So-net無料ブログ作成

「銀河英雄伝説 Die Neue These」第10話 感想(幕間狂言) [アニメ/特撮]

フォーク准将の作戦は、イゼルローン要塞に前線基地を設け、そこから帝国領内に深く侵攻することで帝国軍に心理的ダメージを与えるというもの。

001.jpg


「帝国領内のどこそこまで進むことが出来た」との実績を作ることが目的であり、目に見える実績は政治家にとって宣伝に利用しやすいという側面があって採用されたものだった。イゼルローン回廊の出口までは労せず行けるわけだから、そのあとはどこまで行こうがそれは艦隊の責任であり、浅かろうが深かろうが意味は同じである。

受けて立つラインハルトは、自由惑星同盟の政治的な思惑に気づいており、目的なき大規模侵攻であるが故の補給の弱さを突くオーベルシュタインの作戦を採用した。

話はここまでだが少し先まで説明すると、帝国軍は自由惑星同盟にわざと帝国領内の惑星のいくつかを占領させるのだ。

ウルリッヒ・ケスラー准将を作戦の責任者に指名し、ラインハルトは辺境の衛星から物資ごと兵力を引き揚げさせた。守備艦隊がいないので、自由惑星同盟軍は敵の抵抗を全く受けずに銀河帝国の衛星を次々に占領していく。同盟側は専制政治から帝国国民を開放するという建前があるので、物資が枯渇して困っていると占領地の住民に訴えられると食料などを分け与えるしかない。

ただでさえ大規模軍事行動で補給線が伸び切っているのに、惑星の住民の食い扶持まで供出せねばならなくなって、同盟軍は一気に物資不足に陥ってしまった。要するにラインハルトは惑星の住民を使って敵に兵糧攻めを仕掛けたのだ。

この作戦が功を奏し、いったんは圧政からの解放者として受け入れた同盟艦隊を、辺境惑星の住民は次第に憎んでいく。物資が枯渇した同盟艦隊が、供出した物資を再供出させるころになると逆に侵略者として反乱を起こされる始末であった。

より深く入り込めば成功とみなされると思われた作戦も、銀河帝国領内の惑星の占領までは考慮されておらず、また支配地域の拡大は新たな追加予算を必要とするために同盟政治家にとっても困ったものとなってしまう。こうして次第に同盟艦隊は士気を落としていく。

地味な作戦ではあるが、おそらくラインハルトが行った他のどの軍事行動より冴えわたっている。

同盟政治家はフォーク准将の安易な作戦を安易に受け入れ、艦隊に大打撃をこうむった挙句に売国奴ヨブ・トリューニヒトに臨時という形で政権を奪われてしまう。

で、この新作が好きな方々はどうなんでしょう。かなりわかりにくくなってますが、満足しているんですかね?



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。