So-net無料ブログ作成

「花宵道中」(2014年作品)感想 [映画]

豊島圭介監督による花魁時代劇。主演:安達祐実。

これは悪い邦画。原作がどんなものか知らないけど、映画は安達祐実が主演したことでロリコン映画になってる。可愛いけど艶っぽくないだろ? オレはロリコンはなあ・・・。

安達祐実さんは綺麗な人だが、ロリ系なのでちょっとミスキャストかなぁ。花魁の年齢から考えると安達祐実さんはむしろ年増になるのだが、あの顔は子供にしか見えないし声がまるで子供。子供っぽい恋をする役ではあるけど、花魁っぽくはない。それにロリコン顔でSEXシーンとかあるから犯罪映画にしか見えない。他のキャストも全然合ってない。

全体にすごくおかしなところがたくさんあり、まず言葉使いがヘン。完全に現代の言葉で現代の思考法。大した内容じゃないのにやたらと科白が間延びしていて「いつ喋り出すんだ?」状態だし、睡魔をこらえるのが大変だった。

とりあえず売りは安達祐実のヌードなのだろうが、そんな70年代の日本映画じゃあるまいし、2014年にまだ「あの女優が脱いだ」系の作品が生き残っていたとは想像だにいたしませんでしたよ。

すっごくつまんないです。裸が見たい人だけどうぞ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。