ばかりやっている柴田は、積年のダメージが蓄積している。勝ちたいというより、何かを訴えたいという内容の試合を重ねているように見えて、とくにこの試合はそうした意味合いを強く感じた。オカダはよく応えていたと思うが、オカダはデカくて頑丈であっても、考える人ではないので、柴田を身体で受け止めてはいても、頭では受け止められていないように思えた。オカダに頭は期待できないと痛感した。

一方の柴田も、佐山、前田のように頭で考えるタイプでないので、伝える側も受け止める側も肉体言語でしか会話できない不器用さが、とてもいい味を出していた。なかなかの名試合だった。

この試合を観戦したのち、柴田らが直接関わっていない田村、桜庭たちの試合動画を観たのだが、プロレスも総合も方向性は違ってもどんどん雑になっていってる感は否めなかった。雑に投げ飛ばすプロレスも、雑に殴り合う総合も、どっちもオレが観客として望んだ方向性ではない。

オカダと柴田の試合の実況で、新しいだの古いだのといった切り口で実況していたのは、なんだか的外れな印象だった。

世代の問題ではないはずなのだが。

でもまぁ、試合はかなり良かった。






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「RIZIN」RENA vs 山本美憂 [プロレス・格闘技]

RENA vs 山本美憂を観た。なぜいまさらって話なのだが、きれいなタックルが見たくなったってだけ。Gyao!に置いてあったし。

試合はご承知の通りシュートボクシングのRENA選手がフロントチョークで勝ったわけですが、山本美憂はやっぱりタックルがきれいだね。彼女の全盛期は、まだ女子レスリングがオリンピック種目じゃなかったときだから。オリンピック種目に採用されたときにはすでに全盛期を過ぎてしまっていた。

むしろあの年齢でこれだけ身体を絞れて、シュートボクシングの世界チャンピオン相手にタックルをボコボコ決められてるのが凄い。膝を怖れないおもいっきりの良さが気持ちいいね。

フロントチョークを決められたときに、海老反りになって投げてやればよかったのに。

やっぱり技術は一流。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

柴田勝頼負傷 [プロレス・格闘技]

何をどうかこうか迷っているうちに何も書かずに放置されていたプロレスというカテゴリ。

ついに最初の記事を書くが、いきなり負傷欠場のニュースだ。

4月9日・両国国技館大会でのオカダ・カズチカ戦の試合終了後、体調不良で入院した柴田勝頼が、硬膜下血腫とわかり緊急手術。なお、手術は成功した模様。現在は安静にしているとのこと。

本間朋晃ともども、一刻も早い復帰が待たれるところだ。早く良くなってくれ。








このコーナー、何を書いたらええねん。






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
プロレス・格闘技 ブログトップ