So-net無料ブログ作成

「エルフィンリート」(2004年放送)第1話 感想 [アニメ/特撮]

この、あたま腐ってる感じ・・・。

777.jpg


「極黒のブリュンヒルデ」と同じ作者なんだな。こういう人なんだからしょうがない。持って生まれた才能ってすごいなぁ。欲しくはない才能だけど。

このアニメを監督した神戸守氏が人間て複雑だみたいな話をしているが、いや、人間が複雑なわけでも、キャラクターが複雑なわけでもなくて、作者の頭の中がとっ散らかってるだけだから。「エルフィンリート」が人間を描いてるみたいな話にするのは良くない。

もうすぐ1か月の契約期間も終わるし、これなら途中で視聴打ち切りになっても後悔しないから、ネットフリックスの最後はこのスプラッターアニメにしておきます。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「Death Note/デスノート」(2017年公開)感想 [映画]

アダム・ウィンガードによるハリウッドリメイク版「Death Note/デスノート」を視聴。

死ぬほど退屈。とにかく面白くない。ホワイトウォッシュとかそんなことの前に脚本がつまらない。まるっきり「Death Note」っぽいスリルがない。

「Death Note」ってスピンオフは全然アカンが、ホワイトウォッシュバージョンも全然おもんない。

あきまへんな。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」(2016年公開)第12話・最終回 感想(光の彼方へ) [アニメ/特撮]

最終回にして初めてOPを聴いたんだけど、これオレのtouchに入ってるな。歌だけ収集してた。

169.jpg


エンペラーの目論む人類の初期化とは、すべての人類から言語の存在すらも消してしまうことだった。カタリーナは彼によってすべての記憶を奪われてしまった。

ガーディアンズを振り切った00ナンバーサイボーグたちは009の下に集結した。

エンペラーを倒すカギは、003を救ったときに感じたあの時間を遡る加速だと分かっていても、それはなかなか再現されなかった。ところがある瞬間不思議なことが起きた。エンペラーは加速中の009が見ているものを同時に体験した。カテリーナの脳をシンクロさせる能力が勝手に発動したのだった。

激怒したエンペラーはカテリーナを殺した。009は加速することで事象の地平線を超え、エンペラーが最後に到達する別次元にある場所へと彼とともに移動してしまった。

これをもってブレスドが関与した事件は解決した。


という話。

細かいところで強引な脚本だとは思ったが、力技で畳みかけるのもまたヒーローものの良い点なので、これはこれでいい。全体的にちゃんと「サイボーグ009」していたところが最も良い点だ。変にリメイクだから何かしなきゃと余計な要素を入れなかったのが成功に繋がってる。「Infini-T Force」はあれだけ恵まれたリメイクでありながら何もかもなってなかったな。映像は素晴らしかったが、物語を作る方が完全に能力不足だった。

石ノ森章太郎は「サイボーグ009」をどんどん壮大な物語にしていったけども、最後の方は自身の手に負えないまでになってしまい、一応原作に目は通していたがあまり面白くはなかった。むしろこのリメイクぐらいの感じが「サイボーグ009」としてはちょうどいい。受け手だった子供がしっかり物語をつないでいる感じに安心する。「Infini-T Force」のスタッフはろくに観てない奴が脚本を書いてるはずだ。

002と009がどこかに行ってしまったというところで話が終わって(影は出てくる)いるので、続編を作るのは容易だ。この間スーパーマンとバットマンが戦うハリウッドの映画を観たのだが、全然面白くなくて、あれに比べれば「サイボーグ009」や「デビルマン」や「マジンガーZ」や「宇宙戦艦ヤマト」は恵まれている。

手塚治虫の作品もことあるごとに映像化されているし、日本のキャラクターたちは幸運だ。リメイクに愛があるよな。「Infini-T Force」のスタッフには愛はなかったけども。

そんなわけで、1か月でネットフリックスも十分堪能したし、また面白いアニメが溜まったら、あるいはアマゾンプライムが値上がりしたら、こちらに乗り換える。

あと数日視聴できるはずだが。

あ、そうそう。IGとボンズの業務提携は期待している。萌えじゃない燃えるアニメをたくさん作ってもらいたい。

追記することがあるとすれば、001が可愛すぎるってことかな。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ゆるキャン△」第5話 感想(登り9㎞) [アニメ/特撮]

登り9㎞。富士山の5合目まで原付で行ったときはエンジン死んだぞ。よくバイクが死ななかったな。

228.jpg


りんのバイクってYAMAHAビーノのはず。原付でも行動力さえあればどこにでも行けるよね。逆に行動力のない奴が大排気量のバイクを買ってもどこにも行かない。近所を少し乗り回して飽きて手放したりするよな。ありがちな話。

今回は野クルの連中も少しキャンプらしきことをした。逆にりんは全然ついてない。長野まで原付で出かけてあの仕打ちはつらい。でも田舎はいろんなものがガンガン潰れたりしてるから仕方がない。ああいうのって儲かっていても後継者がいないから潰れてしまう。黒字倒産て意外に多い。まぁあのりんが行った温泉は経営難だろうけど。

監督の京極義昭氏はこの作品が初監督らしいけど、かなり優秀。何が良いってアニメ臭さが少ない。前期やってた「つーかー」なんかアニメ臭さの権化みたいなゴミだったが、ああいうものがない。ひとつひとつちゃんと演出してみせようという意図がよくわかる。続編とか作るならぜひ同じ監督にやって欲しいよね。某けものアニメみたいなことをせずに。

「女の子がキャンプをするアニメ」も、演出次第で萌えにならずこうして楽しい作品になる。絵柄が萌えだから一般人に浸透しにくいだけ。

「誰が監督をやっても同じ」とか「原作をそのままアニメにすれば同じ感動がある」とか、あんなもの全部ウソだからな。

なんでも演出次第。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2018/02/02 [日記]


コメント(0)