So-net無料ブログ作成

「STEINS;GATE ZERO(シュタインズ・ゲート ゼロ)」第10話 感想(モロにアマデウス) [アニメ/特撮]

比屋定真帆はサリエリなのか。犯人はコイツじゃないか。

013.jpg


「アマデウス」は懐かしいね。あれは傑作映画でした。サリエリは嫉妬に狂ってモーツァルトを滅ぼしたが、彼の最大の理解者でもあったという話だったね。劇中では生活力のないモーツァルトを何度も援助して助けている。生前はサリエリの方が有名だった。

牧瀬紅莉栖の家が火事になったのは何かの証拠隠滅なんでしょ。ノートパソコン目当てなら火は点けないと思うけど。

ある信頼できる場所に解析に出した。そこから情報が洩れてタイムマシンが開発されていくとなると、次は(仮)の出番? たしか牧瀬紅莉栖の研究だけではタイムマシンには辿り着かなかったはず。どこ時点で死んで世界線が変わったのか忘れてしまっているのでいろいろ曖昧ですが。

女性キャラがはしゃぐところに興味ないので早く話を進めてくれないものかとつい思ってしまうね。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。