So-net無料ブログ作成

「けものフレンズ」第12.1話 感想(タイヤを見つけたのはアライさんだった) [アニメ/特撮]

「けものフレンズ」の新作映像。というか、最終回の尺に収まりきらなかったものを公開したのだと思う。

image1.jpg


新作映像だとすると、CGはともかく、背景さんが大変だったろうね。声優さんは依頼さえあればすぐにできるだろうけど。

本編ではしょられていた、バスを改造して船にする話で、思わせぶりだったわりにあまり活躍できなかったアライさんが再び登場。短い映像なのに、ちゃんと「けものフレンズ」の世界になっていてなかなか楽しい。

まぁ、頭を空っぽにして観るアニメではあるけども、制作者(監督、現場スタッフ)は当然ながらよくよく考えて作ってるわけで、どんな短い場面でも一貫した雰囲気を保っているのはそれなりに考えられているから。

そうした制作者の考え方に踏み込んでアニメを楽しもうとすれば考察が捗り、ただの視聴者でいようと思えばポカンと眺めて嫌な気分にさせられない安心感がありましたわな。

本編の感想でも書いたけど、腹が立ったのは製作者(プロデューサー、企画者、出資者など)の安易さ。とにかく女のキャラを大勢出して、若手声優をたくさん使っていればバカが擦り寄ってきてどったんばったん大騒ぎになるはず・・・、って意図しかなかったからな。案の定それに引っ掛かってる連中もいるが、そもそもあいつら「けものフレンズ」は1話で切って、別のアイドルものを見てたんだよ。騒ぎになってから集まってきてた。

幼稚くせぇだけのアニメなら、こんなに盛り上がってないっていうの。

あいつら、「1話で切ってたくせに」っていうと発狂するから面白いわ。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2017/04/05 [日記]


コメント(0)