So-net無料ブログ作成
検索選択

「ガンダム Gのレコンギスタ」第9話~14話 視聴 [アニメ/特撮]

やっぱ好きだな、この話。トワサンガのドレッド艦隊が自信満々でザンクト・ポルトまで出張りながら、すでに大陸間戦争まで始めてしまい、ヘルメスの薔薇の設計図まで入手している地球人にまったく歯が立たないという。

5166c4ce969ce9a060ec396bc7deacf7.jpg


ターンエーガンダムで止まっていた人類の進歩主義が、クンパ大佐という競争至上主義者によって再び活性化してしまった話なのだが、クンパ大佐自身は最終回辺りで死んでいる。

競争の芽が地球にばら撒かれ、各大陸には地球の重力圏を脱出する能力が既にあり、資源は枯渇に近い状態ながら、おそらくは宇宙世紀時代の遺物がそこらじゅうに埋まっており、発掘資源はそこそこある状態。

地球環境はほぼ回復していて、生産能力も向上し、人口が増えつつある。国家は再生され、エネルギーだけが宇宙よりもたらされている。

滅亡しかけた人類の再勃興の始まりに、前時代の反省を踏まえた禁忌と、進歩への渇望と自信、宇宙生活の疲労から来る地球への憧憬、変容した生命体との邂逅、変わらぬ権力志向などが入り乱れ、競争主義者亡きあとに残されたのは、それらすべてを見聞したアイーダ・スルガンという進歩主義を志向する国家で生まれ育ったレイハントン家の生き残り。

そして、ニュータイプの可能性を秘めた、禁忌を頑なに大切にするもうひとりのレイハントン家の少年。

姉のナイトの役割を終えたベルリ・ゼナムは、さらに見分を広げるために地球のあちこちを旅して歩く。

この始まりの物語はやっぱりおもしろい。

何が正しいことなのか、自分で考えて答えを出さなきゃいけない未来がある。

アメリアの進歩主義が、おそらくはゴンドワンの進歩主義とは意味合いが違う点までは描かれていないが、ヨーロッパ人の末裔が考える答えの決まった進歩主義と、進歩がもたらす発展に重点を置いたアメリカ的な進歩主義の違いも含めて、アイーダとベルリは未来に対して答えを出さなきゃいけないのだ。

ベルリが内包するニュータイプの可能性も含めて、多くの未来が詰まった物語なのだ。

アニメなんか好きなのを観ればいいのだけど、この話を好きだという人はおそらく、考える葦なのだろう。

本来、それが人間なのだがね。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2016/06/30 [日記]


コメント(0) 

「甲鉄城のカバネリ」最終回を前に [アニメ/特撮]

「甲鉄城のカバネリ」に登場するカバネって、随分前からいるんだよね?

9dbed1ee.jpg


連中が出現してから随分経って、九州征伐だったってことでいいんだよな?

九州に初上陸してきたのを迎え撃ったわけじゃないよな? いやな、会社でみんなの意見がバラバラだったものでね。

駅とか駿城はすでに完成していて、幕府が各地の駿城で正規軍を九州に投入。総大将は12歳の美馬様。ところが息子の反乱を怖れる将軍が補給を断って、見殺しにしようと画策するも、美馬様は生き残り、狩方衆なるものを結成して各地でカバネ討伐を行いながら、10年かけて金剛郭に辿り着いたってことでいいよな?

もうこのアニメしか残ってないから、話題が集中するんだけど、九州にカバネがやってきたって思ってる奴もいるし、美馬様が将軍から狩方衆総大将の任を承ったって思ってるのもいるし、カオス状態。

そもそも、カバネに各地の駅を襲撃させてるのも美馬様だって思ってるのもいるし。

無名の住んでいる駅を襲わせたのも、美馬様だとか。

誰も設定をよくわかっていないという。

こんな状態で最終回を迎えるのか・・・。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2016/06/29 [日記]


コメント(0) 

朝食をおかゆに変えて1週間 [ダイエット]

フルーツグラノーラが甘すぎて口に合わなかったことから、「朝食問題」として改善を進めた結果、おかゆというとってもシンプルな結論に落ち着いた。

おかゆはとにかく作るのが楽で、食べるのも楽。10分あれば作って食べきれる。

週末にダシストックを作って冷蔵庫に入れておき、炊いた1合の半分をおかゆにする。残りの半分は翌日のおかゆにする。

おかゆのいいところは、甘くなくて、味付けを自由に変えられるところ。鮭フレーク、海苔の佃煮、ちりめんじゃこ、ベーコンの他、乾物類はなんでも入れられる。するめはもちろん、味のついたのしイカもいい。まだ試していないが、エイのヒレも買ってある。

肉を入れてもいいし、卵は欠かさず入れている。野菜はあるものをなんでもぶち込んでる。冬には鍋の残り汁で雑炊風にしてもいい。

甘くなければ何でもいいはずなので、味のレパートリーは今後増やしていく。

腹持ちもそこそこ良く、カロリーは具材にもよるが300㎉以下。いまは白米で作っているが、麦飯や雑穀ご飯で作ればもっとカロリーは少なくなって、食物繊維も取れる。飽きないから朝食を欠かさなくて済む。

体重は1週間で2㎏減。フルグラより健康的じゃないの。旨いしね。

改善ポイントとしては、食感かな。もっとボリボリ食いたいとは思う。ピーナッツを砕くかスライスして入れてもいいかなと思ってる。

まだ始めたばかりなので、おかゆにトッピングして旨い食材を集めていこうと思ってる。ナッツ類は煮込まず最後に入れて食べればいいし。

今朝はスルメを割いて入れたんだけど、めっちゃ旨かった。

週末の喫茶店通いもやめて、朝はずっとおかゆでもいいくらいだ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2016/06/28 [日記]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2016/06/27 [日記]


コメント(0) 

「ガンダム Gのレコンギスタ」第1話~8話 視聴 [アニメ/特撮]

BDを並べた棚の中から、ちょっと懐かしいのを観ようということで、「ガンダム Gのレコンギスタ」を選んだ。これがなかなかおもしろい。

5166c4ce969ce9a060ec396bc7deacf7.jpg


アニメなんて自分が気に入ったのを勝手に観ればいいんだけど、最近は頭がおかしい奴が多くて、この作品もいまだに粘着してる気狂いがいるみたいだ。オレは好き、オレは嫌いで決めればいいだけなのにね。精神異常なんでしょう。

オレはこの色々辻褄があってない作品が結構好きで、最終的にBDも買ってしまってるんだけども、こうしてたまに視聴してみると、やっぱりおもしろいんだね。

もう何度か通して観ているので、どこがどう辻褄があってないかわかってるものだから、そこはスルーして、作品全体に流れるSF心のようなものを感じて楽しむような視聴スタイルに落ち着いている。

全体に一応筋は通っているので、細かいミスはセル版でも直せていない、というかさらにミスを追加するような有様だけども、そんなことも気にならないくらいこの作品に出てくるキャラクターたちが好きだ。みんな魅力的なんだよね。とくに第8話くらいまでは、キャラクターが好き勝手動き回るメチャクチャさが楽しい。

ベルリに会いたい一心で、仕事をすっぽかして大気圏突入用グライダーで突っ込んでくるベルリ母を、機体の故障で1機だけ上空に上がってしまったアイーダが、戦闘の成果を焦って撃墜しかけるところとか、それぞれが自分の事情で勝手に動いているものだから観ていてハラハラする。本当に落ち着きのないアニメなのだ。

でも、そのときのアイーダの心情などは、すごくよくわかるんだよね。G-アルケインに乗ってるのに、射撃はミスるわ、操縦はいつまでたってもうまくならないわ、肝心なときに機体が言うことを聞かなくて自分だけかなり上空に上がってしまって死にそうになるわ、全然いいところがない。だから、未確認機というだけで、それがどんなものなのかまともに確認しようとせず、撃ち落とそうとする。それがベルリの母親で、キャピタル・タワーの運航長官だと後で気づいて青ざめるなんて描写を、もう他にやる人はいないからね。

作品で人間を描いていた時代の人の作品だなって、妙な安心感がある。

つくづく、ガンダムでやらなくても良かったのにと悔やまれる作品だ。でも、まぁいいかなという気もする。生みの親なんだから、好きに作ればいいしな。

オレの中で、ガンダムはこれで終わったということにしてあって、最近テレビで視聴したどつきあいガンダムは、なかったことになってる。あれが嫌いってわけじゃないのだが、見てくれだけガンダムでも、オレの知ってるガンダムじゃなかったのでね。SFっぽくないし。

あれも好きな人は勝手に観ればいいのだが、オレはもうガンダムはいいかなって。Gレコが最後で良いよなって気分になった。宇宙世紀ものも、時系列と作中のメカの進歩が合わなくなってるようだし。ユニコーンとか、オーパーツかよって感想だったし。

Gレコは、メガファウナがトワサンガを目指して旅立つくらいになると、俄然オレの好きな世界観になってきて、子供のように楽しめる作品なのだ。

セル版は、せわしなく戦う理由が分かりやすく修正されている。クンタラへの侮蔑が強調されるだけで、マスクが戦う意味が際立つしね。クンパ大佐絡みも、わかりやすくなってる。

オレは放送版も好きだけどね。

夏アニメが始まるまで時間があるし、春アニメはあと「甲鉄城のカバネリ」最終回だけなので、Gレコのせわしない雰囲気を1週間ほど満喫したい。

最後までは観ないかもしれないが、まぁいつでも観たいときに観たいものを観ればいいんだよ。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ふらいんぐうぃっち -flying witch-」第12話・最終回 感想(終わってしまった) [アニメ/特撮]

ARIA」や「のんのんびより」が大好きなオレにはたまらない作品だった。

終わってしまって悲しいよ。

1522445l.jpg


今期は青森を舞台にした作品がふたつあって、最初は一方の「くまみこ」に期待していたんだけど、第1話を観た時点で差別的、イジメ臭いと判断して切ったんだよね。そういうのを田舎アニメに求めていないのでね。

「ふらいんぐうぃっち -flying witch-」は制作がJ.Cなので、エロ強調路線ならすぐに切るつもりでいたのに、意外にものんびりまったりした作品で助かった。きっと原作がよくて、変に改変しなかったのが成功に繋がったんでしょうね。成功というのは作品として面白いということで、売り上げのことは知りません。

アニメの売り上げなんて、もはや萌豚がどの作品を気に入ったかという指標でしかないので、そんなものに何の意味もなくなってしまいましたな。オレは5.1chで観たいのでまだ買ってますが、普通の人はあんな豚どもと一緒にされたくない人が大半でしょうしね。

一時日常アニメという言い方がありましたが、よく考えればストレスMAXな日常も日常なので、こういうのはストレスフリーアニメとでも呼べばいいんでしょうか? オレの中では一番は「ARIA」シリーズで、2番は「のんのんびより」、「ふらいんぐうぃっち -flying witch-」は3番目くらいかな。

どの作品も個性的で楽しいですが、この作品の良さは日常生活の向こう側に魔女にしか見えない世界があって、ときどきそれを垣間見ることが出来る不思議さでしょうね。

食事シーンが特別なものとして描いていないことも印象的でした。朝起きてご飯食べて、ちょっと用事を済ませてご飯食べて、一仕事したらご飯食べて。本当に日常の中の食事が描いてありました。山菜のてんぷらは美味しそうでしたね。

特に第11話の空飛ぶクジラは印象的でした。

2期があったら必ず観たい作品です。

スタッフの皆様、ご苦労様でした。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「ふらいんぐうぃっち -flying witch-」第11話 感想(これは素晴らしい) [アニメ/特撮]

魔女の背後に、人間には見えない世界が広がっていて、それを真琴たちを通して見ることが出来るという設定が、一番生きていた回かもしれない。

1522445l.jpg


前半の空飛ぶクジラのくだりは、突っ込んで描いていないのに印象的で、興味深く楽しんだ。魔女に見えている世界を中心にせず、あくまでちょっと触れてみるだけというスタイルが雰囲気を作ってるよ。

普段は見えない世界を、落ち着いた感じで垣間見るだけで、その向こう側の世界に大きな広がりを感じる作りになってる。もっと深く描写してもいいのかもしれないけど、触れるだけというのが作品を味わい深くしてるんだろうね。

お腹が空いてクジラを降りてしまうところなんかが、この作品らしい。

第11話はなかなかの傑作だった。

万策尽きた原因はクジラのCGだったのかな?

前半だけで使うにはもったいないくらいよく出来ていた。空飛ぶクジラの背中が、古代の住居跡という設定はすごく良いね。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ