So-net無料ブログ作成

「ダークナイト」(2008年作品)感想 [映画]

クリストファー・ノーラン監督による「バットマン」シリーズ第2作。タイトルに「バットマン」が入っていないのは「ダークナイト・トリロジー」であるため。だったら第1作を「ダークナイト ビギニング」にしておけばよかったのに。

今回も監督自ら脚本を書き下ろしており、かなり内容が詰まっている。「バットマン」のくせに長いこと長いこと。初めから子供向けに作る気持ちは一切なかったようだ。

ヒース・レジャーのジョーカーがかなり良い。「ダークナイト・トリロジー」はバットマンっぽいアクションがあまりないのでジョーカーの怖さがどれくらい出るかにかかっていたが、素晴らしい演技だった。顔がヒクヒクするのが本当に怖い。狂ってる感じがする。

恐怖と絶望が人間を悪に叩き落していく過程と、それに屈せず戦い抜こうとする強さをかなり細かく描写してあったと思う。テーマは単純だが密度の高い脚本がやりたいことを際立たせて伝えることに成功している。

この作品は夫婦そろって観ていなかった。

まぁ「バットマン」とかそんなに興味ないからな。アマゾンビデオは興味がない作品でもどんどん観ていけるから、やっぱ時代は配信だよね。放送とかバカじゃないのって感じ。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。