So-net無料ブログ作成
検索選択

「楽園追放」再視聴 [アニメ/特撮]

「正解するカド」がイマイチなんで、同じ東映の「楽園追放」を再視聴した。

61Ofj+DJXLL.jpg


もう何度も観てる作品だけどな。

CGは同じ技術を使ってあり、どちらも技術的には差はないが、技術に差がないと如実に表れるのが脚本の差だ。虚淵玄はやはり面白い。

電脳世界を新フロンティアと定め、そこに移住していった人類と、それ以前の発想で宇宙に新フロンティアを求めた人類と、どちらにも取り残された人類が短い時間で描き分けられている。

宇宙開発というものに夢を見ていたオレのような旧人類は、80年代になって突如電脳世界というものが出現して、あっという間に宇宙というものが色褪せていった時代を体感しているだけに、この脚本はいろいろ身に染みるところがある。いま思うと、自分の肉体を何年もかけて住めるかどうかわからない別惑星に送り込むなんてアナログな発想が最先端だったとは信じられないくらいだ。

あの輝ける宇宙開発競争の時代、まさかそれを引き継ぐ自我に目覚めたAIが、野球帽を被り、人間とのセッションを楽しむようなアメリカの田舎の親父のように描写される時代が来るとは思わなかった。人類進歩の夢でさえ、色褪せ、退屈なお伽噺になるのだなと実感させてくれる作品だ。

進歩主義者は人類が到達する夢を具体的に提示し、その道を指し示すが、その到達した先が本当に人類の夢になりえないかもしれないと、オレたちの世代は実感として持っているわけだ。いま宇宙を舞台にした創作物は、それが失われた夢なのか、アップデートされたものなのか、単なるノスタルジアに基づき懐古趣味を刺激するだけのウソなのか、創造の出自のようなものを問われる中で生み出されなければならないのだろう。

虚淵玄の脚本は、ノスタルジアに基づき懐古趣味を刺激するだけのウソである。だが、そのウソがなかなか魅力的に描いてある。電脳世界と宇宙を対比させ、かつてそういうものがあったが君は覚えているかといった作りだ。だから、映画館でこの作品を視聴したとき、「ああ、そうだったね。宇宙はそういう場所だったね」としんみりしたものだ。

これはそういう物語だが、映像はドが付くほど派手だ。演出も良い。アクションも素晴らしい。エンターテインメント作品としてかなり上等である。まさに求めているアニメだ。女の子が主人公なのは、企画時期を考えれば仕方がないだろう。もうそろそろ表現としては限界であろうが。

CGであろうと手描きであろうと、物語なのだからまずは脚本が重要だ。何を物語っているのか問わないで、物語を語ることなんてできるはずがない。そして、映像に関しては、アニメは結局のところ動きだ。後半のアクションシーンは、モーションアドバイザー板野一郎の魅力が満載。彼はウルトラマンシリーズでも同様のポジションで仕事をしているが、やはりアニメになると本領を発揮するよな。本人の全盛時に本人がこの仕事を受けていれば、おそらくは「楽園追放」のレベルさえも超えてきたはずだ。

「CGでここまで出来るのか」と、劇場で絶句した作品であった。やはりアニメのノウハウの蓄積が多くある東映だけに、手描きと遜色ない出来栄えだった。

再視聴でも、その魅力は衰えていなかった。やっぱりすごい。古臭いのはロリコンキャラがロボットを操縦していることくらい。これはもうそろそろ考え直さないといけないよな。

次は「灰羽連盟」ってのを観てみようと思ってる。

「電脳コイル」は残念ながら貸し出し中であった。






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「アトム ザ・ビギニング」第7話 感想 [アニメ/特撮]

1週休んでの第7話。まあまあかな。

AS20160519000126_comm.jpg


まあまあとかそこそことか、そんな感じ。

悪くはないが、面白いってわけでもない。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「タイガーマスクW」第34話 感想(内藤、バックレる) [アニメ/特撮]

対抗戦とか言いながら内藤は出ないのか。ダークさんの枠を空けるために使われてしまった。

72cdafeb9.jpg


これで本物の内藤がWWEに移籍したら大笑いだな。

新日とGWMの対抗戦は第1試合のタイガー・ザ・ブラックと真壁刀義が2分少々で両者リングアウト。観客が激怒するほどの塩試合だが、第2試合の盛り上がりに繫げるための試合なので問題なし。

第2試合は引き続きタイガー・ザ・ブラックと真壁刀義が居残り、タッグパートナーにタイガー・ザ・グレート・ザ・サードとオカダ・カズチカ登場。この組み合わせは素晴らしいな。この対抗戦の流れを考えた人はプロレスをよくわかってるよね。

来週はおそらくタイガー・ザ・ダークが内藤に代わって登場し、ケビンが怒り狂う展開。6メンタッグマッチ辺りの出場だろうか。

物語の方は完全に畳みにかかってきていて、恋愛関係は、ルリ子♡タクマ、春奈♡ナオトでほぼ決定。若松失恋。棚橋刺される。だが別に何の興味もない。春奈がトレーニングを続けている方がよほど気になる。昭和プロレスの伝道師スプリングタイガーまさかの再登場あるか?

第1試合が無効試合になったことで、第6試合が組まれる可能性があり、というかおそらくはそうなるだろうが、そこでザ・サード、ケビン(ミラクルなんとか)VSタイマーマスク、ザ・ダークになりそう。ジパングプロレスの威信をかけた戦いになってしまって新日としていいのかどうかは知らない。

だがこの組み合わせになるためには、両陣営が潰し合いになって、ビッグタイガー、ザ・ブラック、オカダ、棚橋が試合続行不可能なほど負傷しなければいけない。第2試合以降、両陣営が激しく戦う展開が予想され、いまから作画が楽しみだ。ビッグタイガーとザ・ブラックは、アニメ版第1期ではどちらもタイガーマスクと戦って散っていったはずで、「タイガーマスクW」ではその役をオカダや棚橋が担うわけだから、おいしいといえばおいしい。いや、単なる予想だが。

虎の穴の大物ふたりはエース級ふたりに任せるとして、ミラクルワンを誰が潰すのかが気になる。ここはタイガーマスクの展開だが、第1試合のザ・ブラックの間抜けな試合を観ていると、意外に大したことがなく、ミラクルワンとザ・ブラックが入れ替わる展開もありなのだが、そこはオカダと棚橋に虎の穴の幹部をやっつけてもらった方が盛り上がるよね。ただのカナダチャンピオンだしな、ミラクルワン。そんなの倒しても・・・。

6メンでダークさんがミラクルワンを撃破負傷させ、ケビン激怒。ところがその後試合出場できずガッデム状態だったところが他の選手がやられ、最終戦に大抜擢。こんな感じかなぁ。予想というよりこうなったら盛り上がりそうだなってだけの話だからあまりあてにしないでくれよな。

なんだかんだで面白かったんだよなぁ、「タイガーマスクW」。来季はもうやってないかと思うといまから寂しいわ。スプリングタイガーももっと観たかったのに。


次もしプロレスのアニメをやるんなら、「プロレススーパースター列伝・平成版」をやろうぜ。

あのウソばっかりの奴。アンドレフランスで木こりやっていたとか、売れっ子ブッチャーが1ドルのハンバーガーで飢えをしのいでいたとか。ああいうウソばっかりの列伝の平成版。






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2017/06/04 [日記]


コメント(0) 

「進撃の巨人 Season2」第10話(35話)感想 [アニメ/特撮]

話の流れからするとクリスタって女の子が王家の血を引く何かって感じだけど、違うのかな。

visual_01_02.png


壁から突き落として巨人化させてるのがよく分からないが、ぼんやりと全体像が見えてきた。座標というのも分からないが、エレンと関係がある展開だな。多分。スマンな原作を読んでなくて。

来週は、バカの子の巨人と調査兵団とライナーの鎧の巨人との戦いになりそう。巨人同士が食い合いをする場面を観たことないのに、予告では鎧の巨人が襲い掛かられていた。何かあったのか? 入り乱れていてよくわからんながら、エレンは助かるっぽいな。巨人同士ってなんで食い合うんだろう? 敵なのかほかに理由があるのか。

ユミルが王家の血を引く人間だってウソをついて、壁の外側に巨人の姿で突き落とされたのち、ライナーとベルトルトの仲間を喰ったら人間形態に戻ったって描写もよくわからん。巨人同士で食い合いと人間に戻るのか? 食った方が相手の能力を奪うとか漫画みたいな展開だとか。まぁ、漫画なんだけど。

あの、村全体が巨人になってしまったっていうのは、壁の中の人間たちは本当は巨人だってことのようだ。壁の中に巨人がいるということは、壁で巨人から守られていたのではなく、壁で外の人間から守られていたってことかもな。そうだとしたら、そもそも壁が巨人である理由が納得いく。硬化能力で仲間を守るための人柱になった人たちなんだろ。そういう自己犠牲の精神がないと宗教絡みにならないと思うし。

ユミルを巨人にして壁の外に突き落としたって描写は、なんだろうか・・・。自分たちが本当は巨人だと知りながらそれを隠している教会側が、巨人としての誇りみたいなものを持とうとする地下宗教を壊滅させるために壁の外に放り出したってことか? ということは、なんだ? 壁の中の王家というのは巨人を人間から守った王家だったが、いつしかそれがタブーになって巨人であることを隠したってことなら辻褄が合うか。クリスタがその王家の人間なのか?

んーーー、せめて座標のことがわかればなぁ。エレンが座標って意味が分からん。エレンはどんだけ重要人物だったんだ。主人公ではあるけども。

ライナーたちの巨人は、壁の中の、自分たちは人間だと信じている隠れ巨人とは違うんだな。隠れ巨人が座標を求めているか・・・。巨人化能力が兵器だったとしたら、巨人化能力を使って壁の外のさらに外側の人間たちと戦おうという勢力なんだろうか。猿もその仲間か? ライナーは猿が出てきて嬉しそうだったもんな。

人間と思い込んでる巨人、壁、禁忌を犯し巨人に戻された巨人、柵、人間みたいな世界観だろうか。柵より日本みたいに海で隔てられていると安泰だけどな。怪獣ランドみたいなもので。まぁゴジラもラドンも平気で脱出するわけだが。

原作を知らない人間はこんな感じで視聴している。

これ、1クールなんだよな。3期はいつになるんだか。

そもそもやれるのかって話だ。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ