So-net無料ブログ作成

謎の小箱 [アニメ/特撮]

メンコと一緒に保管され、すっかり錆びついて空かなくなった金属の箱の中身は、「マタンキ・バッジ」でした。

あと、漫画の切り抜きがあって、ボロボロながら「アグネス・ラム」の絵らしい。どの作品なのかもう調べようもない。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「侍ジャイアンツ」第7話 視聴 [アニメ/特撮]

昨日の紅白戦の続き。

photo1.jpg


満を持してマウンドに上がった番場蛮。しかしすべての2軍選手が彼の敵になっている状況で活躍するには、頭を使う必要があった。

守備と打撃で相手選手たちの意表をついて活躍した蛮も、投手として使える武器は持ち前の全力投球ゆえのノーコンしかなかった。そこで蛮は普通に構えた選手には全力で投げ込み、蛮の剛速球を恐れて打席を離れて構える選手には普通のスピードでストライクを取る戦法にした。

次々に相手選手にぶつけていき、死球を連発する蛮に腹を立てた2軍選手たちに詰め寄られたものの、蛮は負け投手になったら腹を切ると宣言してマウンドを降りようとしなかった。

しかしノーコンは変わらず、暴投と死球を連発する蛮。滅茶苦茶な野球にキレかかった選手たちは、代走を送ろうにも選手がいなくなっていることにようやく気が付いた。

17対1の喧嘩野球は、試合放棄という結果になった。

喧嘩に敗れた2軍選手たちは、納得がいかないと1軍の川上監督に詰め寄ったものの、川上監督は滅茶苦茶な試合の中で唯一冷静に勝つことだけを考えていた蛮を認め、他の選手たちを差し置いて彼を1軍に昇格させることに決めた。


という内容。いまのところ蛮には剛速球とノーコンしか武器がないので、その条件の中で彼を1軍に昇格させるには、「喧嘩慣れしている」という部分を前面に押し出すしかなかったようだ。元々彼を入団させたきっかけが、侍が欲しいという理由だった。破天荒な選手が欲しいという意味だ。

それまで巨人は「巨人の選手は紳士たれ」と教え込まれ、圧倒的に点差が勝っている試合でもバントをするなど手堅く勝つ野球だけやってきた。それで9連覇を達成したのだが、V10がかかったシーズンで野武士野球の中日ドラゴンズに負けてしまう。常勝軍団が負けると急に犯人探しになるのは昔も今も変わらず、紳士の野球なんてやってるから駄目だ、もっと野性味のある選手を使えと散々言われていた時代だった。そうした時代背景が「侍ジャイアンツ」を生んだのだ。

若い子がこの作品を見ても、おそらくは蛮をガイジ呼ばわりするだけだろう。社会が紳士淑女の模範で溢れていたのは、明治維新以降に軍が道徳的模範であった時代だけで、明治の後半から退役軍人が社会の中枢を占めていた昭和40年代までで、以降は社会の道徳観念は破壊される一方だったので、人間は破天荒は振る舞いをする人間を極端に嫌うようになってしまった。

社会が道徳的模範に溢れているとき、道徳の破壊者には居場所がある。

社会が背徳的惑溺に溢れているとき、道徳の破壊者には居場所がない。

いまの時代は後者であるために、番場蛮のような選手には居場所がなくなってしまっているのだ。保守系の人間がやたらとモラルを持ち出すのは、社会の規範がしっかりとしていた方がそこからはみ出る者にも寛容な社会になると分かっているからなのだが、先ほど書いたように、日本の社会の規範は江戸時代には武士社会、明治以降は軍隊が担っていたために、左翼はそれらの社会的構造を封建的、もしくは軍国主義的とみなしてそんな時代に戻すなと運動をした挙句、社会から模範や規律はどんどん失われ、よって異常者の居場所が奪われている。

マスコミや左翼は異常者に肩入れし彼らの味方をしているから異常者の仲間のつもりでいて笑えるのだが、異常者が社会から排斥されているのは彼らの責任である。特に団塊の世代は、自分たちが子供のころから大人になるまで(昭和40年代まで)社会が規律と模範に満ちた社会で、それに逆らうことでアイデンティティーを構築してきたものだから、団塊の親の世代(戦中派)の価値観を絶対に認めない。彼らが安倍を異常に嫌っているのは、安部が保守だと宣言したことから、彼を自分の親のように嫌っているからに過ぎない。そういう彼らはもう老人なのだが。

この「侍ジャイアンツ」というアニメは、社会の中心が戦中派という少数派から、団塊の世代という多数派に移っていった初期のころのアニメである。紳士であった巨人が、野武士集団の中日に負けた、そんな些細な事実が、規律と模範の追及によって逆説的に社会を寛容に保とうとした日本人の知恵を奪ったのだから面白い。

戦争でも野球でもそうだが、紳士が1度敗れたくらいでガタガタ騒いでもいいことなどないのである。


ちなみにオレは当時中日ファンであった。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「プリンセス・プリンシパル」第4話 感想(クオリティー高い) [アニメ/特撮]

女ばかりの登場人物にもようやく慣れ、アニメ声にも慣れ、ようやく楽しめるようになってきた。

012.jpg


アンジェとプリンセスが入れ替わっていること以外はあまり把握していない。

アニメのスパイものとしてはかなり良い部類のはず。いくら良い点があっても、萌えアニメキャラで全部ぶち壊してるわけですが。

なんちゃらボールが便利すぎるね。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2017/08/02 [日記]


コメント(0)