So-net無料ブログ作成

「OVERMANキングゲイナー」第1~5話 視聴 [アニメ/特撮]

アニメの再視聴を始めた初期に、富野由悠季の名前だけを頼りにレンタルしてみた作品を、再視聴することにした。

img_1.jpg


基本的には、人間の生産活動によって弱体化した自然環境を、人間がドームポリスに居住することで解決しようとした世界にあって、自然の復活を確信した人々によるドームポリスからの脱出であるエクソダスを試みる立場と、当初は自然保護を目的としながらも、いつしか利権まみれになった立場の人々との間に起こった追っかけっこが話の中心だ。

戦争をしているわけではないので、人が死にまくる話ではないものの、OVERMANという名の不可思議ロボットを双方が所有しているので、毎回毎回戦いのシーンがある。これが面白い。

OVERMANはロストテクノロジーの産物という設定のようで、なんだかよく分からないがこの世界に存在しており、整備などを通じて活用することはできる。火力で戦う代物ではなく、時間を止めたり、消えたりして雌雄を決するのだが、これがアイデア満載で見ていて飽きない。回を追うごとに、信じられないような能力を持つOVERMANが登場する。

登場人物は、相反する設定を併せ持つように造形され、ドームポリスのお姫様なのにエクソダスを支援するようなことを言ったり、エクソダスを憎んでいるのにそれを推進する女の子に惚れているばかりに手伝ったり、孤独でタフな男なのにいいところのお坊ちゃんだったり、強いはずの男が負け続けたりしている。

人間の描き方がおもしろく、このやり方は「ガンダム Gのレコンギスタ」に引き継がれている。アンビバレンツなまま状況に対応していくうちに、自分の立場が定まっていくやり方である。ベルリ・ゼナムなどはまさにそうで、好きな人の恋人を殺し、恩師を殺した事実に打ちひしがれながらも、腹は減るし、次の戦いはすぐにやってくるし、女の子のことは気になるし、曖昧で定まらぬ心持を抱えたまま状況だけがどんどん進んでいく。

演出上、人間の気持ちを多方向に振るのは難しい表現だが、「∀ガンダム」などではすでに試みられていたように思う。悲しみの感情が湧き起こる場面で、泣きの演出をせずにコミカルなシーンを挟んですぐに次の問題が起こるものだから、ついてこられない人もいるだろうが、ひとつの感情を保留しながらも、登場人物はそれぞれが勝手に自己解決していく様子はまさに群集をただの塊りとして描かない独特なものだ。これがおもしろい。

悲しんでいる人がいる横で楽しんでる人もいたり、恋愛感情が盛り上がってる人の横で大好きな夫が死にかけている人もおり、人間社会の描き方として本当に勉強になる。「リーンの翼」の冒頭部分はまさに傑作だ。

引き続き視聴していく予定。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「タイガーマスクW」第36話 感想(最高に盛り上がってくる) [アニメ/特撮]

ケビンまさかの病院送りで第4試合はタイガー・ザ・セカンドとグレート・ザ・サードのタッグ対タイガーマスク、タイガーザ・ダークのタッグマッチになってしまう。

4頭の虎がリングに集結する様子はなかなか格好良かったぜ。

72cdafeb9.jpg


虎の穴四天王のふたりを相手に勝てるはずがないと思っていたが、さすがに脚本はよく考えられていて、マスクで隠されていたもののタイガー・ザ・セカンドはかなりのベテラン選手で、2試合連続は体力的にきつく、身体が動かないという設定にしてあった。

一方で6メンタッグマッチで冴えなかったタイガー・ザ・ダークは、1試合をこなして試合勘を取り戻つつあるところに、この日のために新必殺技を考案していた。この必殺技がかちあげ式のクロスチョップというか頭突きというか、そんな技で、現実でやっても見栄えはしないだろうが、そこはアニメの演出でかなり格好良く描かれていた。

先発したタイガーマスクがグレート・ザ・サードを前にエキサイトして実力が発揮されないなか、ザ・サードの必殺技を喰らいそうになるタイガーをダークが助け、そのダークがザ・セカンドに必殺技を掛けられそうになる。必死に動いて難は脱したものの、そのまま場外に叩き落とされてしまったダークは失神状態。

リング内では、やたらと自分に喧嘩を吹っかけてくるタイガーマスクの正体を訝しんだザ・サードが、タイガーマスクのマスクを剥ぐ展開に。佐山タイガーと小林邦明戦でよく見た光景だ。ザ・サードは小林邦明風に左目の部分のマスクを剥ぎ、タイガーマスクの正体が東ナオトだと知ったルリ子が騒然となる。

リング外で失神したダークの父親藤井大助が息子可愛さのあまり椅子から立ち上がる「クララが立った」展開で地味に盛り上げながら、ダークは本領を発揮する。

デビルズ・トルネードをかわしたダークは、屈んだ姿勢からかちあげ式のクロスチョップだかパンチだがヘッドバッドだかでザ・サードを倒し、同じ技でザ・セカンドをフラフラにする。そこをタイガーマスクがジャーマン・スープレックス・ホールドを決め、対戦成績を新日の1勝2敗1引き分けに持ち込んだ。

第5試合はシングルマッチなので、新日はエースオカダ・カズチカを投入すると決まっていたが、GWMの方はザ・サードを出して一気にケリをつけたいミスXと、ザ・サードを休ませたいミスターXで意見が対立。結局はミスターXの上司権限でミラクルワンが出場することになった。


というお話だったのだが、第5試合に半ば噛ませ犬のような扱いで出場したミラクルワンがいきなり毒霧をオカダに浴びせかけてなかなかおもしろい展開にしてあった。絶対王者オカダはその安定ぶりが幸でも不幸でもあり、正統派レスラーとオカダをガチで対戦させてしまうと、負けた方の価値が下がるだけで、相手の選手の物語が終わってしまうという欠点がある。ケニー・オメガなどがそうだ。絶対王者オカダより強いか弱いかだけが残ってしまう。

絶対王者は最後には勝つのだから、その過程でピンチに陥らねばならず、それを毎回やるには相手の選手が反則技を使うヒールになることが、王者の価値を守りつつ対戦相手の価値を高めることにもなる。毒霧を使うヒールをぶつけるのは、アニメでも現実でもいいと思う。

アニメは対戦相手の設定をいくらでも変えられるが、現実の場合はやっぱりデカいオカダよりさらにデカいのが望まれるところだ。

来週はそのオカダとミラクルワンの試合になる。あまり尺が残っていないのがちょっと残念。メインの試合は、タイガーマスクとタイガー・ザ・ダークの覆面を貼り合わせたマスクで戦うタイガーとザ・サードの試合がメインで、最終回かもしれない。後日談みたいにもう1話あるかもしれないが。

この「タイガーマスクW」だけど、懐かしさだけで視聴するつもりだったのに、かなり面白かった。ところどころ作画に力が入っているのがたまらんかったよ。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「アトム ザ・ビギニング」第9話 感想(尻上がりに良くなる) [アニメ/特撮]

随分ゆっくりやってるけど、2クールなのだろうか。

AS20160519000126_comm.jpg


A10-6のキャラも立ってきて、天馬とお茶の水の個性の違いも際立ってきて、尻上がりに良くなってきた。ゲストキャラの寒い描写は相変わらずだが、慣れてきた。

ふたりが方向性の違いから仲たがいするのは博士号を取ってからだろうから、学生時代にはあまりドラマチックなことは起こらないような気もするが、そのためにDr.ロロとマルスがいるんだろうな。天馬が飛雄と名付けたロボットをお茶の水博士がアトムにする流れだけ抑えておけばいいわけだし。

これだけ面白ければ充分だな。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2017/06/18 [日記]


コメント(0) 

「進撃の巨人 Season2」第12話(37話)感想(3期決定) [アニメ/特撮]

3期は2018年。分割2期って感じだろうから、おそらくは秋。

visual_01_02.png


なんとなく、うすぼんやり全体像を把握しつつ、かといって肝心なことは何も分からないまま2期の最終回になってしまった。

会社では「こっからつまらないっすよ」ってネタバレされて、少し不機嫌である。まぁもうすぐネタバレされようもない環境に移り住むわけですが。

3期の予告で、エレンたちが海を見るという科白があって、そこから察するに、完全に巨人になる連中が隔離されたか、移り住んだかのどっちかってことになるんじゃないの? 海の外に文明がありそう。まず間違いなく文明間、もしくは国家間の戦争が起こってる。巨人は戦争の道具に使われているか、もしくは昔に使われていた。この辺までは多分当たってるはず。

もしそういう対立のようなものがあったとすると、かなり長い歴史があって、巨人化する能力を巡って闘争の歴史があるはず。その最後の時期を描いたということかも。

細かいところはまったくわかっていない。座標という能力が巨人を操るものを指すのか、別のものかもはっきりとは分からない。

結局はよくわからないまま終わった感じだ。でも面白かったよ。

3期が始まるころはいまとまったく違う環境で生きているかもしくは死んでいるので、観るかどうかは分からない。

生きてれば観るかもしれない。





コメント(2) 
共通テーマ:アニメ