So-net無料ブログ作成
アニメ/特撮 ブログトップ
前の10件 | -

「偽物語」(2012年作品)2話切り [アニメ/特撮]

つまらん。

89666.jpg


全然おもんない。

コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「偽物語」(2012年作品)第1話 感想 [アニメ/特撮]

どういう順番で観たらいいのか分からなかった物語シリーズの「偽物語」を視聴することになった。

89666.jpg


「化物語」は随分前に観ている。内容はほぼ忘れた。吸血鬼がどうのこうのだったはず。

アマプラにおいてある分だけ適当に楽しむことにする。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「Fate/Zero」第1話 視聴 [アニメ/特撮]

現在放送中の秋アニメを結構切ってしまったので、他に何かアニメを選ぼうとふたりであれこれ探したのだがめぼしい作品がなく、最終的に「Fate/Zero」で落ち着いてしまった。

744.jpg


「Fate」っていろんなシリーズがあるらしいけど、オレが観るのはZeroとstay nightだけで、他のものがどんな内容なのかまったく知らないし興味もない。好きと言えるのはZeroだけで、stay nightはオレにとってはZeroの続編でしかない。

でも本当はそういう流れじゃないらしく、「アニメでしか知らない人は・・・」とよく言われる。だが、原作ってゲームなんでしょ? 売れてるゲームなら終わりはないんだし、終わりがない理由は単なる金儲けの論理なのだから、作品の質を求めれば全部追う必要はないよね。むしろ終わらないってわかっているのだから、どこかでスパッと自分で切らないと、金と時間だけ吸われてしまう。

そんなわけで、Zero基準でしか観ないファンとしては、この第1話は本当に良く出来ている。アニメの再視聴を始めて、ボチボチ面白い作品に当たってはいたが、なかでもかなりインパクトがあった作品だ。特にこの第1話は素晴らしかった。

話の設定についてはほとんど興味がなく、魔術云々のところも、いかにもゲーム的な英雄同士の戦いも、誰と誰が相性がいいとか悪いとか、一切どうでもいい。そんなことよりも、セイバーとして召喚されたアーサー王が女性であるという少々興醒めな前知識を吹き飛ばしてくれた第1話のラストの場面が、最高評価クラスの面白さである点が重要だ。

アニメでアーサー王が女性として(しかも金髪の。前提がおかしい)描かれても別に驚きはしないのだが(なんでも女体化して喜んでる変態業界だし)、聖遺物の質から当然予想されていたアーサー王が女だと分かったときの衛宮切嗣が、驚愕と同時に間違いなく落胆しているところが異質な脚本を匂わせ、期待を高めてくれたのだ。

80年代以降のフェミニズム隆盛によって女そのものが腫れもののようになった文芸の世界に、やっと好き勝手書こうとする人材が出たかもしれないというのは、なかなかスリリングな出来事だった。しかもまさかのアニメ業界。元を辿ればエロゲーライターだという。オレがレンタルで観たときにはすでに大評判になった後だったが、「ファンに人気のセイバーをただの女扱いする脚本家ってどんな奴だろ?」と衝撃を受けたことを覚えている。そんな恐れ知らずの脚本家がいるとは信じられなかった。

しかも、衝撃的だったのは、衛宮切嗣と言峰綺礼が、こんなゲーム原作のクソアニメなのにとても魅力的に描写されていた点だ。「男を格好良く描く」ことができる脚本家は、そうそういるもんじゃない。文芸の世界のフェミニズム運動は、すべての物語の破壊が目標であったので、女は女のようなものとしてしか描かれず、男も男と言えなくもないものとしてしか描かれてこなかったのだ。この影響はいまでも残っており、男が男のようなものでしかないので、男が女を守る話など誰も書けなくなってしまっていたし、男の理想に身を捧げる女などというものも絶滅して久しかった。

ところが「Fate/Zero」では、絶滅したはずの表現が、当たり前の前提として描かれていたのだ。その点がとにかく驚きであった。話数が進んでいってもこれは変わることはなかった。セイバーは、最後の最後まで衛宮切嗣に女として扱われる凌辱を受け、衛宮切嗣は言峰綺礼との対決にひたすらのめり込んでいく。

男が格好良く描かれたために、男性声優の活躍が際立った作品でもあった。

久しぶりに視聴したけど、無言のままふたりで魅入ってしまったわ。残りもボチボチ感想を書いていくつもり。

なんか、冬は超のつく不作らしいじゃん。だったらこれ観るわ。「まどか☆マギカ」も観たい。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「Infini-T Force(インフィニティーフォース)」第8話 感想(悩み中) [アニメ/特撮]

自分はすでに死んでいて、他の世界のエネルギーを集めてムリヤリ生かされてると知ったエミが悩み中。

001.jpg


自分を深く愛してくれる父親の想いを知り、父が世界を滅ぼすZだと知りながら、また世界を滅ぼす理由が自分を死なせないためと知らされながら、Zにケースを渡してしまったエミ。

彼女は父親の愛情を裏切ることが出来ず、父の願いを叶えてあげるためにケースを渡し、自分もZによって作られた日常を生きようと決心したものの、他の世界を犠牲にして生き続けることへの疑問は拭えず、友人たちと遊んでいても心が晴れない。

そのとき、自分が持っていた鉛筆が光り出し、カーンの元へと飛ばされた。ケースに触れたエミは、自分の潜在的な力が発動したのだった。

一方で、世界を滅ぼし続けるZの願いが娘のためだったと知ったベル・リンは、力を無駄に消費し続けるエミを抹殺するために4人の元へと姿を現した。

という内容。

エミが生きられる世界を取るか、エミが死んでしまう世界を取るかで悩ましい展開だったのですが、エミの潜在的な力が顕在化したことで解決の糸口が見えた。エミの力は特殊能力というより、人間の生命力そのものみたいな感じでしょうね。

これはおそらく、幼いエミが自動車事故で死にかける場面で、父親が彼女を庇い、父はそのまま死んでしまうが幼いエミは生命力を発揮して息を吹き返して・・・というパターンっぽい。エミの心肺停止状態からの蘇生じゃないかな。

ケースはその前にベル・リンに奪われてしまい、4人のヒーローはケースを追う。ケースがベル・リンに奪われたことで世界が分岐するきっかけになった、エミが交通事故で死ぬ直前の時間へと戻り、上のような場面が挿入され、同時にベル・リンが倒されて世界が滅びることはなくなり、ヒーローたちは元の世界へとそれぞれ戻っていく。

これでめでたしめでたしになる。ケースは消失せずに、また誰かの手に渡るのだろう。

って、こんなありふれた展開だったらヤダな。もっと捻ってくれた方がいい。

ともかく、今度はもっとわかりやすい、バカっぽい、かつての悪役のような世界征服を目論む秘密結社の頭目とか、古代文明の怨霊とか、そういうものにケースが手渡って、もう一度4人のヒーローが集結して悪と戦う話で2期が観たいわ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「Fate/stay night」(2006年作品)1話切り [アニメ/特撮]

アマプラに「Fate/stay night」が置いてあったので、久しぶりに観てみるかと食事がてら流していると、何か違う。

すごくマンガ的で、萌えアニメみたいだ。萌えというか、ギャグアニメみたいな。

「こんなんだっけ?」

と彼女さんに問うと、

「それ、古いやつ。そっちが好きな人もいるけど、ZERO好きのあんたにゃ合わんだろうね」

とのこと。

ギャグアニメだと割り切れば、こっちの方が面白いそうだ。

でももう見る機会はあるまいな。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「クジラの子らは砂上に歌う」7話切り(ダメだな) [アニメ/特撮]

急に歌い始めるし、振り付けがついてるし。なんなん?

この世界の様式美なんですかねぇ。

012.jpg


歌で相手の攻撃を無力化するとか、敵を倒すとか、そういうのかと思ったら全然違うし。なんで歌ってる間ずっと待ってたの?

感情を食われてるはずなのにめっちゃエキセントリックだし。しかもあのピンクだけ攻撃的で他のピエロ軍団は役立たずだし。やる気あんのかと。

チャクロはこの期に及んで使えないし。簡単に敵船内に潜入できちゃうし。警備は? どうなってんですかねぇ。リアリティー無視だものなぁ。

その場面で何を見せてどう印象付けてそれを次にどう繋げるかが定まってなくて、ひとつのことがあるとその場でリアクションを入れる。なんでそれで流れが途切れるってわからないのだろう。チャクロの反戦的心情もいちいち入れなくていいよね。

中央塔爆破で敵が侵入してくる場面も、敵がそれを狙っていて、味方が防御し、それが甲斐もなく突破されて絶望、市長が士気を鼓舞するためにその場へ出向くもののその前に長老が子供たちを庇って死ぬ、と、手順を踏んで演出していけば面白いシーンなのになーーーーんもせず「ばくはされたー」「てきがはいってきたー」「オレ、いくけん」だもんなぁ。しかも、この流れも変な女のリアクションを入れて台無しにしている。

長老が死ぬ場面も、感情を失っていない泥クジラ住人と感情のない敵との対比が全然演出されていないからピエロが老人にしてやられるだけのでくの坊になってしまってる。泥クジラ側に親愛の情が深くあって長老のやることが理解できずに落とされるという流れにすればいいのに何でやらないのだろうと。

そのあと長老と市長が呑気に会話を交わしてるのもどうかと思う。長老は子供たちを守るために死んでるわけじゃない。それが泥クジラ住人に共通された行動ならば市長は長老の死を悲しみつつもまずは子供たちのところへ向かわないといけない。

そのあとあのピンクが出てくるでしょ。なぜか感情剥き出しの。長老は子供たちのために死んだのに、市長は長老の名誉のために戦おうとするが役立たずで、それを上から呑気に眺めてあーだこーだ言ってたあの男さ、まず助けに来いよって。泥クジラの危機じゃないのかって。なんで座って偉そうに講釈垂れてんのって。

設定はあっても、何も描けてないじゃんって思うのね。なーーーーーーーーーーんにも描写されてないのと一緒だよ。

結局これ、アニメのクソテンプレから全然抜け出せていなくて、クソテンプレを温存したまま無謀にもシリアスをやろうとして失敗してるんじゃないのって。情け容赦ない宮崎駿ならこの脚本なり絵コンテなりを渡されても即座にゴミ箱行きでしょ。そこまで大物を出さなくてもそこそこの監督なら顔をしかめそう。所詮はJ.C.STAFFだなって。

美術がいいから観ていたが、もう無理。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「一命」(2011年公開)視聴 [アニメ/特撮]

1962年の「切腹」を、三池崇史監督がリメイクしたもの。

映像はそんなに悪くはない。テンポもいい。

ただ、市川海老蔵が意外に殺陣が下手で、動きが遅すぎる。千葉真一の作品を何本か見た後なので、まるで動きが止まっているかのように感じた。科白も聞き取りにくい。それに終始何かを睨んでいて、演技にメリハリがない。

全体に何かがおかしくて、そもそも仲代達也が主演した「切腹」は、武士の様式美を残忍さと捉え直したものなので、もっと血みどろで残虐で日本人は首狩り族かよってくらいやらないとおかしい。ところが妙にヒューマニズムを絡ませてくるものだから、なんだかただの貧乏話みたいになってる。弱者になればどんな失礼を働いてもいいのかと。

この原作の肝はそうじゃないんだよ。もっと徹底的に武士の文化が嫌いな脚本家と監督が作らなきゃいかんわけ。武士を土人扱いするくらいの進歩主義者じゃないと肝心なところが描けないんだよ。

「日本人はこんなに残酷なんですヒーーーーッ」ってヒステリーを起こせるちょっと気の狂った人間が作る作品で、そうじゃない奴らがやるとただの貧乏人の逆切れ話になってしまう。

千々岩求女と美穂の子供が死んで、求女は狂言切腹に失敗して首と胴が離れて戻ってくる。発狂した美穂が主人と同じ竹光で自害、あそこは陰惨にすればするほど「武士って怖い」「武士って残酷」「こんな文化を持って恥ずかしい」と思える。それがそもそもこの映画の肝になる部分。反日なんだよね。

ところがその肝心のところが弱いし美しめに描いてあるものだから、ただの貧乏人の話になってしまった。ああなると主人公の津雲半四郎の行動は、ただの頭の悪い貧乏浪士のたわごとになってしまう。全部お前らがバカなんじゃんっていう。お前らが貧乏なのは誰のせいでもないだろうと。津雲半四郎をただの貧乏人として捉え、感情移入して権力者への憎しみを募らせている奴はただのバカ。元の話を分かっていない。弱者権力の話じゃないんだよ。わからないならすっこんでろと。

というわけでね、これは反日映画になり切れていないし、海老蔵は予想外に下手だし、陰惨さは足らないし、おそらく原作レイプの類。あまり良くない。逆に、弱者権力に感情移入して鼻を鳴らすような連中にはいいかもね。まぁまるっきりなってない。

なお、「切腹」は製作意図に反して神話的悲劇をリアルに表現したものと勝手に勘違いされた模様。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「つうかあ」第7話 感想(レースやるつもりないだろ、死ね) [アニメ/特撮]

バカアニメがいいこと言った。ヘルメットは事故ったら即交換やで。命を守るものをケチったらあかん。

89.jpg


ところでいつレース始まるんだよ。

はよ走れや。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「魔法使いの嫁」第7話 感想(アレが正体なのか?) [アニメ/特撮]

なんか、あっという間に終わってしまったのであっけにとられたが、あれがエリアスの正体なのか?

20160310-1.png


魔法使いというから、もっと人間寄りなのだと思っていたら、妖精というかバケモノ方面の人だったのね。おそらくあのクソガキも魔法使いなのだろう。形態が同じような感じだったし。

オレの感覚だとヨーロッパの魔法使いはキリスト教が入ってくる前の土着的なもの全般にまつわる古い知識とアラブから流入した科学主義の誤った解釈が結びついたものだが、この作品はもっと土着的自然主義というか、自然の中に見えない生物がたくさんいてなかには知識を有した者もおり、それが人間のようにふるまって共存しているという感じなのだろうか?

おそらくイギリス人が考える自然主義とか神秘主義とは違う感じだ。キリスト教やアラブ世界からやってきたものを文明と捉え、文明の光に照らされ見失った闇のような位置づけだとしたら非常に日本的な自然観や宗教観に思える。澁澤龍彦とかとも少し違うような。

でもまぁこれがこの世界だから、おかしいから駄目だとか変だとかいうつもりはない。龍族もいたわけだし。「蟲師」のイギリス版みたいなものかな。

ずっといじけているだけだったチセが少し前向きになって、エリアスの導きもあり魔法を覚えかけた回だったのに、まだ何も身に着けないうちに厄介そうなガキに絡まれて来週はいきなり本気出しそう。

いじけててもどうせいつかは死ぬんだし、前向きになってくれないとね。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ボールルームへようこそ」第20話 感想(千夏と明は) [アニメ/特撮]

千夏と明のところはわかった。わからんのは多々良と千夏だな。

015.jpg


原作が好きでマンガのファンの人や競技ダンスをやってる人には申し訳ないのだが、多々良と千夏のペアに何が起こってるのかさっぱりわからんまま視聴している。

脚を踏んで大幅な減点をされているかと思えばチェックを落としているのはひとつだけ。動きもバラバラだとか、ふたりの呼吸が合ってないとか、そういう描写がたくさんあるのに、審査員の評価はそこそこいいわけじゃない。そこからしてよくわかっていない。

前に予選の審査の話は出てきているので、まるっきりわからんわけじゃなくて、多々良たちが上手いのか下手なのか、評価されてるのかされていないのか、どこが良くてどこが悪いのか、なんというかね、基準がわからんのよ。採点競技をやったことないからしょうがないけど。強いか弱いか、勝つか負けるかしかやったことない。

素人目にはヘタクソに見えるけど審査員には評価されているのか、ベースの能力が高くて少しの失敗でもさほど減点されていないのか、予選がまだそこまで進んでいなくて他の競技者のレベルが低いのか、なんかモヤモヤすんのね。アニメは楽しんでるんだけどね。モヤっとしててもみて楽しむことはできるから。楽しいけどモヤモヤを晴らして欲しいわけ。

清春が多々良にストレッチをやった結果、予想以上に身体が動くようになって逆に危ないという場面で終わって、それは来週になればわかることなのでいいんだけど、モヤモヤしてるのにさらにモヤモヤを増やされた感じなわけ。千夏と明の話は単純明快だからすぐにわかるのに、一番知りたいところが後回しになっているでしょ。オレが編集なら指摘する部分なんだけどね。

来週は副題が「扉」だから、扉を開けて一気にパーーーーッと視界が拓けてくれるといいけど。そのときに、多々良と千夏のカップルがギクシャクしている原因の本質が解明されるとカタルシスになるかもしれない。こういう効果を狙っての伏線ならわかるんだけどね。あ、いけね。先週と同じことを書いてしまった。ここ数週間同じことを書いてる気もするが。

千夏と明はもうわかりすぎるほどわかったからいいのよ。むしろクドイ。説明過多。それに終わった話でしょ。将来的に千夏が明と同性カップルを組みなおしてシニアに出場する権利を求めて行動するとかの伏線ならばマンガだけでやってアニメではカットしてもいい部分だし。

そうじゃなくて、主人公ペアである多々良と千夏が抱えてる問題を受け手と共有しておく方が無難なんだけどなぁと。

どこがどう噛み合っていないのか伏せたままという構成は冒険すぎる。


コメント(4) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - アニメ/特撮 ブログトップ