So-net無料ブログ作成

「世界のバイク・カワサキ編」視聴 [ドキュメンタリー]

ディスカバリーチャンネル制作のドキュメンタリー。ヤマハ編が面白かったのでついでにカワサキ編も観ておいた。前半は懐かしいバイクがずらり。

ウチの親は関西なので、バイクはカワサキ、車はマツダだった。特にGPZはよほど気に入ったのか通勤に使っていた。昔の人なので自動車の普通免許を持っていれば中型(普通)まで乗れた時代だ。あの制度は絶対に復活させるべきだ。

確かに現代のバイクはパワーがありすぎて自動車の普通免許で400ccまで乗れるというのはちょっと怖いかもしれないが、それならばバイクのAT免許を作って、スクーターならば排気量関係なくどんなバイクにも乗れるようにしたらいい。そもそもバイクの免許を取らせないようにしたのは暴走族(珍走団)の問題だ。

80年代に学校が荒れ、暴走族(珍走団)が増えてくるとバイクは悪者になって子供にバイクの免許は取らせないようにする無言の圧力がかかった。一方で日本のバイクは80年代を境に世界最強に発展していく。カワサキもGPZの成功を境にどんどん伸びていった。いまにして思えば、日本の成功が気に入らない反日マスコミによる反日活動の一環だったのかもしれない。

バイクはもっと身近な移動手段として活用すべきだ。原付も100ccくらいまで排気量を増やして欲しいよ。

アンチビジネスばっかりやってないで、政治はビジネスをフォローすべきだ。

とりあえず高速でオレの隼を煽ってきたZZR1400は事故って死ぬべき。ウソです。事故はいかんね。でも危険運転はもっといけないよ。煽るのはチンタラ走ってるポルシェかフェラーリにすべき。

このドキュメンタリーにはカワサキのエンジニアからデザイナー、工場責任者まで出演しているのだが、みんな英語を喋っている。工場の人の英語は軽くギャグにされていたが(喋るのが遅いのと組み立てるのが速いのを交互に見せる演出で軽く日本人の英語をディスっている)、でもヤマハの人たちはみんな日本語だったので頑張ってたんじゃないかな。こういう努力はしていくべき。

オレにとっては死んだ親父が好きだったメーカー。

いろいろ思い出すと泣けてくるよ。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「世界のバイク・ヤマハ編」視聴 [ドキュメンタリー]

ディスカバリーチャンネルで制作された「世界のバイク・ヤマハ編」がGyao!に置いてあったので視聴。放送年などの情報がないのでわからないが、YZF-R6が最新バイクになってるから古くても2000年くらいのドキュメンタリー。

ウェイン・レイニー、ケビン・シュワンツなどがインタビューで出演しており、ヤマハ発動機のバイクの歴史を紹介している。日本人にとってヤマハの歴史そのものは珍しい情報ではないが、ウェイン・レイニー絡みでラグナセカ・サーキットのことに触れられている。

ずっとスズキに乗ってきたオレにとって、クッソ速いYZF-R6は苦々しい存在であるが、近所を移動するためのスクーターはヤマハに乗っている。そういえば原付はずっとヤマハだ。

しかし・・・そうした恩讐を乗り越え、日本のバイクメーカーには頑張っていただきたいものだ。

若者はもっとバイクに乗ろうよ。楽しいよ。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「プラネット・イン・ブルー」(1995年作品)視聴 [ドキュメンタリー]

これは海と音楽の環境ビデオみたいなものだった。

音楽がセンスあるけども、物語がないから眺めているだけで、途中で眠たくなった。

正月にのんびり楽しむにはいいけどね。


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ウォーキング with ダイナソー 太古の地球へ」(2014年公開)感想 [ドキュメンタリー]

太古の南極圏に住んでいた恐竜たちを描いた劇場版みたいな作品。

当時の最新の研究が反映された「ウォーキング with ダイナソー」で、トリケラトプスの仲間(パキリノサウルス)を中心に物語が組み立てられている。生まれたての小さな草食恐竜が群れの中でたくましく成長していく姿がまるで冒険映画のようだ。本当に脚本が上手い。

この作品中ではまだティラノは2足歩行のトカゲのような姿をしているから、ティラノに羽毛や毛を生やしたのはどうやらこのあとの研究のようだ。番組では嘴をもった恐竜が鳥類の先祖として描いてあり、歯を持った恐竜に羽毛は生えていない。空を飛ぶ恐竜は翼竜と鳥の先祖で、羽毛が生えていない翼竜は巨大ではあったが環境の激変に耐えられず絶滅したという下地が元になった脚本になっている。

まだ油断できないとはいえ、ティラノサウルスの仲間に羽毛は生えていなかったという方向を望むわ。いやもちろん学術的に確定すれば受け入れるけども、格好悪いというだけでなく、巨大な頭と歯を持った種類が鳥に近い種だからといって羽毛が生えていたはずという根拠のない想像図は納得がいかんね。骨格は似てても種類は違うはず。

この番組くらいの説明が一番しっくりとくるわ。

そもそもあの頭部を見れば、肉食に特化したってわかりそうなものなのに、トリケラトプスの仲間たちと世界中で争っていたティラノが鱗を捨てて羽毛を選んだ根拠は何なのかと。ゆっくりと寒くなっていったならわかるが、隕石の衝突で温暖から一気に寒冷化したのに、おかしいだろと。

番組内ではニワトリに近い恐竜(キロステノテス・雑食)も紹介されていたのに、なんでティラノがニワトリの先祖という話になったのだろう? 誰か学会で名を高めたくて奇を衒った学説を出したに決まってるんだよ。歴史とか本当にこういうのが多くて困る。

この映画は最新研究を反映(南極に恐竜が住んでいたという研究)させてはいるが、眉唾っぽい話は慎重に避けてある。日本やアメリカのマスコミは奇を衒ったものにすぐに飛びつくけども、3枚舌のイギリス人さんはウソ吐きを華麗に無視する術を持っているようだ。

またこの作品は、物語の視点として1羽の鳥を使っているところも語り口に安定感を持たせている。40分程度の映像なのに重厚感があって素晴らしい。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「宇宙よりも遠い場所」第1話 感想(継続視聴) [アニメ/特撮]

2018年最初の視聴アニメはマッドハウスの「宇宙よりも遠い場所」。

565.jpg


高校に入学したら何かやりたいと思いながら何もできないまま2年生になった少女が、ある日偶然100万円を拾ってしまう。

落としたのは同じ学校の女子生徒で、聞けば南極へ行くためにお金を貯めているのだという。彼女の一途な想いに感化された少女は、一緒に広島まで砕氷船を見に行くことにした。

という内容で、導入部としては普通というか無難。また女子高生か・・・と辟易しているのはアニメに飽きてきた証拠である。だがこのアニメの場合は、彼女たちの夢になっている南極行きという目標が非常に大きく、南極に辿り着くという目標に進んでいくという安心感があった。南極に行くと見せかけてダラダラ萌え展開するアニメではなかった。

見どころとなるはずの美術が、いまのところはトレースというか写真加工というか、丁寧だけども絵としての魅力はなかった。しかしこの部分も本気を出すのは南極が近くなってからであろうし、評価は保留。でもあまり独特の雰囲気を出して極地を描くわけではなさそう。評価は保留しているけど、期待値は下がった感じだった。

脚本も美術も無難すぎる感じがあるけども、普通の人間が南極に行くにはどういう手順を踏むのかなど一般人ではうかがい知れない知識が出てきそうなので期待している。和泉雅子が行ったんだから何とかなるのだろう。いまは南極ツアーもあるしね。ツアーだとちょっとがっかりだけども。

お金を貯める、仲間を集める、申し込む、準備にかかる、学校を休学するかもしくは大学進学を遅らせるなどの手順を踏んで、南極への旅と母親を南極で亡くした小淵沢報瀬が母親の遺品を見つけられるかなどが盛り込まれるのだろう。1クールで全部やるなら構成をしっかりしないと南極での時間が足らなくなりそう。まぁそんな初歩的ミスはしないかな。

無難にまとめているのがちょっと残念だけど、最後まで楽しめそうだったので継続視聴。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2018/01/03 [日記]


コメント(0)