So-net無料ブログ作成

「DEVILMAN crybaby」第6話 感想(ミーコがまだ) [アニメ/特撮]

むっちゃすごい展開の「DEVILMAN crybaby」、第6話も面白すぎて泣ける。

666.jpg


やはり人間と悪魔という流れは第5話で終わり、第6話からはデビルマン軍団結成の流れ。飛鳥了が悪魔に憑依された陸上界のスーパー高校生(ホモ)の正体を暴き、ネットで世界中に配信してしまう。しかし不動明はそんな彼を哀れみ、彼を同じデビルマンとして受け入れ、了には始末したと嘘をついて彼を連れ去っていくところで話は終わった。

第5話の感想で書いたが、テレビ局と出版社が当初企画した永井豪の新作ヒーロー漫画・アニメ「デビルマン」は「DEVILMAN crybaby」の第5話ほどのところで終わっており、この先は永井豪が本当にやりたかった部分であり、一方でテレビ局や出版社が乗り気ではなかった部分でもある。

よって作品自体はページ数にかなりの制限があり、原作は端折るだけ端折った流れになっている。永井豪の頭の中にあるものを全部描かせれば面白くなるというものではもちろんないし、黙示録編などダラダラ描かせても石ノ森章太郎版の「幻魔大戦」にしかならず、ああいう終わり方でよかったという意見もある。オレも同感だ。

だが、それでもやはり面白いのはここからの展開で、悪魔でも人間でもないデビルマンとしてのアイデンティティを持とうとする不動明と、悪魔に接した人間の恐怖と裏切り、孤独、絶望こそが「デビルマン」という創作の本質だ。

この部分をどうやって映像化するかというところで、何度も描いているがこのアニメは大成功している。第6話も、原作のあのミーコを良く活かした脚本になっている。

いまのところ完璧だが、悪魔軍団が宇宙からやってくるシーンはこのアニメでもやらないかも。ジョン・ミルトンを読んでないと永井豪のあの絵を見てもピンとこないからな。それに堕天使ルシファーの存在も原作では曖昧なままだったし。

ハリウッドの連中はジョン・ミルトンの「失楽園」くらいは読んでるから、あの宇宙からルシファーたちが地上へ舞い戻り、死を恐れずに人間と合体していくくだりが恐ろしいんだよね。だから悪魔と合体した人間=デビルマンの部分が全然理解できない。悪魔と合体したなら悪魔だろうと思ってしまう。悪魔の能力を身に着けた人間が悪魔と戦う部分が理解できない。最後は人間が勝たないと気が済まない。ジャンヌダルクが火あぶりになった時代と全然変わっていない。

「デビルマン」で創作された「魔の力を制して善となる」アイデアは、のちの作品に大きな影響を与えた発想だが、もっと使われてもいいと思うね。究極的に人を信じていないとデビルマンにならずそれは悪魔になってしまう。

この危うい力の制御の部分が、人を惹きつけてやまないんだよね。人間の裏切りをこれでもかと不動明に叩きつけていく展開は、永井豪にしかできない創作であった。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「DEVILMAN crybaby」第5話 感想(シレーヌ死す) [アニメ/特撮]

第5話は、ついにデビルマンとシレーヌが対決する。相変わらずカイムがイケメン。

666.jpg


不動明は徐々にアモンの影響を肉体に受けるようになってきた。

激しい性衝動を悪魔狩りで発散させていた不動明だったが、ついに制御することが難しくなり、飛鳥了を頼って彼のマンションに転がり込んだ。了は明に金を渡し、人間の意思は弱いものだからそれで発散させて来いという。そこで明は女を買うために女衒街を彷徨ううち、ある女に呼び止められた。

売春婦に成りすましたシレーヌの肉体をむさぼる不動明だが、シレーヌに問いかけられてもいっこうにアモンの意識は呼び覚まされない。情動を抑えられず不動明の肉体の中のアモンを求めるシレーヌは、業を煮やして不動明=デビルマンを殺しにかかる。だが、デビルマンを殺すために放った自らの爪が身体を貫き、頭部の半分を引き千切られると死を悟った。

するとシレーヌの部下のカイムが己の命を託すからデビルマンを倒せとシレーヌに持ち掛けた。合体すればカイムの命を奪うと躊躇するシレーヌだったが、彼の覚悟を見定めると合一し、デビルマンに最後の一撃を叩き込んだ。


第5話はこんな感じだ。

サバトパーティーに参加したミーコは人が違ったように変り果て、陸上部で頭角を現している。4Kとかいうのがイベントとしてあるらしいが、ミーコと美樹の件はオリジナルだろう。いや待て小説版かもしれないので調べてください。

ミーコの件はのちの伏線になっていて、メインの話はデビルマンとシレーヌとの戦い。対シレーヌ戦は名場面なので外せないところだが、ジンメンほどインパクトのある話ではない。地獄の勇者アモンのことを詳しく覚えていて邂逅したいと熱望するキャラクターはシレーヌだけだから、その点で外せないのだ。アモンのことも確か後付け設定だったはず。

テレビアニメ版ではデビルマンに変身するとアモンの意識が蘇っていたような気がする。それでシレーヌのことも思い出していたんじゃないかな。原作はどうだったろう。忘れてるわ。

湯浅デビルマンは一切シレーヌのことは思い出さない。アモンの意識が蘇ると飛鳥了の正体も思い出してしまうので、これは正解だと思う。アモンに逢いたくて思い出して欲しいのに、不動明が強すぎてアモンが出てこないから怒り狂った設定になっていた。

たしか「アモン」というアニメもあったはず。殴り合ってるだけの作品だったような記憶がある。「デビルマン」は本当にいろんな形で原作の読後感を再現しようと企画されているんだよね。

この辺までは、デビルマンは人間のために戦っている。テレビアニメ版では不動明の正体は明かされず、最後までデビルマンとしてデーモン族と戦い続けている。当初出版社やテレビ局が想定していたのは、普通の少年が巨大な力を得てヒーローとして戦うことだけだったので、ここまでがメディアミックスで企画された「デビルマン」だった。

だがしかし、原作者永井豪が「デビルマン」を生み出した作家として称賛されるのはここからである。

漫画版の原作は、この辺から徐々に陰惨な様相を帯びてくるのだ。人間のために戦うはずのデビルマンが徐々に追い詰められ、人間に絶望するまでの原作の流れは最高だった。

いまのところ悪魔がなぜ人のところに姿を現したのか、どれくらいの規模で侵略してきているのかなどは明らかになっていない。

さぁ、ここからどう描きますかねぇ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「宇宙よりも遠い場所」第2話 感想(我慢の時) [アニメ/特撮]

もんのすごいテンプレ通りだなオイ。

565.jpg


悪くはないけど、こう同じような冒頭ばっかりじゃ辛くなるな。アニメを作りすぎてるからだよ。

とりあえず南極に行ってからが勝負だから。そこまでは我慢するしかない。

ほぼノープランでやってると分かってガッカリだった。ここから逆転してもなぁ。

感動するかな。

でもまだ頑張る。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2018/01/10 [日記]


コメント(0)