So-net無料ブログ作成

「銀河英雄伝説 Die Neue These」第5話 感想(第十三艦隊誕生) [アニメ/特撮]

みんな同じ顔に見えてしまう・・・。特徴に乏しいね。あれがキャゼルヌなのかぁ。アニメ顔だなぁ。

001.jpg


旧作は歴史家が過去を振り返るという体裁だったためにナレーションが重要な役割を果たしていたのだが、新作は違うやり方で描いているので政治的側面の解説がない状態で話が進んでいる。

説明ではなく描写で行っているのだから悪くはないのだが、原作の解釈が悪く、脚本家が自分の感性で自分勝手な描写をしてしまっている。こんな頭の悪い奴(高木登)の原作解釈で作り直すとか正気の沙汰じゃない。

ヨブ・トリューニヒトの演説のときにヤンが立ち上がらなかった描写はかなり酷い。何が酷いって、あれはスタンディングオベーションの場面だからそもそも立つ必要がない。上官がヤンを注意したのはおかしい。学校の国歌斉唱で教師が席を立たないのとはわけが違う。もうこの段階で嫌な予感しかしない。スタンディングオベーションに自由の行使もへったくれもない。上官に対して返答しない自由なんてものもない。ただ腕を組んで座っているだけで良かったのに。

ヤン・ウェンリーが自由の解釈を間違っているとか何の悪夢なんだよ、このアニメ。

このシリーズ構成、大丈夫なんだろうか・・・。もしかしてバカの人?

80年代から90年代に戦後民主主義的気分の中で描かれたライトノベルを今日的解釈もせぬまましかも脚本家が勝手な解釈を盛り込んで新作となるとこれはしくじる可能性が高くなってきた。

高木登という人物だそうだが、なぜこんな幼稚な人物を選んだのか。80年代の問題意識をいまの時代にもっと下世話な形でやるというのは愚策といっていいだろう。

ユリアンの科白も酷い。冷静に物事を疑える批判精神と、いざとなったら熱く動ける身体の双方を有していたからあらゆる人の心を開かせたのに、ただの小賢しいガキになってしまっている。

メインは劇場版らしいし、このアニメは見限ってもいいかなと思えてきた。旧作はその古さを脳内で補正して楽しむけども、新作はもっと完全な形でやってくれないと。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

DASH村を再視聴 [ドキュメンタリー]

ヘタすると番組打ち切りかもしれない「ザ・鉄腕DASH!!」。オレがアニメ特撮以外で唯一はまって永らく視聴していたバラエティー番組だ。

その中のDASH村企画は、2011年の東日本大震災で被災して現場が立ち入り禁止地区になってしまったせいで突然終わってしまったのだが、いまでもDASHといえばDASH村と北登の印象が強い。

個人的には2002年ごろやっていた首長竜の発掘企画(国分太一)とつれたか丸(長瀬智也)と村を同時にやっていたころがピークで、2011年近辺は村の企画が見たいのに別のものばかりやって欲求不満になることが多かった。

そこへ起こった大震災の影響でDASH村は半ばタブーとなり、DASH海岸とか無人島開拓とか新宿DASHとか手を拡げ過ぎて収拾がつかなくなってきたときに今回の事件が起こった。でも事件のことには一切興味がない。女子高生たってそんな清純な女じゃないだろ? 別にって感じ。

そこで思い出のDASH村動画をYouTubeで連続して観ていたのだが、夕方からテレビで流し始めて嫁とふたり、ずっとテレビに釘付けになった。DASH村の企画は本当に面白い。最初は村として登録できるかどうかをやるだけだったはずなのに、三瓶明雄さんの指導で里山再生の流れになってから一気に面白くなった。役場とかどうでもよくなり、毎年のように収穫高が上がっていく様は心躍るものがあった。

あまりに面白いので、DASH村の開始当時から村の部分だけノーカットで繋げた動画がないか探しているのだが、なかなか思い通りの動画が見つからない。企画として10年以上続いたことですべてを保存している個人が少なく、日本テレビは震災のこともあって出したくないのだろう。

それで2007年くらいの映像を鑑賞したのだが、企画開始から7年でDASH村は驚きの発展を遂げているからすごい。種子が豊富な分だけ江戸時代の農民よりよほど豊かな里山を作り上げている。無人島企画と違って場合によっては電動器具が使えるのも作業を速めている。2007年にいったん完成してすぐに壊れた水車がどうなったのかまるで記憶がない。

例のメンバーさんが画面に映してはいけない状態になったことで益々陽の目を見る可能性が減ってしまったが、ウチの夫婦が楽しみにしているのはメンバーさんが大工として活躍するDASH村の企画だ。

DASH村完全版を何とかして観たいものだと。

こういう人って結構多いと思うのだが。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「朝食亭」(2009年作品)感想 [映画]

どんな重大な事件が起こったのかと期待していたら、ただの飲酒運転だった。

飲酒運転などと甘く見ていたら重大なことになるという教訓にしても弱いし、恋愛ものとしても弱いし、メシものとしても当然弱い。盛り込んだわりにこんなことなのかとちょっと失望。本当はみんないい人なのにちょっとした気の緩みが人間関係をめちゃめちゃにしてしまうという・・・やっぱり教訓話なのかな。

全体にほんわかした雰囲気があって視聴できるのだが、すごいことがありそうでないという中途半端さが気持ちを盛り上げてくれない。プライム特典じゃなかったら見たかどうかわらない。でも役者さんの演技はみんな素晴らしくて、それで何とか見ていられるのかも。

人情噺としてはあまり良い出来ではない。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ジュラシック・パークIII」(2001年作品)感想 [映画]

ジョー・ジョンストン監督による「ジュラシック・パーク」3作目を視聴。

Ⅱよりは格段に良くなり、Ⅰの雰囲気に近くなる。その分だけ似たようなストーリーで新鮮味に薄い。主人公は「ザ・フライ」のおっさんから「ポゼッション」のおっさんに戻っている。

エンターテインメント作品としてこれ以上ないほど良く出来ていて、劇場で観ても絶対に後悔しないタイプの映画。これがもう17年前ですか。そうですか・・・。

ここ数日80年代後半から00年代初頭のハリウッド大作を見ているのだが、かつてあれほど素晴らしいと思えたハリウッドの脚本もおおよそパターンがあって脚本の面白さで勝負していないと分かる。家族に関することなど外せない部分も多くて、やはり映像の魅力がないとダメなんだなと。映像の迫力はどれも凄い。

「ロボコップ」がまだストップモーション・アニメであったのに対し、「ジュラシック・パーク」はCGとロボット。この切り替わりは本当にすごい。映像のレベルがどんどん上がっている。00年代初頭にはトールキンの「指輪物語」も映像化されている。あれもプライム特典に置いてあるが、もう何度も観たのでパス。

ここまで凄い映像を見せられながら「やっぱ怪獣の方が好きだな」って思ってしまうオレは本当に困ったものだなと思う。

火を噴けと。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「蒼天の拳」(2006年作品)第1話~4話 感想 [アニメ/特撮]

そんなに面白いものじゃなかった。

010.jpg


手描きなんだけど作画のレベルが低くて脚本もダサい。溥儀が笑えたくらい。

もうこれ以上観てもしょうがないと視聴断念。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

タケノコ掘り放題 [日記]

我が家の裏山でタケノコ掘り放題状態が続いている。

掘っても掘っても生えてくるのでよその家の人が無断で立ち入っても何も言わず好きなだけ掘ってもらっている。それでも1日5本は確保できる。

ところが都会生まれの都会育ちのふたり、タケノコの食べ方がわからず、そもそもアク抜きの方法を知らず掘るはたから皮を剥いているところを近所の人に見つかって「それは皮ごとゆでるんだ」と窘められてしまう始末。そうだったのか・・・。

しかもどこからどこまで食べられるのかわからないものだから、しっかり下まで掘らないし、皮は剥くし、先っぽを折って捨ててしまうしの乱暴狼藉ぶり。でもなぜか翌日にはそこら辺に捨てた皮ごとなくなっている不思議。何がいるのか・・・。

そんな感じだから、茹でて食べてもしっかりエグい。味付けが悪いのだと思って出汁で炊いてもやっぱりエグい。掘ったばかりなのにエグい。お隣さんに訊いたところ、米の研ぎ汁で皮ごと茹でて1日放置が原則だそうだ。しかもうちが掘ってるのはちょっと育ちすぎで、土が盛り上がったばかりかちょっと顔を出した頃じゃないとダメだとか。そんなの見つけられない・・・。根っこが見えるまで周囲を掘らなきゃいかんらしいし。

ということで今日掘った分からそうやってアク抜きしている。問題なのは米の研ぎ汁がそんなに出ないってことだ。夫婦で1食1合がやっとなので1日5本分も研ぎ汁なんで出ない。仕方ないので小麦粉を入れたらダマになってしまった。どうしろと?

初めてのことだからしょうがない。まだまだ毎日タケノコは生えてくるそうだから今年中にアク抜きをマスターしたい。



コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

「蒼天の拳 REGENESIS」第5話 感想 [アニメ/特撮]

ヤバイ。5話まで観たのに全然話が分からん。

010.jpg


「蒼天の拳」を観ておくべきだったな。どこにも置いてなかったんでパスしたが。

いま調べたらGyao!に置いてあるみたいだから来週までにざっくり観ておくわ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「お前はまだグンマを知らない」第5話 感想(ネタ尽きる) [アニメ/特撮]

平面うどんと団子とカルタでもうおしまいなのかグンマよ。

004.jpg


文化不毛の地はつらいな。

ところで、行政からいくら騙し取っていくら中抜きしているのか言いなさい。企画とPで10人はおかしいですよね? 原画より忙しいんですか(笑

人手がいりますか?wwww



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ゴールデンカムイ」第4話 感想(にしんそば) [アニメ/特撮]

にしんそばってやっぱり向こうの名物だったのか。祖父がとにかく好きでよく食べていた。

012.jpg


今週もアイヌの料理が出てきて満足。いわば郷土料理だよね。アイヌに鉄鍋を売りつけたのはおそらく日本人。アイヌは製鉄はやってなかった。

アイヌを先住民族と定義して国家に対するゆすりたかりの道具にするものだから、いまアイヌの団体の構成員のほとんどが朝鮮人なんだよ。アイヌ関係なくなってる。オレはいまこのことに本当に怒っていて、北海道への中国人の侵略とそれに加担する日本人、オーストラリア人をどうにかできないか考えているところ。

本当はそのことも書きたいのだがさすがに政治問題すぎるので今回は控えめにしておく。だがアイヌの血統なんて全国にいくらでもいるんだよ。アイヌは別に差別なんてされなかったので文化的にアジャストしてからは普通に日本人として混血していった。女性もハッキリ言って京都の人間より美人が多い。男性も彫が深くて格好いい。不細工な朝鮮人がアイヌ問題で不当に税金から利益を受けていることに本当に腹が立っている。

このアニメのアシㇼパという名の少女がウチのアイヌの曾祖父と一緒くらいの年代と書いたが、曾祖父は文化的に日本人と異質なところはあったが言語は苦労なく喋っていたそうだ。アシㇼパと杉本が会話できている感じと同じだ。

いま北海道は中国に侵略されている途中で、その手助けをしているのがJR労組や日教組なのだが、彼らはアイヌをアメリカの先住民か何かのように宣伝し、日本人を侵略者のように印象付けようとしているがまるっきり違う。アイヌの言葉はヤマト語の古語の流れで、日本語の発音が5つの母音に整理される前の古い日本語が北海道、樺太という隔絶した場所に残っていただけだ。日本語のカミとアイヌ語のカムイは同じ言葉で、そもそもカミの発音はカムイに近かった。それが飛鳥、奈良、京都文化の中で方言を整理する過程があって母音の違いを放置すると言葉が通じないから整理したのだ。

倭人(和人)とアイヌは江戸のころより交易があり、交易を通じて信頼が熟成され、言語の微調節を経て普通に関わるようになっていた。重要なのはアイヌに契約の概念を持ち込んだことだ。アイヌといっても様々な部族がおり決してアイヌという単一の組織があったわけではない。だからアイヌ同士の商習慣はその場での物々交換が当たり前だった。お互いに物を持ち寄り、交換できる量をその場で交渉しながら合意すれば受け渡しをするのだ。

しかし倭人(和人)はアイヌにツケ(後払い)を教えた。

アイヌは狩猟採集民族なので交換できる余力を蓄える手段に乏しい。多く獲れたときは物は余り、少ないと飢える。そこに倭人(和人)がやってきて蓄えておけるものとして毛皮などを多めに集めるよう教え、やがて米や金を教えた。交流すれば生活が安定するから倭人(和人)との取引場所は活況を呈していたことだろう。その後北海道の開拓がはじまり、狩猟採集で環境と一体となったアイヌ文化と農耕を主体とした倭人(和人)分化が交わっていった。

そこまではなんに問題もなかったが、やはり日清日露戦争を経験した帰還兵がいろいろやらかしたかもしれない。

劇中ににしんそばが出てきたが、これは祖父の大好物だった。祖父はにしんの煮つけがあれば他に何もいらないって人だったな。アシㇼパみたいに多くの料理は知らなかった。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2018/05/01 [日記]


コメント(0)