So-net無料ブログ作成

「バットマン」(1989年作品)感想 [映画]

1989年の「バットマン」第1作。監督はティム・バートン。

当時アメコミヒーローの再生産が始まっていて、「スーパーマン」などはあくまで劇場映画として成功を収めていた。「スーパーマン」までは映画雑誌でも好意的に扱われ、役者の演技や脚本が作品の良し悪しを決めるのだと誰もが思っていた。そして、主役俳優はいわゆる銀幕のスターとして認知されていた。映画はまだ人々にとって特別な存在であった。

ところが「バットマン」に関しては、映画というよりは広告代理店の商品として売り出された。それまでの良い作品を作り、高い評価を受け、商品展開されるのではなく、映画が公開される前からタイアップ商品が大量に出回り、バットマンの図柄が社会に浸透してから映画が公開されるというそれまであまり経験のないマーケティング手法が採られた。

そしてそれは大成功を収めた。

映画「バットマン」第1作でで重要なのはこの部分だ。1989年という時代は、良い商品を作って売るという手法がマーケティング手法に取って代わられた時代の前触れを成していた。「バットマン」の成功は、世の中のありとあらゆる場所に浸透して、作り手の価値は落ち、売り手の価値を上げていった。

工場で日々良品を作るよう努力している人たちはバカにされ、ただの粉末コーンスープに「じっくりコトコト煮込んだ」と商品名を付けて売る人がもてはやされた。「バットマン」が面白いかどうかではなく、より多く公開前に露出して浸透を図ってから公開すれば利益を最大化できるという理屈の方が重要だった。

のちに中産階級瓦解の一因をなすこの変化について言及する人は少ない。

一方で、「バットマン」第1作は、ティム・バートンの作家性に依存し作品の質を高めた映画であった。ティム・バートンがリメイクしたこの映画の完成度が高かったために、その裏で起こった「作り手と受け手」から「広告代理店と消費者」への変化は上手く世間から隠されることになった。また隠されたことで、この「売り手の変化」はすべての企業に浸透していったのだ。

アメコミの世界をリアリティーある世界に落とし込む80年代から始まった流れは、荒唐無稽な脚本の採用を可能にした。またCGへの変化にも対応した。日本の特撮ヒーローは、ハリウッドがこの時代に行ったことをやらなかったためにいまだに特撮部分が実写の絵から浮いてしまっている。

「バットマン」はいろんな意味で時代の変わり目に位置していた映画である。




コメント(0) 

「重戦機エルガイム」(1984年作品)第16話~20話 感想 [アニメ/特撮]

悪ふざけの部分がかなりきつい。

002.jpg


当時は高橋留美子が売れてラブコメブームの時代だから、こんな脚本になってるんだろう。

ちょっと富野に合ってない感じがするなぁ。

噛み合ってないし、やはりどこかが雑。作画に関してはあの時代のアニメなんてこんなものだと思ってるから良いのだが、作劇が安易で観ててイライラする。



コメント(0) 

削除された文言は籠池氏の発言 [政治]

記録用。ブログはメモ代わりとして有能。ずっと残るしね。転載元の方はいつもごめんなさい。うちはアフィリエイトサイトじゃないから許してね。

元記事→http://www.moeruasia.net/archives/49598833.html

723: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/03/12(月) 12:26:35.47 ID:dwWW0FIM0
■籠池のウソ一覧

・昭和天皇が森友学園に来園した → ウソ
・安倍首相が森友学園に来園した → ウソ
・財務局から10日間身を隠してくれと言われた → ウソ

・安倍首相と居酒屋で会った → ウソ
・稲田大臣と感謝状贈呈式で会った → ウソ
・麻生大臣と2回会った → ウソ

・大阪府に提出した契約書 → ウソ
・国交省に提出した契約書 → ウソ
・関西エアポートに提出した契約書 → ウソ

・総務省に入省 → ウソ
・関西大学法学部卒 → ウソ
・竹田恒泰から推薦された → ウソ

・無断で安倍首相の名前を使って寄付を集める
・3つの通名を使い分ける
・安倍さんから寄付を受けた → 寄付金名簿に名前無し

834: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/03/12(月) 12:33:23.12 ID:dwWW0FIM0
財務省調査結果 14件書き換え

さらに、平成26年4月、森友学園側から、近畿財務局との打ち合わせの中で、「安倍総理大臣夫人の昭恵氏を、現地に案内し、『いい土地ですから前に進めてください』との言葉をいただいた」と発言があったとしていますが、これについても、削除されています。

[NHK 2018.3.12]
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180312/0009112.html


注:

①「いい土地ですから前に進めてください」と言ったのは籠池証言だけ。籠池があまりに胡散臭いために財務省はこれを(独断で)削除。咎められるべきはすぐに資料を出さずに解決を引き延ばしたこと。

②政治家の名前として平沼、鳩山弟、鴻池の名前が出ているが、平沼(野党議員)鳩山弟(出戻りの冷や飯喰らい)に陳情に行ったということは官邸が籠池を突っぱねたという証拠にしかならない。

③鴻池で名前が止まっているということは、親分の麻生には話を通していないということなので内閣にも影響なし。鴻池から平沼に話が行ったのならむしろ自民が籠池を排除したということ。



1年騒いでこれかよ朝日・・・(´・ω・`)

それに財務省はどの面下げて国民に増税をお願いするのかって話。消費税1%で2兆円の増収と言われている(言われているだけで現実は景気後退で税収は下がっている)から年間4兆円の恒久財源があれば増税見送りできる。

役人の給与削減や老人優遇削減、電波オークションで4兆円をひねり出し、増税を恒久的に見送りできれば内閣支持率爆上げ案件じゃん。増税は次の内閣がやればいい。安倍ばっかり引き受けることはない。以前は1内閣1増税が限度だったはず。

財務省は勝手な忖度をやりすぎましたなぁ。




コメント(0) 

「重戦機エルガイム」(1984年作品)第11話~15話 感想 [アニメ/特撮]

全54話はきっついな。長すぎる。

002.jpg


ダバ・マイロードがヤーマン族の王子だと分かって、ステラ導師が爆風で吹き飛ばされたところまで。

全54話は嫁を説得するには長すぎる。



コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/03/12 [日記]


コメント(0)