So-net無料ブログ作成

「ひそねとまそたん」第2話 感想(EDはフランスギャルっぽい) [アニメ/特撮]

メタクソ会いたい。思わぬところで歳が出たな、岡田麿里。

016.jpg


これはもう久々の雲アニメ。「SHIROBAKO」の渥美裕治みたい。全時間帯の雲だから色がすごい。ドラゴンに乗ってるから形もいっぱい出てくる。渥美裕治がやりたくなりそうな題材だよ。

今回は龍の名前がお豆腐になりかけたものの正式にはまそたんだと分かる話。まそたんという名前は胃の中に球体みたいなのがあってそこに変な文字で書いてあった。

まったくDパイに見向きもしてもらえないOTF飛行要員貝崎名緒が脱柵してしまい、捜索費用のことなど心配していたところ甘粕がDパイに探させようと言い出し、最終的には貝崎も飲み込んでもらえた。

貝崎のことはともかく、甘粕がまそたんの身体の中の文字を読めたところが重要らしく、選ばれし巫女? らしい。長年日本が隠してきたものなので過去にいろいろあったのだろう。伝説もいっぱいありそう。

そしてEDだが、フランスギャルっぽい。フランスギャルって知らない人も多いとは思うが、60年代に流行った歌手のこと。ウチの母親がフレンチポップ大好きな人だったので名前を知っていてベスト盤もあるが、彼女の曲なのかどうか確信がないので後で調べておく。まぁKポップより当時のフレンチポップの方が良い曲が多いよ。

もうこのアニメが今季1番で決まりだわ。企画から他の作品とレベルが違うしヤクルトという1流企業もスポンサーになってるし。

ヤクルトと言えばソフールが別の名前になってる気がしたよ。別にソフールのままで良かったんじゃないの? なんで宣伝を躊躇うの? 誰も怒らないのに。

第2話も強烈に面白かった。絵がきれいすぎてBDが欲しくなるアニメ。

追記:EDはやはりフランス・ギャルの「Le temps de la rentrée」のカヴァーだそうです。我が家にあるベスト盤「Poupe´e de son」には未収録。残念。でもこれは収集しておかないと後悔する。

「Le Coeur Qui Jazze」じゃなかった。



コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

ソルティック

ED曲のチョイスは樋口真嗣監督によるものらしいですね。

https://gunosy.com/articles/Rmhdh
2話以降でバージョンが毎回異なるというのはエヴァのTVシリーズみたいになるのかな。
by ソルティック (2018-04-20 20:22) 

ダグラム

ソルティックさんへ

記事のリンク、ありがとうございました。読ませていただきました。

樋口真嗣監督は同年代で、本当はこの曲やフレンチポップ流行時は知らないはずなんですけど、うちが母親の影響でフランス・ギャルを知っていたように、何かあったんでしょうね。本当は自分らの親の世代の流行歌です。

「新世紀エヴァンゲリオン」リスペクトだろうなとは思っていました。これはヴォーカル全曲入りのCDを買うしかないですねぇ。

by ダグラム (2018-04-20 21:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。