So-net無料ブログ作成
アニメ/特撮 ブログトップ
前の10件 | -

「ウルトラQ」(1966年作品)第12話 感想 [アニメ/特撮]

第12話 「鳥を見た」 脚本:山田正弘

002.jpg


<あらすじ>

動物園で守衛をしていた男が深夜の見回りの最中に倒れ、意識を失った。動物の檻は内部から破られ、猛獣たちが脱走してしまっていた。男は「鳥を見た」と言い残して絶命した。

翌日、ある港に奇妙な船が流れ着いた。船は外国のもののようだった。情報を受けた万城目淳、戸川一平、江戸川由利子の3人は調査のために船に乗り込んだ。航海日誌のようなものを見つけたとき、1羽の鳥が航海日誌の上に落ちてきた。すると船は突然大きく揺れ、そのまま沈没してしまった。

航海日誌を解読したところ、難破船は998年前の船であった。日誌の最後には「鳥を見た」とだけ書かれていた。船内で見つけた鳥は太古の昔に絶滅した鳥の先祖の一種で、その鳥は10世紀に一度インドで確認されたとの記録があった。その10世紀の船が現代に蘇っていたのだ。

難破船の中で見つかった白い鳥は、船を逃れて漁村の少年三郎が保護していた。鳥は随分三郎になついた。ところがその晩、漁村で飼っているニワトリが全滅する騒ぎがあった。しかも船を盗んで対岸へ渡った三郎を追いかけた村人も白い鳥に襲われた。一の谷博士によって鳥は厳重に隔離するよう伝達があったために、三郎になついていた鳥は警官によって保護されてしまった。

その鳥は40mほどにも大きくなる怪鳥であった。警察はその鳥を籠に入れて留置場で監視していたがみるみるうちに巨大化して手に負えない大きさになってしまった。

鳥は三郎に挨拶した後、西の空に向けて飛び立っていった。

<感想>

通常はOPテーマとともにスタッフロールが流れているが、最後にエンドロールとして流される珍しい作品。998年前の難破船が現代に蘇ったことと、怪鳥ラルゲユウスの関係は曖昧なまま終わっている。

脚本としては理詰めで納得できるものではないが、全体の雰囲気が非常に良くて、三郎少年を必要以上に漁村のお荷物的存在にしていないところが最後の別れに繋がっている。三郎が村民からひどい目に遭わされていれば、ラルゲユウスが三郎を乗せて旅立ってしまう終わり方だったろう。

大きな問題を起こしてしまうこの世ならざるものも、子供にとってはそうではなく、子供は誰とでもどんな存在とでも仲良くなれるという考え方が底流にある。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

2018年夏アニメ視聴予定③ [アニメ/特撮]

追加なかった。

①「中間管理録 トネガワ」制作:マッドハウス

②「ゾイドワイルド」制作:OLM

③「はたらく細胞」制作:david production

④「プラネット・ウィズ」制作:J.C.STAFF

⑤「進撃の巨人 Season3」制作:WIT STUDIO

⑥「アンゴルモア~元寇合戦記~」制作:NAZ

⑦「天狼(シリウス) -Sirius the Jaeger-」制作:P.A.WORKS

⑧「深夜!天才バカボン」制作:studioぴえろ+

⑨「千銃士」制作:トムス・エンタテインメント

⑩「BANANA FISH」制作:MAPPA

⑪「ヤマノススメ サードシーズン」制作:エイトビット

⑫「ロード オブ ヴァーミリオン -紅蓮の王-」制作:アスリードティアスタジオ

⑬「バキ 死刑囚編」制作:トムス・エンタテインメント

⑭「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」制作:スタジオディーン

継続作品。

⑮「ピアノの森」制作:ガイナックススタジオ

011.jpg


⑯「STEINS;GATE ZERO(シュタインズ・ゲート ゼロ)」制作:WHITE FOX

013.jpg


⑰「信長の忍び~姉川・石山篇」制作:トムス・エンタテインメント/V1Studio

009.jpg




「フルメタル・パニック!IV Invisible Victory」が1クールなのか分割2クールなのか2クールなのかよくわからない。でもまだ9話なのでしばらく放送はあるかも。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ピアノの森」第11話 感想(なにがあった、雨宮) [アニメ/特撮]

ショパンコンクールで素晴らしい演奏をした後に雨宮が陥った状態ってなに?

011.jpg


神経過敏なのか。状態がよくわからなかった。

雨宮修平を助けたカロル・アダムスキもおそらくそんなに悪い奴じゃないのだろうが、作画が悪くて何か企んでいるかのような怪しい雰囲気を醸し出していた。なんであんな悪役っぽい雰囲気にしたのだろう。絵がなぁ・・・。原作からああなのかもしれないが。

今週のメインは雨宮修平ともうひとり、ポーランド人のレフ・シマノフスキの演奏。レフくんは普通にいい奴っぽかった。会場周辺の様子とかもう少し綺麗な背景だったら、海くんとレフくんの出会いの場面も印象的だったのにね。絵がなぁ・・・。

海くんの出番は来週。

今週はちょっと地味な回だった。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第22話 感想(ぼくはどうしたらいいですか?) [アニメ/特撮]

「ぼくはどうしたらいいですか?」このセリフ、そっくりそのままお返ししたいわ。

002.jpg


妊婦と夫は地球に残して全員で宇宙の敵に突撃して終わり。

パパはいるけどママがいない世界というのは前に書いたが、ママを記憶を取り戻しそうになって捨てられた旧ナナにしたのはいただけない。パパとママの役割が曖昧になるだけ。

まとまりのないイメージだけのJポップみたいな内容でしたな。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「信長の忍び~姉川・石山篇~」 第12話(64話)感想(教光院如春尼登場) [アニメ/特撮]

今週は千鳥たちが信徒に紛れて石山本願寺(現在の大阪城)に忍び込む話。

009.jpg


思いっきり門戸が開放されおりましたが。

説法を聴いた千鳥は軽く洗脳されて南無南無やり出す始末。あんな生臭坊主の説法すらありがたがるのだから時代というのは怖ろしい。宗教なんていうのは土人時代の産物です。

顕如の妻・教光院如春尼が登場。声優は名前は知らないけど美人で珍しい声の人。教光院如春尼は三条公頼の娘で姉妹はいずれも名門に嫁いでいる。坊主の家に嫁いだので当時の女性としては比較的文書(資料)が多く残っている。さすがに坊主は筆まめである。

今週面白かったのは千鳥が危うく顕如の説法にやられてしまいそうになった場面と、雑賀孫市(鈴木孫市)らしき迷彩服の人物の姿があったこと。わかりやすくていいよな。まさに雑賀衆は顕如の説法にやられて多くが信長と敵対してややこしいことになってしまった。

石山本願寺の明け渡し要求は、まずもってそのアイデアが素晴らしいもので、余人をもって成しえたとは到底思えない。信長の立場に秀吉がいて、同じことをやったかどうかも疑わしい。むしろ本願寺と敵対しない方が良いと判断して「城を作るにはうってつけの場所だな」と思っても立ち退き要求は出さなかったはずだ。

顕如としても信長と敵対するつもりは毛頭なく、おそらくは打開策を探ったはずであるが、石山本願寺の代わりに別の場所を要求することは最後までなく、あくまで石山本願寺死守の構えを獲ったことで信長との関係は完全に断たれてしまった。

安土城完成後まもなく信長が死んでしまったので後事は秀吉が引き継いでしまったが、大阪城が完成した暁には信長が入城し、安土は別の人物に預けられた可能性もある。そもそもここですぐに引き渡されれば、安土城はあったかどうかもわからない。石山本願寺の抵抗が長引いたが故の安土城だった。

ということで来週はまさに忘れたころの斎藤龍興。生きてるんだよなぁ・・・。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「グラゼニ」第12話 感想(なんでたけしが出てるの?) [アニメ/特撮]

ビートたけしが声優で出とったぞ。なんで? 落合博満にでも頼まれたのか?

008.jpg


普通に投球シーンもCGになって良く動くようになっていた。というか、スポーツアニメなんだからここぞってところは動かしましょうよ。

今回で最終回。分割2期だったようで、後半は10月から放送開始。

アニメ「グラゼニ」は話はそこそこ面白い。ただ金の話ばかりだと飽きてくるので、やはり野球に因んだ内容が濃い回ほど面白かったかな。年俸が自分より安い人間には強いが、高い人間には弱いなんてやっていたときは、「技術の話をしてくれ」って思ったもんよ。落合がスランプのときにノックでフライを打ち上げて調子を取り戻していた話の方が深くていいだろ。年俸で結果が決まるとかクッソつまらん設定だったわ。

それに球団名はやっぱり実際の名前の方がいいよなぁ。なんでヤクルトじゃあかんのかと。

2期はもうちょっと作画を頑張っていただきたい。あのねー、最近のバカなアニメファンって1枚絵みたいに綺麗に書くことを作画が綺麗というけど、ちゃんと理に適った動きをさせろって意味だからね。アニメの作画は動きのことだから、絵が崩れているとかそういうことじゃない。

野球漫画が原作なのに、ボールを取った野手が肘を上げて送球動作に入るところすら描けていなかった。昆布みたいに動いてボールを投げていたからな。あれは酷かった。

多分あの娘がヒロインになるのだろうが、あくまで野球漫画のアニメ化なんだから野球の動作を勉強しましょう。全部ぬるぬる動かさなくていいから、動作の基本を押さえろと。

2期はもうちょっとちゃんと作ろう。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「フルメタル・パニック!IV Invisible Victory」第9話 感想(千鳥かなめ生きてた) [アニメ/特撮]

そうかぁ。これはまだ9話なんだ・・・。

017.jpg


久しぶりのアニメ化なので原作ファンの要望に応えることに徹しているとかなんとか。

総集編ばっかりでアニメしか観てないオレは筋を追うのを諦めたので、あとはボンヤリ眺めさせてもらうけど、面白いことは面白い。これだったら全部完成してからまとめてみた方が話が分かるんじゃないかって気がするけど。

潜水艦で逃げたメンバーが再登場して、千鳥かなめの居所もわかったのでここからスタートって感じなのか。もうどこまでやるとかどういうペースなのかとか何もわからん。

いったん切って、全話終わってから観るべきかなぁ。逆にわかりづらくなってるからな。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ヒナまつり」第12話 感想(最終回もすごい) [アニメ/特撮]

最終回だったけどこれは最高に面白かった。

007.jpg


前半はヒナと瞳が学校のモブみたいな男ふたりと雪山で遭難する話。最後の「あれはガリを表現しているのでしょうか?」で大笑い。細かく笑いどころが多くあった。派手なことをして爆笑を取るより細かい笑いを繋いでくるスタイルでした。

後半はもういつだったか忘れるほど前に出演したマオが気功少女として登場。あの女ってヒナを破壊するために組織から送り込まれたものの間違って無人島に流れ着いてそのままサバイバル生活しながらヤシの実でヒナとアンズを作って話しかけていた少女だとは思い出したのだが、それが何話だったのかまったく覚えていない。

まさかあの話を回収してくるとは思わなかった。放りっぱなしにするとばかり。

しかも彼女がインチキ中国人どもをインチキ気功で撃退する場面の作画が最高にいい。ちゃんとカンフーのインチキな動きを再現している。おそらく「メガロボクス」のまるで演出できていないエセボクシングよりよほどまともな動きであった。こういうところに演出の能力の差が如実に表れる。しかもこちらは能力の無駄遣いになっているのが笑える。

及川啓監督は全話絵コンテを描き上げる有能っぷり。「ウマ娘プリティーダービー」も面白かったし、2作同時に放送してどちらも当ててしまった。心配は杞憂であったよ。

原作も面白いのだろうが、アニメもよく出来ていた。これ以上のアニメ化は望めないでしょ。漫画家さんは当たりを引いたみたいでラッキーでしたな。

いまからカンフーアクションの場面をもう1回観るわ。なんか、ヒナたちは高校生になるって話なので、2期は高校編の原作が落ち着いたらやるんじゃないの? とにかくアニメの出来も良かったし、評判も良かった。

スタッフの皆様ご苦労様でした。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ひそねとまそたん」第11話 感想(ひそね、富山県民だった) [アニメ/特撮]

ひそねが本当に自衛隊を退職して富山の実家に戻り、代わりに樋本貞がまそたんに搭乗。

016.jpg


ジョアおばさんがまさかの現役復帰。しかし彼女が昔の友人である八重ちゃんのことを思い出した途端に吻合が始まり、任務遂行が困難な状態に陥る。まそたんは富山方面へと飛んで行ってしまい、ちょうどそのとき自衛隊を本当に辞職して自宅に戻っていた甘粕ひそねがその声を聞いてしまう。

自衛隊を辞職したカスすぎる甘粕ひそねはその声で自分の行いを多少は反省してジャンピング土下座&フォード・インでまそたんに搭乗する。

メンバーが揃ったところでDパイと巫女、神祇官を乗せたドラゴンたちは御龍さまの身体の中へ入っていく。

神事は御龍様の身体の中で行われるようだ。そして神事には生贄が必要になる。という場面で終わる。貞の友人の八重ちゃんは70年前の生贄として多分死んでる。

驚いたのは甘粕ひそねが本当に辞めていたこと。なんか堂々と「辞めます」と宣言していたから何か策があるのかと思いきやまるでなく、普通に辞めて激怒した柿安飛行班長に摘まみ出されて実家に送り返されていた。

しかもそれを公開しているというカスっぷり。いやいや、本物のカスというものを舐めていました。カスって思わぬ行動を取るんですね。そうですか、あの局面で退職しましたか、そうですか。ただ逃げるだけなのにあんなに堂々としていたとはねぇ。

来週は最終回でしょうか。

ぜひ甘粕のカスっぷりはともかく盛り上げていただきたいものです。

いやあ、寒気がするくらい自分本位でしたね。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「STEINS;GATE ZERO(シュタインズ・ゲート ゼロ)」第11話 感想(後半に期待する) [アニメ/特撮]

後半加速してくれると信じて視聴中。

013.jpg


半分終わった時点でこの程度の進行具合ってことは、1期ほど内容が詰まってないのかもしれない。

手を怪我している人がふたりいたけど、女が多すぎて誰が誰やかわからん。

来期、木曜日に何か面白いアニメがあれば切るかも。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - アニメ/特撮 ブログトップ