So-net無料ブログ作成

「ウルトラQ」(1966年作品)第5話 感想 [アニメ/特撮]

第5話「ペギラが来た!」脚本:山田正弘

002.jpg


<あらすじ>

星川航空の万城目淳は昭和基地で行方不明になった野村隊員の失踪事件を調査するために南極へやってきていた。彼を待ち構えていたのは-100度Cの寒波と風速300mの猛烈なブリザードだった。横殴りの風は雪上車さえも上空に巻き上げてしまった。

例年より早く冬が来た南極では物資運搬船が思うように荷物を運べず、越冬が無理な状況になっていた。万城目は越冬隊の隊長から野村のノートを預かった。そこにはペギラの文字があった。彼が行方不明になった日も強烈な寒波が基地を襲っていた。そのときに彼は生物学者として見過ごせない何かを観た可能性があった。

万城目と同じく野村のことを気に掛ける久原羊子が、ひとり基地を抜け出していった。隊員たちが後を追うと、3年前に野村と一緒に行方不明になっていた犬のサブローと、その横で倒れている久原の姿を発見した。彼女の傍らには、氷の底で冷たくなっている野村隊員の姿があった。

野村の死体を持ち帰ろうと氷を砕いていた隊員たちの元に、巨大な生物が姿を現した。それこそが野村が書きこのしていたペギラであった。だがペギラはサブローの泣き声にひるんで近づこうとしなかった。

サブローが3年も生き抜いた理由とペギラが怖れる理由を探っていた久原が、サブローの口の周りにコケがついているのを見つけた。これこそがペギラが嫌う物質であった。彼女はコケからペギミHという物質を取り出していた。

再びペギラの襲撃を受けた昭和基地は、気象観測用のロケットにペギミHを詰め込んで撃ち込んだ。ペギラはのたうち回って逃げていった。

<感想>

SF設定などにかなり無理があるものの、人気怪獣ペギラ登場回として有名。

ペギラの冷凍光線の中心温度は-200度C。そして反重力作用を持つという特徴がある。その反重力作用によって雪上車などが浮き上がっていたという説明になっているが、昭和基地内部の雪上車が浮き上がっていた説明にはなっていない。

「マンモスフラワー」に怪獣が登場しなかったモヤモヤを吹き飛ばしてくれたことがペギラが人気怪獣になった理由である。ちびっこたちは1週間堪えてペギラと出会ったのだ。

ちなみに南極にも苔類は生えています。ウィルスは死滅するようですが、南極の環境に適応した苔がいるらしい。苔なら火星の環境にも適応しそうです。逞しい。

南極探検隊が越冬に失敗して南極基地に残してきたタロとジロは、ペンギンを食べたとかアザラシを食べたとか、それらの糞を食べたとかロシア人が世話していたとか多くの説がありますが、オレは南極観測継続のために似た犬を連れて行って放しただけだと思っております。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。