So-net無料ブログ作成

「サクラクエスト」第21話 感想(商店街はどこも) [アニメ/特撮]

駅前の1等地に商店街など作るから再開発ができない。価値のあるものを無価値にしているのが商店街。権利が細切れになっているからどうしようもないのに、補助金漬けにしたんだよな。

006.jpg


ところが個人事業主なんて税金もろくに払わずカネに困っているわけじゃないから、何もしないでただそこで生きてるだけ。価値を棄損してるのは自分たちなんだよね。商店街の復活なんて考えるべきじゃない。これは身近に例をみてきたのでそのことを書こう。

前に住んでいた街には、近くに名鉄とJRの駅があった。ともに駅前の再開発の話があり、同時に進められていたが、JRの方は駅前商店街の反対が強く、再開発は断念に追い込まれた。しかし資本はそこに興味を示していたので、その駅と隣町の駅の間の田畑を買い上げもう一つ駅を作り、巨大イオンを誘致、田んぼと雑木林だったところがあっという間にイオン、イオンシネマ、巨大病院、などが近所にある一等住宅地に変わってしまった。

イオンだけでも事足りるが、住宅地なのでコンビニから眼鏡屋から飲食店から何でもできていく。住宅地である関係で風俗や夜遅くまで営業する飲食などは敬遠され、住むには理想的な街になってしまった。もともと計画のあった駅の方は、一駅しか離れていないのに寂れる一方。地価はイオンのある駅の近くよりかなり安くなってしまい、住人の質も低下、金持ちは引っ越していった。駅前はシャッター通りと化し、老人ばかりが住んでいる。

一方同じように駅前商店街の反対で計画が停滞していた名鉄の方は、JR側の駅の失敗を目の当たりにして当初計画を早急に見直し、こちらはあくまで利便性を追求して駅周辺に巨大マンションを複数建設することになった。こちらには河を挟んだ場所に旧街道の商店街があり、強硬に反対運動がなされていたが、マンションならば狭い土地でも上に伸ばしていけばよく、旧街道の住人は無視してマンションの建設が始まった。

自宅のドアの前から駅のホームまで2分以内というコンセプトで建設された複数棟のマンションは好評で予約開始と同時にどの建物もすぐさま売り切れ。マンションの1階部分はテナントとなって、スーパー、コンビニ、居酒屋、理容店、ファストフード店、古書店などが出店。マンション住人を相手にするだけで他の場所に店を構えるよりはるかに儲かるという好条件だから、縁もゆかりもない地域から個人事業主が殺到した。旧商店街の人も立ち退きの際に交わした好条件で店を再開したが、こちらはビジネスモデルがそもそも古く、場違いなテナントは失笑の的になっていた。

河を挟んだ旧街道に取り残された商店街は、それこそ江戸時代からの歴史がある街道なのに寂れる一方で、町興しの一環として取り組んでいたよさこい踊りのイベントなど、駅前のマンションの住人に「うるさいからやめろ」と反対されオロオロするばかり。なにせマンション住人の方が数が多いから、多数決になると旧住民は負けるのだ。

この二つの成功と失敗例だが、どちらも再開発計画が持ち上がった当初は旧住民の意見の方が強かったのだ。とにかく再開発は嫌だ、動きたくない、いまのままでいい、立ち退きは嫌だ、シャッター通りになったのは国の責任だ、小泉の責任だと喚くだけで、何一つ価値を生まなかった。

自分たちは以前からここに住んでいてここのことは何でも知っている、再開発なんか失敗するに決まってる、そんなことより自分たちが自由に使えるカネを渡してくれれば自分たちで考えて地域を再生してみせる、こう言ってはばからなかった。

ところが蓋を開けてみれば、冷静な価値判断と適切な投資によって、人(才能)とカネ(投資)はいくらでも集まってきたのだ。再開発前の停滞は微塵も感じられない活況を呈している。

そこに住んでいるからそこの地域の価値が分かっているとは限らない。むしろわかっていないことが多い。価値を見出せるのは、企業法人なのだ。法人が使えるマンパワーに商店街の烏合の衆が勝てるわけがない。結果として、駅周辺の地主だった少数の人間だけが巨万の富を得て、富の公平な分配に失敗してしまった。企業が地域を再開発する場合、一番最初の案が最も地域住民に配慮された案なのだ。それを拒否しておいて、1階のシャッターを閉めたまま、2階に引きこもっているのがシャッター商店街の真実である。

前に住んでいたところはなんだかんだで再開発に成功した例だが、浜松駅に行ってみるといい。あそこは最後まで商店街にこだわってしまったために、駅前がすでに廃墟だ。一部だけピカピカしたテナントが入り、その隣の店はシャッターが下りている。辛気臭くてしょうがない。

かつてその場所で利益があげられたからそこに住み着いた。しかし時代が変わり自分たちでは利益が上げられなくなった。だったらそこにある固定資産を集積し、まとまった資産として法人に価値を判断してもらわなければいけない。早く見切りをつければつけるほど利潤の落ち込みは軽減される。

そんなものに補助金をつぎ込んで延命させたのは、すべて政治家の責任である。税金で堂々と買収しているようなものだ。マスコミもこれを後押ししていた。国の借金が膨らむのも当然だ。

税収不足によって補助金が断ち切られ、旧商店街がなくなったのちに政治家がどうしたかといえば、拡声器片手にマンションの前で演説しているのである。

人間一人一人を大切にする政治、シャッター商店街を放置しない政治、それはすなわち非合理を貫き借金を増大させ、子供たちを絶望の淵に追い込むだけの鬼畜の所業なのである。






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「サクラクエスト」第20話 感想(なんで苦手か分かった) [アニメ/特撮]

すごくP.A.WORKSっぽい回だった。この雰囲気は嫌いじゃない。そうか、17話以降面白くなってたんだな。あと1週間我慢すれば報われていたのか。

切ったのは引っ越しのときだ。疲れてたのかな。

006.jpg


第20話を観て、作画は丁寧だし、脚本も良く練られているし、悪くないはずなのに個人的にまったく心に響いてこない理由が分かった。

オレ、地元民としての自覚を持ったことなかったわ。

このアニメは地元民と外から地域にやってきた人たちによる、地元目線で成り立っている。それは最初から分かっていたのだが、自分が地元民意識と無縁だってことを忘れていた。

大学に入って、就職して、エリートは海外に、準エリートは転勤族に、それ以外は自己責任で勝手に生きていけという価値観しか自分にはなかった。常に地元民の外側に身を置いて、マクロで物事を考える癖がついているのは、母親の影響だな。あの人もどこにも地元意識がなく、出身は満州だと口にする人だった。

第17、18話の感想では抜けていた部分だが、地元にはスペシャリストがいないのよ。地域を回す最低限のスペシャリストはいるんだけど、それは新しく価値を生み出す人じゃないから、現有資産の評価もまともにできないし、補助金を引っ張ってきてドーピングするだけの人間しかいない。そもそも本人が補助金という名のドーピングで生きている。

それなら土着して邪魔なだけの地元民が消えそうになった時点で、分散された資産を整理してまともな評価を受けたうえで新しくそこで価値を生み出せる人間に引き渡すのが賢明という意見を述べただけだった。

思えば、1980年ごろにはもうこんな意見だったんだよな。まだ中学生なのに、どれだけ土地に執着がないんだと。劇中にもあったような、地元に残るか外へ出るかみたいな会話は確かにあった。地元に残るという発想自体なかったけれど。

そんなわけで、都会からスペシャリストがやってくると地元がにわかに活性化するということはある。そもそも明治維新というのがそうだ。あれは日本の評価を海外に仰ぎ、投資を受け入れ、生産されたものを海外に売って、蓄えた富を国内に再投資して経済成長していった。

投資は主に都市部に対し行われ、地方は都市部で消費されるコメと石炭の生産に追われた。都市部も農村も人手不足だから、農村でどれだけ子供が増えようがすべてどこかに引き取られていった。国家の指導者から売春婦まで、人はすべて能力に応じて活動するのが当たり前だった。投資資金の多くが植民地とそれを維持するための軍隊に浪費されるようになるまで、ほぼ順調な成長が続いた。

植民地を台湾だけにして、農村部の価値評価をちゃんとやっておけばなぁ・・・。地方の評価をやらずに投資資金を植民地と軍隊につぎ込んで、挙句敗戦で都市部は焼け野原、都市部への再投資で高度経済成長、そのあと地方の評価をするべき時期に小沢一郎の自民党離脱で20年にわたって政治空白だからな。左翼の歴史に学べなんて何も学んでいない。軍隊の代わりに自分たちが浪費して、残りの金は植民地ですらない外国に使わせろと言ってるだけ。旧軍の失敗と同じことをやってる。

昨今、地方のバカ政治家が中国や韓国に媚びへつらうのは、ハニトラに引っかかったという理由だけでなく、外国人に自分たちに不足しているスペシャリストを勝手に反映させているという理由もありそうだ。

地元には地域を活性化させる人材がいない。スペシャリティーが足らない。それを海外に求めているんだな。だがそうやって呼び寄せる奴は外国語を喋っているだけで何のスペシャリストでもなく、自分ら地元民より酷い無駄飯喰らいなんだけどな。何かを得たいから先に何かを与え、結果としてただ奪われるだけになっている。地方はこんなのばっかりだ。

アニメでは5人の少女がスペシャリストとして能力を発揮し、地域にある財産を評価し、新しい価値を生み出す手助けをしている。地元民は人材として活用され、人が活かされる流れだ。つまり、ミクロからの視点で描いている。常にマクロでしか物事を見ないオレにはそれがもどかしかったってことだった。どこかの地元民になったことがないのだから仕方がない。

地方は、人(スペシャリスト)とカネ(投資)が不足している。都市部の経済成長が終わったときに、投資先を地方に振り向けなければいけなかった。日本は過去に二度、これに失敗している。どちらも地方に振り向けるべき人材とカネを外国に向けてしまった。いまや日本が持ってる海外資産は国別で世界一だ。

田中角栄の「日本列島改造論」は、その点で画期的だった。だが、彼は地方の評価を行った上で地方に投資したわけではない。まるで更地にビルを建てるかのような安易な投資であった。だから日本中同じような景観になってしまった。

そうではなく、まずは地域の評価を事細かにやって、成長計画を立てた上で人材を投入しなければならなかった。役人による投資は、旧軍の投資計画と同じで、予算を消化するためだけのものになり、効率が悪すぎる。加えて地元民による地元評価は、評価として過大になったり過少になったりしがちだ。やはりそこは外部の目が必要であり、民間企業にやらせるしかなかった。

人のスペシャリティーというのは、本人が思っているほど低くはない。アニメ内であったように、東京でうだつが上がらなくても、身に着けたスキルは地方で意外に生かされるものなのだ。埋もれた能力が地方で生かされ、地方居住者である地元民が活性化していく。そうした人間個々が活性化していく様子が、このアニメにはある。そこが面白いところだ。

マクロ的な視点がこの先出てくるかどうかはわからない。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「サクラクエスト」第19話 感想(食べていけとは言ってない) [アニメ/特撮]

食べていけとは言ってない、食べていけるとも言ってない。

好きなことをやるのがそんなに苦しいのか、あん?(威圧)

006.jpg


どこの悪徳制作会社だよ。

第19話は、つまんないと聞いていたが、面白かったよ。

祭りの件はまったく記憶にない。会長の責任で廃止されたのか。観てないかも。

チャンスを得た若者は東京に出ていく。巡ってこなかった者は地元に残る。

何も解決してねぇ。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2017/09/12 [日記]


コメント(0)