So-net無料ブログ作成
検索選択

「信長の忍び」第22話 感想(明智光秀参上) [アニメ/特撮]

織田信長の正妻といえば、斎藤道三の娘で美濃から嫁いできた濃姫(劇中では帰蝶)である。

nob.jpg


ということになってるはずだ。多分。しかし有名なのは尾張の馬借の娘、生駒吉乃の方だろう。信忠・信雄・徳姫を生み、信長の嫡男である信忠は、吉乃の長男である。

この辺がややこしいが、信忠出産時はまだ側室になっていなかったが既に付き合っており、信長の子であることが確かだったから養子になり、のちに嫡男となったという説と、信忠は子のいなかった帰蝶の養子に出されたという説があったはずだ。

オレは信長というのは意外に情の篤い人物だったと思っているので、後者を採っている。正室より先に側室が子を産んでは帰蝶の立場がなくなるので、子がなかなかできないか、もしくはあまり信長にかまってもらっていなかった帰蝶に差し出されたのではないかと。

斎藤道三の子で、世界一の美女(道三談)だった帰蝶は、記録が非常に乏しく、斎藤道三の死後、斎藤家に帰された可能性こそ低いものの、若くして亡くなった吉乃より影が薄い。このアニメでは最愛の妻のような描かれ方だが、いたのかいなかったのかすらハッキリしない。しかし、美濃の人脈によって大きくなった信長が、斎藤道三の国譲りの正統性を放棄するような真似はしないはずであるし、のちに安土殿と呼ばれる女性がいることから、帰蝶はずっと信長の傍にいたのかもしれない。

生駒吉乃のように多くの子はなさなかったものの、養子に迎え入れた信忠はもちろん、他の子も同様に見守り育てていたんじゃないかな。若くして死んだ生駒吉乃、もしくは他の名かもしれない人物がいたのは、死んだ後に信長によって碌を与えられ、それを秀吉、家康も黙認したことから明らかだが、帰蝶が生きた記録がないのは、本能寺の変で信長とともに死んだからではないかという説がある。

劇中にもあったが帰蝶は明智光秀と近しい関係にあった。道三死後に離縁されたという説では、織田家を放り出されたのちに明智城の世話になり、明智城滅亡後に行方不明となったとしていたはずだ。そんな近しい間柄の光秀が謀反を起こしたとなれば、余計に記録には残りにくい。

アニメを視聴していて、帰蝶が薙刀を使う場面が描かれているのを拝見するに、この漫画は/アニメは、帰蝶が本能寺の変で薙刀を取って信長とともに戦うも、謀反人が光秀と知って自害して果てたのだとする説を採用しているようにも思える。光秀との関係を強調しているのは、最期を盛り上げるためのような気がするのだ。

史実では帰蝶も吉乃も大した資料は残っていないが、だからこそ想像力を働かせる余地が大きいと言える。

信長といえば吉乃をヒロインとして描くものが多い中で、あえて帰蝶にしているところが気に入ってる部分だ。

帰蝶は信長の一つ下。もし本能寺で信長とともに死んだのであれば、48歳である。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2017/03/02 [日記]


コメント(0)