So-net無料ブログ作成
検索選択

2017秋アニメ視聴予定 [アニメ/特撮]

いつもの覚書。このブログはメモ代わりでもあるのであしからず。

①「Infini-T Force(インフィニティーフォース)」制作:タツノコプロ

001.jpg


懐かしのタツノコキャラがたくさん出ると聞いて。ゲームっぽいCGで、セルルックCGではないようだ。くっそウザそうな女を、往年のタツノコキャラが全力で守る展開らしい。なんで女だというだけの理由で守ってもらえると思っているのか不明。見捨てろよ。

②「十二大戦」制作:グラフィニカ

002.jpg


十二支が殺し合うと聞いて。ネズミとトリが可哀想。虐めじゃないですか。

③「Just Because!」制作:PINE JAM

003.jpg


オリジナル作品と聞いて。脚本はラノベ作家。PINE JAM初のオリジナル作品で、少年少女の切ない恋物語のような雰囲気だった。ちがったらスマン。

④「王様ゲーム The Animation」制作:セブン

004.jpg


生徒同士が殺し合うと聞いて。売れてるのって、こんなのばっかりだな。1話切り有力候補。

⑤「少女終末旅行」制作:WHITE FOX

005.jpg


人類が絶滅したと聞いて。タイトルの少女の文字を見て0話切りしそうになったが、絵柄が萌えっぽくなかったのと、人類絶滅後の世界をたったふたりで旅するだけの話と聞いて興味が湧いた。変に盛り上げようとせず、淡々と話が進んだら結構面白くなるかも。

⑥「キノの旅 -the Beautiful World- 」制作: Lerche

006.jpg


キノの声優が悠木碧になったと聞いて。以前の雰囲気を壊してほしくないと思う反面、美術や作画は改善して欲しかったり、ちょっと複雑な想いを秘めつつ楽しみにしている。

⑦「Dies irae」制作:ACGT

007.jpg


クラウドファンディングで1億円近く集めたと聞いて。でも内容はただのゲーム設定らしい。おそらく1話切り。また日本人がナチスで遊んでいるらしい。そのうちドイツユダヤ双方から抗議が来そう。

⑧「VANISING LINE」制作:MAPPA

008.jpg


おっさん主人公と聞いて・・・たのだが、GAROシリーズってパチンコだっけ? パチンコだったら1話切りするつもり。早くパチンコを非合法にしろよ。

⑨「結城友奈は勇者である 第2期」制作:Studio五組

009_1.jpg


009_2.jpg


年端もいかない女の子たちが愛国プロデューサーに騙され、手足をもがれていった挙句、最終的に芋虫になってしまうと聞いて。1期は最後のまとめ方が酷かった。インフレさせてうやむやにするなと。声が出なくなった女の子のその後だけが気になる。肉うどん食いてぇなぁ。

⑩「宝石の国」制作:オレンジ

010.jpg


原作が有名だと聞いて。PVを観たところ、女の子たちがバラバラに壊れていた。イメージだけの作品って気もするから、つまんなかったらすぐ切る。

⑪「血界戦線 & BEYOND 」制作:ボンズ

011.jpg


松本理恵がアニメ業界から追放されたと聞いて。あれだけ叩かれればイヤになるよね。才能のない男の嫉妬ほど見苦しいものはないよ。代役は高柳滋仁氏。「だがしかし」の監督さん。

⑫「クジラの子らは砂上に歌う」制作:J.C.STAFF

012.jpg


シリーズ構成が横手美智子と聞いて。どんな話なのかさっぱり分からないけど、PVを観た限りではこの作品の美術が一番期待が持てそうだった。作画も良さそうだったよ。

⑬「いぬやしき」制作:MAPPA

013.jpg


ジジイが主役と聞いて。噂は聞いていたが、原作を読んだことない。なんか面白そうな設定だったし、MAPPAの「神撃のバハムート」のスタッフっぽかったので選んでおいた。

⑭「3月のライオン 第2シリーズ」制作:シャフト

014.jpg


ついにライオンが出ると聞いて。ライオンどころか将棋界には藤井聡太四段が出ちゃったけどな。この間森内に勝ってたわ。あと3年もしたらスゲー強くなってるよ。

⑮「ボールルームへようこそ」制作:Production I.G(継続)

015.jpg


⑯「将国のアルタイル」制作:MAPPA(継続)

016.jpg


⑰「ウルトラマン ジード」制作:円谷プロ(継続)

017.jpg



以上17作品。


ま、17作品も観ないんですけどね。いつものように間引いていきます。

最初のうちは、切るつもりで観てるからね。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「霊魔の街」第1話~3話 視聴(DVDは11月2日発売。予約受付中) [アニメ/特撮]

YouTubeに置いてあった動画を観てしまう。え?

DHtg6nCU0AAeFmv.jpg


どうしようか迷ったんですよ。違法視聴ってどうなのよ、みたいな。でも「11月2日発売のDVDを買えばいいはずだ」と勝手に納得して半分だけ観てしまうことにした。

宣伝されてるのに観られないって気になるじゃん。3000円ぽっちなんだし、買えばいいのよ。

「霊魔の街」DVD 11月2日発売 予約受付中です。


違法視聴で内容をばらしまくるのは気が引けるので詳しくは書かないが、ヒロインの女の子が正統派の美人で、なんだかすごく新鮮。メインキャラとモブキャラの差が小さい昨今のドラマとは違って、歴然とした差が(なんのとは言わないが)メリハリを生んでていい感じだ。モブキャラの多くはオーディションだったはず。

出だしはホラーっぽいんだけど、封魔士の鬼崎陣(脇崎智史。相変わらずゴツい)が出てきてから特撮テイストが加味される。テレビディレクター野々宮一矢(加藤厚成)の妻を殺す犯人役の女優さんが怖い。夫の野々宮一矢はその顔を見ただけで絶対に最後まで改心しないだろうと確信する奴はウルトラマンの観すぎである。

霊が見えるアイドルである失踪した姉の気配を感じる場面が不気味。3話観ただけでは全然先が読めない。鬼が誰なのかがポイントになるはずだが、加藤厚成くんが出てると彼が鬼にしか見えないという。男前なのになぜこんな役ばかり振られるのか不憫でならない。

とか書いてるとネタバレになっちゃうからこれくらいでやめるが、エフェクト技術の発達が低予算ドラマの質を上げてるってはっきりわかる映像。低予算だからと手を抜いた画面ではない。

感想としては「イケるやん!」だった。霊魔を演じる中の人がもっと動けていたらなぁとか不満もあるが、一流のスーツアクターを使える仮面ライダーと比べてはいけないところなのだろう。

でも雰囲気なんかは、最近の仮面ライダーよりよほど面白い。Jホラーをベースにした特撮って感じ。加藤厚成くんが正体を現してからが本番だな。




あと、地方の風景ってテレビで見ると新鮮。今回はホラーだけど、高校生の恋愛ものなんかも地方都市を舞台に撮影すればいいのに。

福井石川富山新潟で裏日本ドラマシリーズを作ろうぜ。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ウルトラマン80」第4話 視聴 [アニメ/特撮]

「ウルトラマンジード」第10話に出てきたザンドリアスと島本須美目当てで「ウルトラマン80」の第4話だけ観た。

ダウンロード.jpg


やっぱ配信って神だわ。好きなときに好きなものが観られるのって、いわば番組編成権が自分にあるようなもの。もう地上波のように編成権が作り手にあって自由に内容を忖度できる時代じゃないってはっきりわかんだね。

それはともかく、なんか笑っちゃうくらい懐かしかった。なんでこんなに懐かしい気持ちになるんだろうと思ったら、「ウルトラマンレオ」以前の作品と比べて「ウルトラマン80」は観ていないんだね。いろいろ思い出したのだが、まず部活が忙しかったから飛び飛びでしか観ていないし、この作品は他のウルトラシリーズほど再放送が掛かっていないし、それに1980年は家にまだビデオデッキがなかった。ビデオデッキがあったら部活があっても録画して観ていたはずなんだよね。柔道部に入部して、夏に団体のレギュラーに抜擢されるまでのわずかな期間に、部活が休みのときだけ観ていた。おそらく試験期間中だけだと思う。

それに、当時まだ島本須美を知らなかった。彼女のことを知るのは「ルパン三世 カリオストロの城」のリバイバル上映を初デートで観に行ってからだ。よく考えれば、リバイバル上映なんだよな。1979年の公開当時はまだ子供だったので映画に行けるほど小遣いを貰っていなかった。島本須美はアニメージュとかで名前を見かけていたかもしれないが、声優に興味がなかったのだ。1979年はSFマガジンと平井和正に夢中だった。島本須美のテレビ出演が仲間内で話題になっていた人は、おそらく一世代上じゃないかな。それか、ちょっとだけ上か。

話を「ウルトラマン80」第4話に戻すと、たしかに面白い内容なんだけど、ザンドリアスがメチャクチャ目立っているとまでは言えず、どう考えても島本須美出演回ということで有名なだけだと思う。役も花嫁で、クラリスのまんま。

556.jpg


姉の結婚話と父親の再婚話に悩む少年の心情と子を想う親の気持ち、それらと理由は定かではないが家出してきた子ザンドリアスと心配して迎えに来た親ザンドリアスが重ねてあって面白い。

個人的にウケたのは、80とザンドリアスの戦闘シーン。いきなり子ザンドリアスの頭を張っ倒し、前蹴りで吹っ飛ばしてから親との戦闘に入る80がなかなか新鮮。平成ウルトラマンは怪獣を強く見せる演出が主流なので、ああいうシーンは少なくなっている。一歩間違えばウルトラマンが怪獣を虐めているかのように見える演出はやらないんだよね。この辺がいかにも昭和。

でも、ウルトラマンと怪獣がドタバタ暴れまわる様子は、そんなに嫌じゃないんだよな。バタバタしながら効果音で盛り上げる昭和特撮は、それはそれで平成ものとは別の楽しさがある。

あと、記憶の片隅にあった「80からビルが爆発するときに光るようになった」「合成が新しくなった」「基地描写がリアルになった」という部分も確認できた。どうでもいい情報を覚えているものだ。本編は観てないのに何でこんな情報だけ頭に仕込んだのだろうか。

円谷プロとしては「スターウルフ」の後の作品だったはずで、「スターウォーズ」や「2001年宇宙の旅」などの影響がある。少ない予算でどこまでできるかみたいな勝負になっていて、OP前のタイトルモーションはかなり凝っている。

他に印象的だったのは、やはり劇中に登場する自動車だな。UGMの専用車両は、マツダの初代RX-7。サバンナRX-7という名称だった。スーパーカーみたいな車体で、ウチの親父の愛車だったから羨ましがられた記憶がある。後部座席が狭く家族に不評だったせいか、じきにワンボックスみたいな車に買い替えられた。

第4話だけ観てみたが、意外にイケそうな気もする。

残りどうしようかな。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~」第49話 感想(鋸引きで死ぬ男) [アニメ/特撮]

浅井家の裏切りによって朝倉討伐に失敗した信長は、急いで岐阜城に戻る必要があった。

visual_main.jpg


浅井家の裏切りにより岐阜への岐路に危険を感じた明智光秀は、南に迂回して千草街道を通るように信長に進言した。これを受け入れた信長は、急ぎ岐阜へと向かった。

信長にすべての地位を奪われていた六角氏は、これを幸いと暗殺者を仕向けた。それが杉谷善住坊とされる。

しかしこの人物の氏素性に関してはよくわかってはいない。六角氏からの依頼で狙撃したのかどうかも想像の域を出ない。フロイスは信長と敵対する勢力の仕業を匂わせているが、根拠があるというわけではなさそうだ。「信長の忍び」では、織田家の尾張からの南進に腹を立てた忍者群が六角氏の依頼で狙撃したという説を採用しておりました。

氏素性の良くわからない杉谷善住坊ですが、その死にざまはたいへん有名。彼は約20メートルの至近距離から信長に対して2発の弾丸を打ち込んだもののかすり傷しか負わすことができず暗殺は失敗。硝煙の臭いを残したまま逃走します。2発撃つ時間があったこと、20メートルの距離から撃って逃げおおせたということは、崖上からの狙撃ではないかと個人的に推測しています。彼の忍者説の根拠も、このときに逃げることができたことが一因となっている。

岐阜への帰路にある信長一行は、この暗殺者に対して深追いはしなかった。伊賀や甲賀の影響が大きい南回りルートは危険が大きく、また何者かによる陽動作戦の可能性も捨てきれないことから、態勢を整え、少数を追手にかけただけで自身は岐阜へと無事に帰還した。

しかし、狙撃された信長が犯人を許すはずもなく、岐阜到着後すぐに徹底的な犯人探しが行われ、杉谷善住坊は近江の阿弥陀寺に潜伏しているところを発見されてしまう。捕らえられた杉谷善住坊は、生き埋めにされたのちに生きたまま首を鋸で切断される、いわゆる鋸引きの刑に処されてしまった。

鋸引きというのはたしか平安時代からあった処刑法で、罪人を地中に埋めて首だけ地上に残し、ふたりの男が大きな鋸を左右で構えて掛け声とともにゆっくりゆっくりギコギコギコギコ首を切っていく、おそらく日本で最も過酷な処刑法です。記憶が曖昧ですけど、女性で鋸引きにされた記録はないはず。

信長を撃った男としては雑賀六字が有名ですが、杉谷善住坊はその処刑方法で有名になってしまった、哀れな男でございます。

自分は彼の忍者説は取っていません。


感想は以上ですが、「信長の忍び」ってもしかして来期はやらないのか?

続けようぜ。






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ボールルームへようこそ」第10話 感想(祝・継続) [アニメ/特撮]

「ボールルームへようこそ」も2クールだった。やったぜ。最近夏→秋とか冬→春みたいな継続も増えてきたよね。

010.jpg


今週は天平杯の決勝。赤城賀寿が妹の真子の希望でダンスを始める回想シーンからのスタートだった。ダンスをやりたかったのはあくまで真子の方で、賀寿は乗り気ではなかったものの、兄妹愛で妹を放っておくことができず、しぶしぶ妹のダンスのパートナーになった。妹のいる人にはよくわかる描写でした。

その後、身長差ができてパートナーとしては不釣り合いになっていき、負けず嫌いな賀寿の上達もあって兄ばかり目立つようになってしまったが、実は身長差のある賀寿に合わせて踊るのはかなり難しいことで、真子のダンスは兄に比べて決して劣っているわけではないという部分もしっかり印象付けられ、兄妹の回想から花岡雫の回想に繋げる展開。

雫は幼いころからパートナーを組んでいた清春を目標に、清春だけを観て練習してきた。雫は清春がどんどん独りで上手くなることに焦りを感じて自主練習にも打ち込んでいたが、ある日、清春から自分の評価を聞かされた。清春は、どんなときでも向上心を失わず練習に打ち込む雫をパートナーとしてだけでなく同じダンサーのライバルとして認めていたのだ。それを知った雫はさらに練習に打ち込み、清春とともに刺激し合いながら他を寄せ付けないペアになっていった。

兄に隠れて目立たなかったが地道に実力を蓄えてきた真子と、最高のリーダーとともに研鑽を積んできた雫が、それぞれ違うパートナーの元で戦っている様子がよくわかる構成だった。二人の女性に火をつけたのが多々良という構図になっている。

第10話になってようやく理解したのだが、多々良の運命のパートナーでまだ物語に出てきていないんだな。実はこの作品も1クールだと思っていたので、逆算して勝手に構成を考えてしまっていた。1クールだと多々良の運命のパートナーなんか出す時間がないから、多々良は真子や雫やいろんな人と踊りながら慕われていくハーレム展開だと思っていた。

しかしこの回を観ると、賀寿・真子も清春・雫も、将来のライバルになるペアで、多々良は彼らと争うことのできる運命のパートナーにまだ出会っていないとわかった。残りの尺(ページ数)から逆算しておおよその構成を組み立てるのは癖になってるというか、それが出来ないと務まらない仕事を昔やっていたからね。職業病みたいなもの。この後出てくるんだろうけど、ここでパッとペアの女の子を出してバトル展開にもっていくか、運命のパートナーが誰なのかわからないように出し渋って恋愛要素を残すかは受け手の反応で決めることが多い。バトル展開はハマれば大きいが、外れると打ち切りになるので要注意。恋愛展開でダラダラやった方が金にはなるが、飽きられる。

多々良と賀寿の喧嘩から始めておいて、実は女同士の戦いなんだって展開させたところが面白かった。

アニメは相変わらず止め絵ばかりでダンスアニメなのに全然動かしてはいない。

演出を楽しむアニメだよね。

とにかく2クールだってわかってテンション上がったわ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2017/09/10 [日記]


コメント(0)