So-net無料ブログ作成

2017夏アニメ 最終ランキング [アニメ/特撮]

もしかしたら引っ越しの忙しさにかまけて中間ランキングをつけていなかったかもしれん。

もう落ち着いたので、最終ランキングはつけておきます。まぁ覚書みたいなものなので。

ルールは夏に放送されたアニメ特撮番組の中から自分が最後まで観た作品のみを対象とし、春からの継続を含み、秋への継続は中間としてちょっと低めにランク付けしてあります。ラノベっぽいのは0話切りしているので除外。途中で投げ出したものは除外。「地獄少女 宵伽」だけは第6話までで評価する。

第1位 「メイドインアビス」制作:キネマシトラス

003.jpg


度し難い。これはマジで面白かった。物語もいい、作画もいい、美術も綺麗、音楽も最高(声優の歌は下手だったけど)、エフェクトもいい、何もかもいい。ナナチとミーティーが仲良くなり、引き裂かれ、助け出し、友情の証として何とかして彼女を殺そうと必死になる場面は泣けた。2017年の夏はぶっちぎりで「メイドインアビス」だった。アニメは最高だったが、原作はチラッと読んでみたがさほどでもなかった。アニメの方が面白かったな。

第2位 「信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~」制作:トムス・エンタテインメント/V1Studio

visual_main.jpg


グイグイ引き込んできてハズレの回がなかった。30分アニメと比較して簡素な作りなんだけど、ギャグを散りばめながらキャラの立った織田軍団をしっかり描いていた。男性が男性らしく、女性が女性らしいところが安心してみられるポイントだ。全員オカマみたいな戦国物はもう勘弁。

第3位 「ボールルームへようこそ」制作:Production I.G

010.jpg


2位でもいいんだけど、こちらは秋への継続なので「信長の忍び」に花を持たせておいた。ダンスシーンがキメ顔ばかりで全然動かしてねーじゃねーかという不満は他の誰かに愚痴ってください。少年の成長物語として面白いし、ダンスはしてないものの演出で踊ることの肉体への負荷は良く伝わってくるよ。少年主人公だと女の子が少女漫画のような顔でも気にならない。

第4位 「ウルトラマンジード」制作:円谷プロ

017.jpg


これもひとつ上の順位でもよい作品だったが、継続なのでちょっと下げてある。今回のウルトラマンには科学特捜隊に準じる地球防衛軍のような組織が登場しない。ウルトラカプセルを起動させるために人工的に作られたニセウルトラマンが主人公という発想がいい。ただ、冒頭の不可思議さが説明回を挟んだことで希薄になった。ジュブナイルっぽさを保っていけるかどうかは評判にかかっているようだ。ウルトラマンの造形は、ちょっとゴテゴテしすぎ。

第5位 「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」制作:MAPPA

17.jpg


映像音楽共に最高レベルの出来栄えながら、なんか弱かった。作画は驚異のレベル。でもなんか弱かった。シーンとシーンの繋ぎ目でいちいち気持ちが切れる。あの妙な間は何だったんだろう? ニーナは一見表情が豊かな子のようなのに、言いたいことを飲み込むタイプなので顔芸で伝えることが多かったかな。シャリオス17世が神族と魔族双方に喧嘩を売っていた理由がよく分からなかった。

第6位 「将国のアルタイル」制作:MAPPA

009.jpg


面白いんだけど、女性向けのキャラクターデザインなのでみんな髪が長いよね。まぁこっちも慣れてるから文句をつけるつもりはないんだけど、線が細いので格闘シーンなどがあっても迫力不足になってるところは弱点として認識すべきじゃないかなぁ。ダリューンみたいなのがいないと締まらないよね。アニメのキャラクターデザインって、おそらくいま大きな変化の節目にあるんだと思う。これはこれでいいんだけど、ちょっと古臭くなってきてるよね。

第7位 「てーきゅう 9期」制作:ミルパンセ

014.jpg


ミルパンセはさ、「ベルセルク」の3期はやらないの? 制作会社変更なの? 「てーきゅう 9期」も無事に終わったことだし、「ベルセルク」が観たいんですけど。

第8位 「地獄少女 宵伽」制作:スタジオディーン

015.jpg


本気で胸糞悪くなる話だけども、心に来るものがある。もうちょっと順位を上げてもいいくらい。新作が6話までしかなかったからこの順位にした。アマゾンプライムで1期の1話を観ようとしたんだけど、あまりに辛くて先送りしました。マジで辛い。悲しい。腹立たしい。この世の中は気狂いばっかりですよ。閻魔あいが悲しすぎる。ナレーションがひし美ゆり子でオレ大歓喜。声はすっかりお婆ちゃんだけど、内容とマッチしてて雰囲気があった。

第9位 「サクラクエスト」制作:P.A.WORKS

006.jpg


アカンかったね。脚本は良く練られていて、地味な話を最後まで見せる努力をしてあるんだけど、主人公が都会で就活に失敗した女の子で、それが田舎の観光協会にやってきて町の人々に町の魅力を思い起こさせるってことをやられても、ちっさい話だなぁって呆れるだけだった。アニメ観ながら頭の中では「そういや『どてらいやつ』っておもろかったよなぁ」とか別のこと考えてるんだから世話ない。女の子の成長物語としてみようと思っても、町興しなんて小娘には荷が重いじゃない? 1年国王やって町興しアドバイザーみたいなものになりましたって言われても、そんな大きな成長じゃない。身近なテーマがやりたかったと仮定しても、町興しなら町興しでやればいいので、小娘主人公にしてわざと停滞を描く必要はあんのかって思うし。まぁリベラルの「吉里吉里人」ごっこよね。ど田舎にイオンがやってくるとか、都会でリストラされたおっさんが田舎で会社を立ち上げて再起を図るとか、そういうものの方が話としては面白かったんじゃないの。とにかく何がやりたいのか分からなかった。

第10位 「バチカン奇跡調査官」制作:J.C.STAFF

005.jpg


期待外れでした。この作品よりはるかに完成度が高い「プリンセス・プリンシパル」を切って、こちらを最後まで視聴したわけは、男の声の方が落ち着いて聞いていられるから。女性声優のキンキン声に耐性がなくなっていて、聞いてるのが辛くて辛くてこういうのを観るんだけど、こっちはこっちであからさまなBLなんだよね。BLでもいいんだけど、それは視聴者が勝手に想像しろと。昔「あしたのジョー」なんかでも女性ファンはたくさんいて、BLっぽい妄想も当時からしていたけど、ちばてつやは別に女性に売ろうと思ってBLっぽいシーンなんていれないじゃない? 作品の完成度だけ気にしてたんだよね。視聴者は素晴らしい物語の中に勝手にBLっぽい妄想を持ち込んでいた。それじゃいかんのかと。さらに言えば、この作品、キリスト教徒にあまりに失礼だったよ。バチカン奇跡調査官なんてタイトルだけで、全然本来的な描写はなかった。ガッカリだった。テーマとかアイデアはいいのにもったいないよね。


という結果でした。


今期はとにかく「メイドインアビス」だったね。完成度が高い。まったく文句がない。何もかも全部良かった。不満がひとつもない。ナナチは可愛かったね。

もうこっちは若隠居の身なので、古い作品もたくさん視聴して楽しかったわ。「ザンボット3」とか「侍ジャイアンツ」とか「THE ビッグオー」とか最高に面白かった。

ケツの2作品はどちらももったいなかったね。

「サクラクエスト」は元のアイデアが弱すぎる。P.A.WORKSって何でもアニメにしちゃうけど、「サクラクエスト」を小説や漫画にして雑誌に応募したり持ち込んだりして、こんなもんが編集や審査員に相手にしてもらえると思っているのだろうか? 作りは丁寧だけどさ、絵なんて下手でも描いてりゃ上手くなるしアニメの場合は人を雇えば絵は改善される。要は元の話に魅力がないとさ、無理でしょって。

「バチカン奇跡調査官」は、バチカンから抗議がなかっただけありがたく思えよって感じ。毎回話のピークはOP前の「バチカン奇跡調査官ッ!」ってナレーションだったからね。あれは毎回「いい声だなぁ」って感心してた。

でもそんだけ。そこをピークに落ちる一方という。

さ、気持ちを切り替えて秋アニメに集中していこう。




コメント(0) 

の「けものフレンズ」どうしても愚痴りたいこと [アニメ/特撮]

ぐちゃぐちゃにされてしまったのでもうどうでもいいことなんですが、

0276055e.png


犯人捜しよりですね、1期で明らかにならなかったミライさんと旅をしていた初代サーバルちゃんと2代目(らしい)現在のサーバルちゃんの関係を、2期で明らかにして欲しかったんですよね。初代と2代目は同一個体なのかとか、同一個体ならばなぜ記憶が途切れているのかとか、違うならなぜ記憶の断片をうっすら思い出して泣いたのかとか、その辺ですね。

自分は「たのしー」とかそういうファンじゃないんですけど、裏設定が面白かっただけに残念だなと。

なんかね、「ストライクウィッチーズ」の1期に出てきたヒト型ネウロイが2期の冒頭できっぱりとなかったことにされてしまったあの事件と重なってですね、「またただの萌えアニメにするのかよ」と怒り心頭なわけですよ。

「ストライクウィッチーズ」はアニメを再視聴し始めた初期にわけもわからず観たのですが、「豪快にパンツ丸出しだな」と呆れつつも、ヒト型ネウロイと宮藤の交流のところはすごく面白くて、魅入ってしまったわけですよ。で、続きどうなるんだろうと2期のDVDをまとめてレンタルしてきたら、冒頭でいきなりヒト型ネウロイの巣が破壊されて、2期は丸ごと萌えアニメだったわけです。面白いところがひとつもない。

なんでね、せっかく作品に良いところがあるのに、それに触れたら負けかのように設定ごと消去するんですかね? 全編に渡ってシリアスにしろなんて言うつもりはなくて、2期でちょこっと触れてくれればいいのに、全否定ですからね。異常者なのかと。

まぁね、あれの繰り返しなんだなって。

犯人なんかどうでもいいんですよ。ひとつの作品に様々な良い点があって、それらをすべて生かせばいいだけなのに、ちょっと売れたらあとはひたすら出版社主導で「売れ線」だけの内容に変えられ、挙句売り上げなんて落ちてばっかりなのに、なんでやめないのかと。

秋にやる「血界戦線」も、最終回を落とした松本理恵が干されて監督が代わっておりますが、若い才能をのけものにして、老人ばっかりで出版社の言いなりの作品にして、面白くなるんですかね?

新しい才能を業界が率先して潰しているようにしか見えないんですが。

と、以上グチでした。アニメもそろそろあかんかなって気になっております。



コメント(0) 

「信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~」第52話・最終回 感想(是非もなし) [アニメ/特撮]

是非もなし、はいいけど、こんな面白そうな場面で終わるのかよ。マジか。

続きが気になってしょうがない。

visual_main.jpg


いやいやいやこれはすぐに作ってくれないと。姉川の戦いの前で区切られましても。姉川の戦いの前で最終回になるというのはなかなか斬新すぎやしませんかね?

これもう次のクールはクライマックス連発になるじゃん。面白いところばっかりになるよな。あーでもあれか、あまり急いでやってしまうと、本能寺が近づくにつれて鬱になっていくような気もするからゆっくりの方がいいか。半分以上アニオリとかさ。もう全然OKよ。

かなり出し惜しみしてものすごくゆっくりやって姉川の戦いとその事後処理だけで1クールとかでもこっちは全然OKだけどな。

マジかよ、ここで最終回? こんなところで終わるのは卑怯だわ。

来年1月の冬アニメから再開してくれ。オレももうちょっと本を読んで勉強しておくわ。




コメント(0) 

「将国のアルタイル」第12話 感想 [アニメ/特撮]

野戦での大敗は痛い。惨めだ。完敗しかないからな。

016.jpg


地の利を考慮せず5000対5000で戦おうとした時点で負けですわね。

内容も考えられていて良かったですけど、今回は特に作画というか画面作りのレベルの高さが目立っておりました。

似たような作品で「アルスラーン戦記」もアニメ化されていますが、あちらと比べて野戦の描写が格段に良い。ちゃんと大軍同士で戦ってるなと分かるようになっていました。陣形を変える場面など、「アルスラーン戦記」じゃできなかったですからね。さすがはMAPPAでした。

原作がどんな感じなのか知らないのですが、帝国をバックに独立するつもりなのに帝国軍を引き入れずに戦うとか、トルキエ軍に留守を狙われるのを考慮してないとか、細かいことを言い出せばきりがないですけど、今回の逸話の部分など政治はかなり複雑になってしまうので、小説でもない限り何から何まで納得がいくように描写するのは無理ですよね。

いろいろ割り引いてアニメ作品としてみれば、かなり良くできていると思いますよ。世間の評判は知りませんが。

12話ちょうどでトルキエの内乱は終わり。全体にペースもいいですね。ウチの彼女さんのお気に入りアニメでもあります。

まぁもっと武骨な方が好きなんですが、いま歴史ものとか女性の方が好きですからね。アニメは特に。キャラクターなどが女性向けになるのは仕方ないと諦めております。




コメント(0) 

「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」第24話・最終回 感想(メカバハムートですやん) [アニメ/特撮]

わからん。なんでシャンリオス17世が神族と魔族を迫害していたのかさっぱりわからん。

17.jpg


バハムート対策のために古代文明の遺物を掘り起こし、復活の予兆を示すバハムートと対決するという理由がありながらなぜ神族と魔族を敵に回したのだ? 神族と魔族が、人間が必要以上の力を持つことに反対して封印された古代文明の遺物を復活させることを拒んでいたなら、説明すればよくないか?

あの、力を増幅させる能力で漆黒兵を作ったのに、その力は温存されずに神族と魔族の封じ込めに力を使い果たして結局は最後に戦力不足に陥ってる。なぜそんなことをする必要があったのだろう? 必要のないことのためにカイザルまで死なせてるのがなんか釈然としない。

ムガロも、良いキャラだけどもこういう終わり方だとなんか釈然としない。あれは闇堕ちしたジャンヌが信仰を復活したことがきっかけになって与えられた子だろ? どんな苦境に陥っても信仰を失わなかったご褒美みたいなものなのに、使いどころが悪かった感じがしてならない。

作画や美術や音楽は最高だった。1期も良かったし、2期も良かった。

脚本も、ニーナの心情などは良く描けていたと思うし、1期をしっかり踏襲していたと思う。でも全体になんか釈然としないところが多くあって、不完全燃焼だ。

振り返ってみると、全体に筋が通っているように見えながら、ニーナ以外はさほど描けていないのではないかと感じる。シャリオス17世も、自らの命を顧みず義に殉じる人として描くならば、神族や魔族と対立する必然性がないと、曖昧さが拭えないんじゃないかな。

復活の予兆を示すバハムートを倒すためには古代兵器の復活がどうしても必要、これに対して神族や魔族が徹底抗戦して人間と対峙したのならともかく、シャリオス17世は一方的にどちらにも戦いを仕掛け、魔族は隷属化したのだ。この前半と後半の義に殉じるキャラとの乖離が酷い。乖離していてもいいが、理由をしっかり示さないと。

ムガロとカイザルは結局のところシャリオス17世のこうした曖昧な設定の狭間に落ち込んで無用になったから殺されただけに思える。

それに、キャラとキャラの間の因果律が弱い。ニーナは良く描けていたと書いたが、彼女が最後までシャリオス17世にこだわった因果も、さほど明確ではない。この描き方を男性目線で見ると「女ってまんこが濡れると見境なくのめり込んで善悪の区別関係なく一方的に肩入れするのな。すぐ冷める癖に。はた迷惑な」と、あまりにも思い当たる節が多い結論になってしまう。オレはアニメにそういうものは求めていないのよ。キャラにはもうちょっとちゃんとしてほしいわけ。

結論としては脚本が弱かったってことですかね。他が完璧なだけにちょっとね。1期が踏襲されているのはいいんだけど、んーーーーーーなんだろな、ニーナ以外は全部脚本家の都合で造形されていたかな。目の前にいるキャラクターがまるで本物の人間のように見えて、キャラクターと一緒になって泣いたり笑ったりする、感情移入して楽しむ醍醐味がなかった。ぼんやりと眺めていれば、良くできた映像作品ですけどね。1期はあんなに泣けたのに。

んーーーーーーー、ま、こんなもんかな。




コメント(0) 

「メイドインアビス」第13話・最終回 感想(2期やってほしい) [アニメ/特撮]

最終回は1時間スペシャル。いや、これはすごいね。

003.jpg


これだけのアニメはなかなか作られることがないので、1クールだけですが楽しませていただきました。ぜひ続きもアニメ化していただきたいものです。

最終回に白笛のボンドルドというやつが出てきたのだが、第5層でかなり特殊な実験をやっている模様。上昇負荷の実験だけでなく、アビスの秘密全体に興味がありそうなキャラで、何か別の目的があってアビスの調査をしているわけではなく、調査をして新たな発見をすること自体が目的化している。

こういうキャラは得てして非人間的な人物造形がなされるもので、ボンドルドという人物も、探求のためならどんな犠牲も厭わず、良心の呵責に苛まれることもない冷酷な人物として描かれている。おそらくは自分の肉体に関しても無頓着で、惜しむのは命が尽きてアビスの探求を続けられなくなることだけだと思う。

ただしこれは残虐というのとはちょっと違っており、科学的な思考を突き詰めた挙句に常識から逸脱してしまっただけで、研究に関して真摯に取り組む、きわめて上品な人間でもあるのだろう。だが、原作未読なので詳細はよくわからない。気狂いのようなエキセントリックな人物だったらちょっとガッカリするかな。

ミーティーはレグの火葬砲によって無事に成仏させられ、ナナチが仲間になり、リコの腕も何とか回復、さらに下層へ向かう旅支度も終わり、経過報告のための手紙も風船に託し、いよいよ更なる深みへといったところでアニメ第1期は終了。

原作がどこまで進んでいるのか知りませんが、これは2期がないと収まらないほど面白かったですよ。

アニメスタッフもね、集められるうちに集めて質の高いアニメを制作しておかないと、上手い人がどんどん引退していくし、単価の安い仕事は引き受けなくなるし、ネットフリックスやアマゾンや中国資本の企画に取られてしまうし、いつまでも現場をないがしろにしているとこういうアニメは作れなくなるからね。

現場の人間は困窮しているぶん危機感があってより良い仕事を求めて行動をとっていると思うのですが、発注する側の、自分で物を作らない連中の危機感は全然なくて、相変わらず安い金で超高品質のアニメが制作できると思い込んでるんだよね。日本人が作らないなら中国で作ればいいとか本気で思っていそうだから困る。英語も中国語も喋れないくせに。

最近、アニメの企画だけして(内容はかなり適当)、なんとか組を自称し、偉そうにしてる連中が多いんだよね。ああいうのを見ると、アニメもそろそろ終わるよなって思うわ。

今回のスタッフも、そうそう集まらないメンバーだよ。

2期は早めに始動した方がいいと思う。






コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/09/30 [日記]


コメント(0) 

「ガサラキ」(1998年作品)第12話 感想 [アニメ/特撮]

アジアン静脈瘤が日本の安全保障の脅威になってるからナパームでもぶち込んでやればいいとか自衛隊員が話しているんだけど、それが何だかわからん。

260.jpg


そのうち何らかの描写があるだろう。にしても物騒な。オレの暴言のようだ。

ユウシロウたちは自衛隊に捕まって豪和市に連れ戻される。ミハルはこちらへ来ても実験台になるような雰囲気。ユウシロウは北海道演習場のTA機暴走事件収拾のためにヘリで移動。その前に9年前に死んだ自分はいったい何者かと問うたところ、「お前はカイだ」と言われる。

カイというのはおそらくシンボル側のインヴィテーターと同じもの。

暴走機の制圧に駆り出されたユウシロウは、防衛ライン内での敵動力停止に失敗し、防衛ラインの外に突っ込んでいって味方の砲撃を地面に潜って回避、自身の生存と暴走機のパイロットの身柄を確保した。


んー、中盤に差し掛かって完全にボトムズ。ボトムズより作画が良く、ボトムズより整理されていないといったところ。

パイロットと機体のシンクロってこのころ流行したのだろうか?




コメント(0) 

「ガサラキ」(1998年作品)第11話 感想 [アニメ/特撮]

自衛隊のTA、搭乗者の生体実験中に暴走し始め被験者死亡。

260.jpg


アカン。まるで使えない。生理的強化の方向性が大失敗した模様。暴走したTA1機を停止させるために、拘束されていた実験部隊を投入するも、強化人間に操縦されたTAの反応速度が速く2機ともやられる。仕方なく強制停止させる。強化人間のパイロットは心肺停止。

ユウシロウとミハルは京都に向かっていた。それに実験部隊の女性隊員とユウシロウの妹が追い付き合流。ともに能の師匠が言っていた京都に向かって走り続けるも自衛隊の特殊部隊に捕まってしまう。

心肺停止していた暴走TAのパイロットのフィジカルコンディションがなぜか回復。

面白いとは思うが、さすがにちょっと能を組み合わせたアイデアが上手く融合していない気もする。

ただ一定の緊張感を持たせたまま一気に見せてしまうところはまるで「装甲騎兵ボトムズ」。





コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/09/29 [日記]


コメント(0)