So-net無料ブログ作成

「メイドインアビス」第1話 感想(継続視聴) [アニメ/特撮]

美術監督が増山修? 宮崎駿、細田守、新海誠をコンプリートした増山修さんなのか?

マジか。

003.jpg


一番楽しみにしていたのに、いつの間にか始まっていた。何曜日にやってるのかチェックしてない。なんかもう片っ端からチェックしているかっら、どの機器に何が入ってるとか、どの配信で何を観るとか全然定まってないわ。

来週からは持ち直したい。はい。

これはおそらく原作がかなりいい。アニメが終わったら読んでみるわ。

原作が良く、アニメのスタッフにも恵まれている。キャラクターデザインが萌えアニメっぽくなくて、子供向け作品としていい感じだ。これからアニメを世界に売っていくにあたって、萌えキャラっぽいデザインはかえって邪魔になる。それを望んでいる層との分離はさらに進むだろうから、アニメファンは二極化していく。

原作、キャラデザともに良く、脚本、演出も素晴らしい。独特の世界観を説明するのにナレーションを入れ、劇中での説明は極力省いている。レグが能力の一端を見せるのに、伸びる腕で隠れたはいいが、自分の腕をキャッチしそこなう場面から、リコを同じように伸びる腕で助けたところではちゃんとキャッチするなど、段取りを踏んでいる。せわしなく展開されているのにバタバタしてない。

音楽もかなり良い。劇中で流れる音楽に彩りがある。そこらの安物アニメとはかなり違っていた。「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」の、音質にまでこだわった贅沢さはないが、2番目くらいにはいい。バハムートはちょっと別格だからな。海外のアニメを観ると、日本のアニメ音楽のレベルの高さを実感するのだが、まさにこれは日本アニメ的な音楽の贅沢さを備えている。

そして背景美術だが、美術監督の増山修氏は、「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「時をかける少女」「魔法少女まどか☆マギカ」「君の名は。」などを手掛けた人。独特の世界観をよく表現しているし、綺麗なだけじゃなく、空間の広がりが凄い。それに何といっても枚数が多い! 1話から一体何枚書いているんだよってくらい背景の枚数が多かった。美術スタッフが何人だったか憶えていないが、かなり多かったんじゃないの。

これは積極的に海外に売って欲しい作品だ。海外と、後は一般層だよな。一般層の方が数が多いのに、BD/DVDの売り上げに頼ってるから、萌えアニメやアイドルアニメになってしまう。あんなの、気色悪いだけだからな。やる気を出せば日本アニメもまだまだいけるんだなんと。

少年少女とロボットを主役に据えた、本格的なファンタジーだ。よく動かしてあるし、これは絶対におもしろい。

おそらく原作読んでるバカが絡んでくるから、全部削除してやろう。

あいつらマジもんでウザいからな。





コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

「アトム ザ・ビギニング」第12話・最終回 感想(良かった、のか?) [アニメ/特撮]

人間不信がどこかにあると、「鉄腕アトム」もこんな感じになっちゃうのか。

AS20160519000126_comm.jpg


「鉄腕アトム」を観て科学者になろうと決意した子供たちはたくさんいただろうが、こんな文系人間の人間不信に満ちたアトムでは無理だろうな。

「心やさしき科学の子」が、「心かなしき科学の個」になってしまっている。

文系は心が腐ってる。

アカンな。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2017/07/09 [日記]


コメント(0)