So-net無料ブログ作成

「DEVILMAN crybaby」第3話 感想(すごい緊張感) [アニメ/特撮]

一気に観るのもったいないけどなぁ。毎週追加で良かったのに。

666.jpg


第3話は不動明の変身シーンを撮影したカメラマンがその動画を編集部に持ち込んだものの相手にされず(デスクが悪魔になっていた)、居候の明のことを探ろうと牧村美樹を撮影場所に呼び出すがその前に男も悪魔に身体を乗っ取られる事件が解決するまで。

動画を撮影された不動明と飛鳥了は、カメラマンの男の実家を突き止めて男の部屋に侵入する。動画は男のパソコンの中にあり、飛鳥了はそれを回収した。

男に呼び出された牧村美樹は、最後に一度だけという男の言葉を信じて撮影場所に向かう。だが彼女はデーモン族のゲルマーに襲われて意識を乗っ取られてしまう。明がそれを助けたのだが、飛鳥了がカメラマンの男を殺し、その母親まで殺してしまったことから了と明が最初の衝突を起こす。

そこに明の母親から電話がかかってくるというところで終わる。

本作は構成が素晴らしく、流れるように話が進んでいく。「デビルマン」はそれをどう描くかに力点が置かれ映像化がなされることが多かったが、原作準拠で話を再構成しつつこれだけスムーズなストーリーにしてあることに驚く。とても良く練られている。

永井豪のファンはキャラクターデザインや細い主線の絵柄に馴染めないかもしれないが、絵柄の原作準拠を意識したアニメは過去に作られているのでそれで満足すべきだ。それよりも、走る、食う、飛ぶ、駆け上がる、怒る、泣くといったすべてがわかりやすい演出で良く動かしてあるところがいい。絵だけ原作準拠にすれば原作と同じ感慨が得られると思ったら大間違いだ。

さっき気づいたのだが、これ、10話なんだな。

なんかすぐに観ちゃいそうだなぁ。一気見はもったいない気がする。

でも続きは気になるし、困ったもんだ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「DEVILMAN crybaby」第2話 感想(紛れもなくデビルマン) [アニメ/特撮]

これはキタね。やっぱり紛れもない「デビルマン」だった。

666.jpg


第2話は地獄の勇者アモンと合体した不動明の変わりっぷりとシレーヌの紹介、牧村美樹の弟タレちゃんの登場、後々大きな問題となる明がデビルマンに変身するシーンの撮影などが盛り込まれていた。

シレーヌの慕情はより悪魔らしく肉欲を伴ったものになっていた。そもそもシレーヌの恋心は後で追加されたものなので原作からしてそんなに深くは描かれていない。

漫画版「デビルマン」の価値は「デビルマン」を生み出したことそのものにあり、実はそんなに完成度の高い作品ではない。章ごとのプロットは練られているものの、全体のストーリーには一貫性がなく、よって前もって伏線を張って思い通りに物語を運んではいないのだ。0から1を生み出す際の荒々しい情動だけがこの作品の本質だ。

ラストのシーンもほぼ打ち切りのようなもので、神と悪魔の関係を飛鳥了と不動明に託した最後の場面も、唐突すぎてどうとでも解釈できるシーンになっている。オレの解釈はもうちょっと話が進んだら書くつもりだ。

そうした原作を基にした今回の「DEVILMAN crybaby」は、各キャラクターの描写も、舞台となってる時代の変更も、物語の伏線になる部分にしても、原作よりはるかにしっかりと組み立てられている。

不動明がアモンと合体してデビルマンになったことによる変化の描写は、永井豪の原作よりはっきり濃淡をつけている。陸上部一の鈍足だった明がまるで動物のような俊敏性を手に入れるところや、サバトパーティーのときにはおっぱいを見ただけで真っ赤になっていた明が大画面でエロ動画を観るところや、とにかく肉を食いたがるところなど、アモンの強い影響が出ている。

原作はこの部分は強調されていない。強調すべきなのにされていないのだ。永井豪の漫画の主人公にはそう多くのパターンがないので、こうした変化を上手くつけられないのだ。読者はこうした原作の悪い点を脳内補正で補いつつ読んでいたものだが、「DEVILMAN crybaby」は原作にあるべき要素を追加しており、そういう点でも最高のアニメ化といっていい。

牧村美樹とジャーナリストを関係させ、そのジャーナリストに明の変身シーンを撮影されてしまう変更も素晴らしいと思う。これはのちの例のシーンにかなり効く変更だ。さらに牧村家が敬虔なクリスチャンであることを食事前の祈りのシーンで追加したところも良い。これも例のシーンで効いてくる。その他の登場人物もいい感じだ。オナニーしていた女はミーコだろうか。スマン確認してない。

第1話の感想でも書いたが、このアニメの良い点は漫画版の「デビルマン」の読後感と同じ感慨を視聴後に持てるところだ。まさにこれが「デビルマン」なのだ。漫画版よりよほどいい。

とにかくこれを観て、原作準拠というのは原作をそのままの流れで何も変えずにアニメにすることではないのだとちゃんと理解してもらいたい。漫画には漫画の制約がある。各シーンも視線誘導やらページ数の関係で描かれているだけで、アニメにする際はまったく違ってくるのだ。

かなり早めのペースで話を進めながら、流れるような展開にしてあるのは見事としかいいようがない。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「刻刻」第1話 感想(様子見) [アニメ/特撮]

胸糞悪い表現が多い。どうしようかと。

787.jpg


ホント最近はこんなのばっかりだよな。そりゃ漫画から人が離れますわ。

でもアニメとしては悪くないし、1話で切るほどではないので3話までは我慢してみる。

事件に巻き込まれた家族に全然同情心を覚えないところがつらい。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2018/01/08 [日記]


コメント(0)