So-net無料ブログ作成

「仮面ライダーアマゾンズ」(2016年作品)第10話~13話 感想 [アニメ/特撮]

これは絶対にseason2がつらいパターンやん。絶望の未来しか見えないwww

release600_338_1.jpg


マモルくんが人間食べちゃったところからつらかったわぁ。たしかにこれはテレビ局の企画は通らんわな。だからテレビはつまんないんだけど。

ハルカと美月はあれは決別と捉えていいのだろうか。人間を食ってもいいと言い放っちゃったからな。あんなの聞いたらいままで通りの関係でいられるはずがない。

いやぁ面白い。原点回帰についての考察はおいおいやるとして、すぐにseason2に移りたい。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

世界同時株安進行中 [経済]

ダウが再び1032ドル、率にして4.15%下げて世界同時株安進行中。しばらくはこんな感じで下げ基調が続きそうな気配。

でもこれはいろんな意味で吉報。まずずっと1本調子で上げてきた日米の株価連動投資信託を購入するチャンスが来るということ。もちろんいま持ってる人には関係ない話だが、アメリカの政治状況や日本の日銀総裁交代が話題になるタイミングで持ってる方が悪い。

投資大好きの嫁との話し合いで日経平均19000を切るまで調整すればかなり利益出るねーなんて話をしているのだが、今回はアメリカ発の株安なので米マーケットが安定するまで切り返さないはず。

そのタイミングが難しいのだが、もしかするとアメリカが折れてTPPに現在の条件で参加するタイミングがそうかもしれないとか考えている。これはアメリカのトランプ大統領がTPPが中国韓国抜きの巨大経済圏で表向きの自由貿易圏の問題よりブロック経済圏の要素の方が重要だと気づき、日本の安倍政権と連携を強めるということなので、株価反転のきっかけとしては分かりやすい。

問題はトランプが公約でTPPに反対していたことで、彼のメンツを立てるためにカナダを巻き込んで交渉が白紙に戻るとか、締結が長引きそうだとなると株価は長期にわたって低迷する。逆に英国が頑張ってTPPに懐疑的なアメリカカナダを説得すると株価の反転は早くなる。英国はこれを機に環太平洋でないに関わらず参加しようと画策するはずだ。

線香などというどうでもいい問題でTPP交渉担当の茂木が責められていたり、日銀総裁問題、株価下落に伴う安倍政権の支持率下落などが重なると日本がまとめ役として機能しなくなるので要注意だ。

日本株はバカな老人が株価24000円程度でバブル認定したせいで上げ切らないまま潮目が変わってしまったが、これも逆に言えばPERが低い分だけ上昇余地は大きく、米株に合わせて下落すればさらに上昇余地は大きくなる。バカな老人は株価で物事を判断するが、PERで判断する世代が中心になってくれば日本株の方が米株より上昇幅は大きくなるだろう。

しばらくは売って遊んで暮らすしかないな。

仮想通貨は金融引き締めでどっちにしても下がるしかない。

追記。

上で指摘した「バカな老人は株価で判断する」ってやつですが、彼らは今回の下げがアメリカの株価がPERで21倍を軽く超えていたことを知らないか無視しているので何で下がったか理解できない。もともと調整に入る局面を探っているところにFRB高官の金融引き締めを急ぐべきとの講演をきっかけにして下がった。

年末年始のアメリカ株高騰に連動していなかった日本株は本来下げ幅が小さいはずで、昨日などはそれを見越した外国人の買いが入って上げたのに、金融資産を持ってる日本老人が売ってずっと上がらない状況が続いている。年末年始で27000円まで上げていれば日米が普通に連動して売買が楽になるのに、老人が低能すぎて上げ切らないものだからややこしくなっている。

日本が安定してドル高に振れ、その上で米経済の好調を確認して自律的に切り返すのを待つしかない。

下げ基調のときだけ鼻を鳴らして投げ売りするバカ老人の損失分は、後で美味しくいただけばいいだけです。

彼ら老人はなにせバカなので「アベガーアベガー」と口に出来れば満足なんですよ。

今日は信用買いパンパン銘柄を売って売って売りまくるよー。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2018/02/09 [日記]


コメント(0) 

「ゆるキャン△」第6話 感想(あれは壊れる) [アニメ/特撮]

コンパクト焚火グリルっての、脚が脆いからスキレットなんか乗せると速攻壊れる。

228.jpg


うちのダッチオーブンなんか乗せたら瞬殺。ピンクが持っていった土鍋も正直ヤバいはず。あんな大きな土鍋に具材と水を入れて調理したら脚が壊れて土鍋がひっくり返って大惨事になりそう。そもそも投入できる炭火が少ないから水が湧くかどうか微妙。何考えてるんだあの糞ピンク。

それに側面も弱いから、薪なんて投入できないと思うけど。最近のはあんな小さいのでも高性能なのだろうか? 昔は小さいのは脆くて使えなかったものだけど。ただあのサイズは炭があまり入らないから、壊れなくても使いにくいは使いにくい。

あれよりもうちょっと大きいやつで手羽先を焼くのが好きだったな。炭火で手羽先を焼くと上手いんだよな。表面をあぶった手羽先を出汁にしてカレーを作っても旨いし。肉がほぐれて下に落ちる心配もないし。劇中でハンバーグを買ってたけど、網でハンバーグとか自殺行為だろ。

でも火力が炭火だから網を乗せて肉を焼く分には使えるけど、類似じゃないが似たような商品でコンパクト電気焼き鳥グリルってのがって、これがまったく使えない代物。火力不足で焼き鳥を焼くのに30分くらいかかる。煙ばっかり出てとんだ詐欺商品だったわ。他に書く機会がないからついでに吐き出させてもらった。

焚火グリルっていうか薪グリル、欲しくなっちゃったけど、火力の調整と煤が問題なんだよな。キャンプ専用じゃなく、煤の出ない仕組みの薪グリルが出たら買っちゃうわ。薪もあるしゴミもちょっと燃やしたいし(違法です)。

まぁあれですよ、ちょっと火を起こして出るダイオキシンなんか何の問題もないですから。そんなもので死ぬくらいなら途中で出てきたベテランのじいさんなんかとっくにダイオキシンで死んでるっていうの。炭や薪で肉を焼くくらいの温度が一番ダイオキシンが出るからな。

オレはいま山の中に住んでるから、ゆるキャンというより家キャンだな。自宅バーベキューをする家も多いんだし、家キャン用品の開発を急いでもらいたいね。

面白いアニメだが、ピンクは本当にどうにかならんのか。大阪弁も眼鏡も正直どうでもいい。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「仮面ライダーアマゾンズ」(2016年作品)第8話・9話 感想 [アニメ/特撮]

7話と8話に出てきた謎の男はやっぱりただの殺人鬼だった。

release600_338_1.jpg


殺人鬼を許せない緑アマゾンと殺人鬼でも人間である限り守るという赤アマゾンとの違いを際立たせるエピソード。守るといっても治外法権で裁かないというだけで赦すわけではない。この部分がちょっと尺不足で物足らなかった。警察に引き渡すなりアマゾンの秘密を知ったということで製薬会社に暗殺されても良かったのに。

大人向けの仮面ライダーという当初の評価は若干修正されつつあって、やはりこれは規制を緩めた平成初期ライダー、平成ライダーの原点回帰的な作品だと思う。

昭和の仮面ライダーも含めた原点回帰作品は「仮面ライダーW」だったと思うが、「仮面ライダーアマゾンズ」は平成ライダーだけの原点回帰作品じゃないかな。ふたつの原点回帰作品についてもう少し整理して評価したいところ。それにはもうちょっと視聴を進めないといけない。

ボンヤリしたまま評価すると、Wはゴテゴテしすぎたアーマー類を外した部分と、風力エネルギーや昭和ライダーの探偵的要素の継承という点で原点に戻り、「仮面ライダーアマゾンズ」は心の痛みを感じる作品に戻した点で原点に戻っている。この部分をもうちょっと絞り込んで評価したいね。ただ、「仮面ライダーアマゾンズ」の比較対象は「仮面ライダーW」だという部分は決まった。

モロに仮面ライダー世代である長谷川圭一氏と、同世代ではあるが女性であることから変身ポーズをやって遊んではいないであろう小林靖子女史との違いもあるだろう。長谷川圭一氏の原点回帰は自分が子供のころに観た仮面ライダーへの回帰で、小林靖子女史は自分が執筆した仮面ライダーへの回帰だったのかもしれない。

もちろん脚本家が設定やストーリーを考えているわけではないので両者の違いだけではないだろうが、「いまの方向はちょっと違う。原点に返りたい」となったときに戻る地点が違うのは確かだ。

第9話はフランス映画の「デリカテッセン」みたいだったな。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ