So-net無料ブログ作成

「侍ジャイアンツ」第26話 視聴(歌ってる人が違う) [アニメ/特撮]

第25話から新OPになってるんだけど、25話のOPがなんかイメージと違うなと思ったら、歌ってる人が違うな。25話は、もしかして子門真人? あの歌い方と声は子門真人だろうなぁ。1話限りだったのか。初めて知った。

photo1.jpg


第26話のコンテは出崎哲。

ある日暴漢に襲われた番場蛮。彼を襲った少年少女は実は先日番場蛮のエビ投げハイジャンプ魔球に腕をへし折られた大砲万作の弟たちだった。

という脚本を出崎哲氏がコンテという形でアニメの設計図にしているのだが、やはり出崎哲氏は緊張と弛緩の演出。番場蛮を襲撃した弟たちの罪を大砲万作が一身に背負い、危うく球界追放処分寸前まで行くものの本人は弟たちを庇って言い訳がましいことは一切言わない。そんな大砲の頑固さで緊張感を盛り上げ、嵐の中での番場と大砲の友情話、死にかける大砲、なかなか来ない医者と繋げて、最後は万事解決と友情の確認で弛緩させて締め括る。

1話の中でちゃんと起承転結があって、グッと感情移入させるんだよね。

こういう基本的な作劇を子供のころに当たり前のようにたくさん観たことが、物語を享受する側の基礎知識として血肉化されている。児童文学から始まり、ジュブナイル、アニメ、小説、ミステリ・SF、と経験を積んでいるから、文学の勉強をしていなくても作劇の基礎が身についている。

ラノベも一応作劇の基礎はあるのだが、人間を描かないからなぁ。人間もテンプレ、構成もテンプレ、設定もテンプレ、とにかく読者に考えさせるな金だけ払わせろだもんな。ホント、いまの出版社の連中って将来どうするつもりなんだろ? 「日本の書物は人間を描きません」って大声で叫んでるようなものなのに。

緊張と弛緩(もしくは緩和)って基礎中の基礎だけど、基礎だから簡単にできるってわけじゃない。出崎哲氏みたいなオーソドックスな演出あっての前衛演出ですわね。




コメント(0) 

「侍ジャイアンツ」第25話 視聴(新OPになる) [アニメ/特撮]

第25話からは新OP。久しぶりに聴いたが、ちょっと記憶のものと違った。

photo1.jpg


第25話のコンテは富野喜幸。何度も指摘しているけど、ちょっとしたセリフの妙でモブキャラを際立たせたり、ライバル関係を濃密に描くところはさすが。

やっとのことで退院して、中日戦先発を勝ち取ったと思ったら、交通ストに巻き込まれて番場蛮は先発を堀内に譲る。しかしその堀内が中盤で崩れ、蛮はロングリリーフに就いた。最初の相手が大砲万作というシチュエーション。

そこに至るまで番場蛮の焦る心情に深入りしないところが富野っぽい。出崎哲氏ならば、球場到着が遅れるところをしっかり演出して番場蛮のはやる気持ちを際立たせ、リリーフ登板のところで一気にストレス開放、蛮に快刀乱麻させているはず。でも、富野はそれはしない。

番場蛮の視線の先に大砲万作、大砲万作の視線の先に番場蛮を置いたままストーリーをサクサク進行させ、その途中で放送時間延長のせいで眠ってしまう妹の描写などが挟まる。兄の復帰を待ち望んでいたのに、先に眠ってしまう妹の幼さをちょろっと入れてキャラを立たせるんだよな。こういうところが上手い。

蛮と大砲の対決ストーリーは原作や脚本に準拠しているだろうが、蛮の心理描写に多くの尺を割かず、ライバル関係の描写に全振りする思いっきりの良さは持ち味でしょうなぁ。

富野喜幸は、「鉄腕アトム」や「海のトリトン」で作家性を暴走させ、メインスタッフから放っぽり出されるほどアクの強い人間だが、このさすらいのコンテマン時代は脚本を捻じ曲げるほどメインで働いていないせいか、地道に自分の演出能力を磨いている感じ。

富野がその作家性と演出を噛み合わせてきたのはかなり遅くて、おそらく「ブレンパワード」までこないといかんはず。オレはもうその頃はアニメを見ていなくて、後付けで時系列を追ったが、「ブレンパワード」「∀ガンダム」の前までは、モブに至るまでキャラクター個々を描き分ける作家能力と、対決を軸として話を盛り上げる演出能力は同じベクトルを向いておらず、とにかく生み出したものを破壊する方向になりがちであった。

「機動戦士ガンダム」だけが例外で、あれは間違いなく現場にいた安彦良和の影響力が作用している。安彦良和はクレバーで頭が良く、SFにも精通しているので、演出能力の方を暴走させにくかったのだろう。一方で安彦は演出能力が全くない人であるから、「機動戦士ガンダム」を彼が生み出すことはできなかった。童顔で大人しいけども、自分より頭が良く現場の影響力が強い安彦を意識していなければ、あの終盤数話はあれほどまとまらず、ひっちゃかめっちゃかになっていたはず。そもそも打ち切りを宣言されたときにぶっ壊れて何かしでかしたに違いない。安彦良和の眼が怖くて、しなかっただけだ。

「機動戦士ガンダム」って語られつくされた感はあるが、ラスト数話のあの異常な盛り上がりを納得いく形で表した論評は読んだことがない。商業的な成功ばかり取り上げられることが多いのだ。

そうしたこともあって、富野由悠季はもっとちゃんと分析しなきゃいかんと思っている。

「侍ジャイアンツ」の感想では、出崎哲氏との比較で、脚本の何を中心に演出しているのか、何に尺を割いているのかなど感想としてまとめられたらいいなと考えている。

できれば、他の人がちゃんと分析したものを読むだけの方がいいのだが、誰もやってくれないから仕方がないね。





コメント(0) 

「侍ジャイアンツ」第24話 視聴(コンテに注目して視聴中) [アニメ/特撮]

コンテマンに注目して古いアニメを視聴中。個性が出るんだよね。

photo1.jpg


第24話は福富博氏。詳しい経歴は知らないが、作品を見た限り脚本をわかりやすく展開するタイプのようで、番場蛮の異常な性格と医者の冷静さをうまく対比させていた。一方で、肝心の魔球のヒントを掴むところは尺不足になってる。

全体の流れとしては魔球のヒントを掴むところが重要なのだが、番場蛮が入院中に関わらず大人しく出来ないところと、医者が根気強く気狂いの蛮をあやすところを描きたくなるのはわかる。このころのアニメは設定などいい加減なもので、物語の中で人間をどうやって描くかに比重が置かれていたので、今回のような脚本ならば医者の辛抱強さにスポットを当てたくなる。

かなり職人タイプのコンテマンだ。強烈な個性がないので、どんな作品にも対応できそう。




コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/08/13 [日記]


コメント(0)