So-net無料ブログ作成

「ダークナイト ライジング」(2012年作品)感想 [映画]

クリストファー・ノーラン監督による「バットマン・ダークナイト・トリロジー」第3作完結編。

「ダークナイト・トリロジー」のシリーズはとにかく脚本が面白かった。もともと「バットマン」はそんなにシリアスな話ではなくて、本来の意味でのコミカルな作品。それをなんとか一般映画の設定まで引き上げようと脚本で頑張った感じでした。

第3作目はキャットウーマンも登場したのですが、キャラとかメカとかそういうものはこのシリーズは良くなかった。キャラやメカといった漫画的な要素の部分はティム・バートンのシリーズが最高でした。やっぱりティム・バートンはアニメ方面の人間なんだなと。それに比べるとバットモービルも何もかもこのシリーズが冴えなかった。

ブルース・ウェインを演じたクリスチャン・ベールもイマイチ。イギリスの俳優ですけど、アメリカで人気があったんですかね? あまりマッチョじゃなかったし、ハンサムでもない。金持ちっぽくもない。ブルース・ウェインの役はマイケル・キートンも散々な言われようでしたが、個人的にはマイケル・キートンの方が好きだったかな。彼もまたさほどハンサムじゃないですけど、声と眼の色が良かった。天然パーマで少し禿げているマイケル・キートンがバットスーツを着ると格好良く見えるってところが好きだったんですけどね。

「バットマン・ダークナイト・トリロジー」はやはり企画と脚本の魅力がすべて。「バットマン」というモチーフを一般向けに引き上げようとしたところに大きな意義があった作品だと思います。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。